質疑応答
日本の朝鮮統治(1)


投稿1  私は韓国からアメリカに留学している学生です。貴方のホームページを読み、メールしました。
私は貴方が韓国の経済発展に焦点を当てているのにショックを感じました。韓国経済が、日本統治によって発展したのは事実でしょう。しかし何のためだったのですか。日本政府は慈善家だったとでも言うのですか。
私は日本が経済的に韓国を助けたとは思わない。日本は韓国を戦争のために搾取したのである。貴方はナショナリズムをどう考えていますか。
日本が韓国を搾取しないと言うなら、慰安婦をどう思いますか。青年を戦場に徴兵したことをどう思いますか。韓国の青年が日本のために戦おうとでも考えたとでも言われるのですか。馬鹿ではなかろうか。日本が朝鮮を併合し、搾取した数多くの歴史的事実がある。
法的にだろうと、経済的にだろうと、どこの国の国民が他の国に支配されることを望むか。我々は国王を持ち、政府を持っていた。何故それを捨て、日本に権力を与えようと考えるか。
私は日本が如何に残酷だったかを聞きながら育った。私は祖父母からあの時代日本人がどのような生活をしていたか聞いている。
貴方は日本が中国侵略のため、首都を東京からソウルに移そうとしたことを知っているか。日本政府は多分朝鮮を植民地と考えず、国の一部と考えたのであろう。
我々は日本名を持っている。日本政府は我々に朝鮮語や、ハングル文字の使用を禁じた。私の祖父は中村と名乗った。これでも貴方は日本が朝鮮を搾取しなかったと言うのか。
貴方は一面だけを見ている。もっと別の面も見なさい。もっと両親、祖父母、韓国人等色んな人の話を聞きなさい。貴方のような人がいると、和解も出来ず、この悪い記憶を忘れることが出来ない。私など直接歴史的な出来事にはかかわっていないが、我々は依然として嫌日感情を捨てきらない。この言葉を貴方はどう考えるか。
私の友人の貴方の考えと違う。私は日本人の多くは貴方と違うと信じている。貴方はもっと歴史を学ぶべきである。間違った事実を述べたり、貴方の知識で歴史を歪曲しないで欲しい。貴方の意見などいらない。一度韓国へ行ってみなさい。韓国で何が起きているか、植民地時代、我々が如何に独立を望んでいたか分かるだろう。
 
回答1  近代経営学の常識では、企業が最大利益を得る為に最も重要な事は従業員の働く意欲だと言われます。
従って雇用主は、従業員が納得できる給料を払わなければなりません。
別の言い方をするとやせた牛からは十分なミルクがとれません。
当時の朝鮮は大変貧しかった。だから日本はまず彼らの生活の安定を図りました。
併合時の総督府の予算(1911年)は52百万円で、その内12百万円は日本政府の補助金で、10百万円は日本で調達した公債でした。
この補助金は終戦まで続けられました。
個人所得税が朝鮮に導入されたのは、一九三四年であり、この時の税率は内地の半分でした。
その後次第に格差は縮まったが、それでも内地より低率でした。
又酒税でも、清酒・ビールは内地の税率より一割ほど低く、焼酎では約半分、朝鮮人が最も愛用する濁酒では日本のわずか15%の税率でした。
終戦時日本が朝鮮に残した資産は連合軍総司令部の調査によると民間資金を含め、52億5000万ドル(790億円)でした。
国家予算の比率で、今日の価値に換算すると80兆円を超える巨額です。
日本はこの資産に対し、何の補償も受け取っていません。それどころか、日韓基本条約で経済援助まで行っています。
戦後多くの国が独立しました。これらの国はすべて、宗主国が残した資産に対して補償金を支払っています。
これでも貴方は日本は朝鮮に何も寄与しなかったと思われますか。
イギリスの旅行家イザベラバードは、併合前の朝鮮と沿海州を旅行して、次のように書いています。
「朝鮮にいたとき、私は朝鮮人というのは屑のような民族で、その状態は望みなしと考えていた。処が沿海州ではその考えを大いに修正しなければならなかった。自らを裕福な農民層に育て上げ、ロシア人警察官やロシア人入植者や軍人から、勤勉で品行方正だとすばらしい評価を受けている朝鮮人は、しかし彼らはなにも例外的に勤勉なのでも倹約なのでもないのである。彼らは大半が飢饉から逃げ出してきた飢えた人々であった。そういった彼らの裕福さや品行の良さは、朝鮮本国においても真摯な行政と収入の保護さえあれば、私は、朝鮮人は徐々に普通の民族となりうるのではないかという望みを持った。
慰安婦は単なる娼婦です。当時は日本も朝鮮も貧乏でした。多くの女の子は親により娼婦として売られました。
しかし彼女らの年間所得は陸軍中将とほぼ同じでした。
支那事変の始め、金錫源少佐は日本兵を率い大活躍していました。マスコミはその活躍を連日報道しました。
3.1独立運動のリーダーだった李光洙や崔南善らは熱狂的に、打倒米英を叫びました。その熱気に煽られて、志願兵の募集に最初の年が7倍、終わり頃は50倍以上の応募者がありました。後に駐日大使になった崔慶禄は陸軍士官学校に合格しながら、士官学校へ行っていては時期を失すると、所属の連隊と共にニューギニア戦線に出征、重傷を負いました。
改名について、南総督は3回も通達を出し、強制を禁じました。だから洪思翊中将や金大羽慶北道知事等は日本名を持ちません。
当時の総督府の官僚だった八木信夫によると、警察関係は当時の警務局長が反対だったため、改名には消極的だったとの事です。
熱心だったのは地方官僚だったといいます。当時郡守、面長は基本的に朝鮮人でした。従って強制の主体は朝鮮人の地方官僚だったと考えられます。
異民族支配=悪という考えは誤りです。戦後、日本はアメリカの支配を受けましたが、悪いこともあったが良いこともありました。
前述のイザベラ・バードのコメントを見ても、当時の朝鮮での、一般大衆に対する両班の搾取のひどさが窺われます。
スターリン、ヒトラー、毛沢東、金日成等に支配された国民は幸せだったでしょうか。毛沢東に支配された中国国民より、イギリス支配下の香港市民の方がよっぽど幸せだったのではないでしょうか。
私は貴方が正しい歴史をもっと学ぶことを願います。

--------------------------------------------------

投稿2  お返事有り難う。しかし日本が韓国を併合したのは韓国を改善し、発展させるためだったって? では同化のことをどのように説明するのだ?何故3.1独立運動を弾圧したのだ。他の国を助けるのに併合する必要があったのか?
慰安婦のことをどのように説明するのだ。青年の戦場への連行をどのように説明するのだ。日本は朝鮮人を同化しようとしていた。これをどのように説明するのか。このような状況で朝鮮人が幸せになれると思うか。
君はお金で人間が幸福になれると思うか。我々のアイデンティを失って幸福になれると思うのか。貴方は中国や社会主義国と比較するなど悪い例を持ち出している。私は社会主義国にも植民地にもなりたくない。我々は日本からの独立を願ったのである。
貴方は 韓国の反日感をどのように説明するのだ。もし日本政府が朝鮮人を日本人と同じように扱ったなら、韓国人は植民地時代はひどい時代だったと言うかね?貴方は右翼か。
学習院大学の坂本多加雄教授が「第2次大戦中の慰安所はトイレのようなものだったと言ったことをどう思うか。彼は慰安婦の事実を認めている。それは搾取だ。君は搾取の意味を知っているのか。それは単なる気晴らしではない。
これらのことを説明できたら、又メールしなさい。
所で日本の歴史教科書についてどう思いますか。歪曲していると思いませんか。私はあの教科書は認可すべきではないと思う。あの歴史教科書は二国間の相互関係を損ねると考える。又あの教科書には南京事件の記載がない。その事をどう考えるか。
日本は他の国を助けようとしたことがあるか。貴方は侵略主義者の政策をそのように説明している。
日本は殺戮者だ。もう一つの例を出そう。731部隊による人体実験だ。アメリカはこの人体実験のデータを要求したと聞いている。貴方は民族主義的視点から見た経済発展だけでなく、このような視点から見た事実も書くべきである。
貴方の回答を待っている。
 
回答2  開港後、日本の商人は朝鮮に進出しました。6年後朝鮮は清国と条約を結びました。それにより清国の商人も朝鮮に進出しました。 その結果日本と清国の商人との競争が激化しました。
壬午軍乱により袁世凱が朝鮮に駐在することになりました。その結果、清国の発言権が強くなり、日本商人は圧迫されました。
甲午農民戦争が勃発し、朝鮮は清国に救助を要請しました。日本はこれ以上清国の発言力が強くなることを恐れ、日本も出兵しました。
これは天津条約及び済物浦条約によるものです。
それと同時に、日本政府はこのような内乱が起きるのは、朝鮮の政治が紊乱しているからだと考えました。
そこで日本は内政改革の要望書を朝鮮政府に提出しました。日清戦争の始まりです。日本は清国に勝ち、甲午改革、乙未改革が始まりました。
しかし日本の影響が強くなることを嫌った閔妃は、ロシアに接近しました。ロシアは日本が最も警戒していた国です。三浦公使は閔妃を殺害しました。
これは最大の愚策でした。高宗がロシア大使館に逃げ込み、改革を主導していた金弘集総理は殺され、食べられました。これにより改革は中止されました。この甲午改革、乙未改革がそのまま進んでおれば、日本は韓国を併合することはなかったと思います。
高宗がロシア大使館に逃げ込んだことにより、ロシアの発言権が強くなり、日本商人は色々不利益を受けました。
日露戦争が始まり、戦況が有利になると、財政顧問と、外交顧問を雇わせました。それと共に欧米諸国の了解を取り、日本は朝鮮を保護国にしました。これは今までの高宗の度重なる裏切りを防ぐためでした。これと共に伊藤博文が統監として韓国に乗り込みました。
伊藤は韓国に安定した親日的な政権が出来れば十分と考えていました。台湾の経験から考えて、直接統治はお金がかかるからです。
尚フランスも1880年くらいに、直接統治から、間接統治に政策変更をしています。理由は同じく直接統治はお金がかかるからです。
ところが1907年高宗はハーグ密使事件を起こしました。日本も怒りましたが、韓国内閣も怒りました。内閣に無断でこのような行動をとった高宗を退位させてしまいました。この時の民衆の怒りに恐怖を感じた伊藤は、日本の軍隊の到着を待ち、韓国軍を解散させました。
失業した兵士は全国に散り、義兵運動の主力になりました。
伊藤は第3次日韓協約で干渉を強めました。しかし義兵運動はなかなか収まらず、伊藤も併合を決意するに至ったのです。
この経緯を見ますと、次のようなたとえ話になるかと思います。
日本の近くに経営不振で従業員が苦しんでいる会社がありました。心ある社員は日本に経営指導を要請しました。
社長は日本の指導を嫌い、勝手なことをするため、改革は少しも進展しませんでした。その会社を支配下に置くことは日本にとっても色々メリットがありました。遂に日本は朝鮮社を関係会社にしました。日本は社長を送り込み、今までの社長を会長にしました。
しかし会長が勝手なことをするので、会長を引退させました。しかしそれでもなかなか改善が進みません。
次第に干渉を強め、遂に合併に至ったと思います。
慰安婦、兵役については前回述べました。
前回も述べたように異民族に支配されることは必ずしも不幸とは思っていません。外資系の会社に勤めることが不幸とは限らないのと同じです。
又占領下の日本の事も述べました。
ウィルソンは民族自決を主張しました。その結果コソボ等で住民は不幸になっています。一方アメリカでは民族の如何に関わらず、アメリカ人としてアメリカに忠誠を求め、同化を求めています。日本も同じです。人種を問わず日本という国に忠誠を求め、同化を求めました。ただ日本は戦時には一寸焦りすぎたきらいがあります。
お金は人間を幸せにするとは限りません。しかしお金がないことのつらさは、経験のない人には分かりません。
常に飢えと病の不安から逃れられないつらさは現在の豊かな朝鮮人には分からないでしょう。しかしアフリカの難民のテレビを見て、貴方は彼らが幸せだと思われますか。
搾取については前回も述べましたが、搾取されていたのはむしろ日本だったのです。日本より安い税金しか取っていません。
新しい歴史教科書を貴方は読まれましたか。マスコミの誤った報道だけで、勝手なことを言わないでください。

--------------------------------------------------

( 投稿及び回答 )3
 
投稿:  併合は清国、ロシア、日本等の脅迫から始まったかもしれない。それらの国の中では朝鮮は最も弱かった。それで列国は朝鮮を脅し、ナショナリズムの高揚の中で、搾取のために併合しようとした。
そこで朝鮮政府は他国からの侵略に対する保護のため日本を選んだ。時が過ぎると日本はその領土拡張の野望を明らかにし、より積極的に、好戦的になってきた。それが日本が朝鮮を同化し、中国への道を完成しょうとした理由である。そして首都を東京からソウルに移し、侵略をより容易にしようとした理由である。
杉本:  日本は首都を東京から移したことも無いし、誰もそのようなことを望んでいませんでした。
 
投稿:  教科書の修正論者は、慰安婦問題は幼い子供に教えるのは適当ではないとして、教科書から省きました。
杉本:  教科書出版社の中には貴方の言うような事を言っているところもあります。しかし日本人大多数は彼女らは単なる娼婦であり、陸軍中将と同じくらい収入があったことを知っています。そのような高所得者を貴方は性奴隷だと思われますか。私はそうは思わないし、日本人の大多数もそうは思わないでしょう。従って幾つかの出版社はこの記事を省いたのです。
 
投稿:  南京虐殺も根拠のない事件だったって?多分そう言われるでしょう。しかし民衆は知っています。
杉本:  南京事件については文部省の指導によってすべての教科書が記載しています。しかし20万人しか居ない所でどうして30万人も殺せるのでしょう。この事件は非常に疑問の多い事件であり、未だに議論が続いています。
 
投稿:  更にある政治家は前線の慰安婦は日本兵の便所のようなものだと言った。私はこの政治家の名前を知っている。だけど忘れた。この種の問題は韓国人の怒りを呼び起こす。
私は古いドキュメンタリー映画を見たことがある。それは日本からの独立後、民衆が幸福になった姿を描いたものであった。私の祖母は以前、日本の警察が如何に民衆を脅したか話してくれた。貴方も一度その年代の人に話を聞いてみるべきだ。すると朝鮮人が日本人をどのように考えていたか分かるだろう。
杉本:  独立により力を得た人は幸福になり、力を失った人は不幸になる。日本の統治の初期は色々な問題が起きました。そして3.1独立運動が起きました。しかし3.1独立運動の指導者であった李光洙や崔南善は親日運動の指導者になりました。大衆はマスコミの影響を非常に受ける者です。
 
投稿:  貴方は経済発展や、朝鮮保護といった当初の目的を言うべきではない。当初の目的がどうであれ、それは日本のために変わったのだ。勿論日本の植民地時代に経済発展をしたことは認める。しかしそれは朝鮮人の為ではなかった。経済力の大半は日本本国から来た人に与えられた。朝鮮人で力を得た人は愛国者ではなかった。朝鮮人であっても彼らの利益のために朝鮮人を搾取したのである。
杉本:  朝鮮の発展は、前に書いたとおり、日本人のためであり、同時に朝鮮人の為でもあった。
 
投稿:  韓国政府は今日教科書の改訂について、日本の植民地支配の残虐さを告発するよう公式に要求を提出すると、昨日発表した。韓昇洙外相は寺田大使を呼び、今朝要求を伝える予定である。韓外相はその時、韓国の立場から、教科書の疑問点を書いた文書を渡す予定である。
韓国の学者は8つの教科書の間違った箇所や、歪曲された箇所、約30乃至40カ所まとめた文書を作成した。各項目は韓国側の視点で書かれ、「世界的に認知された歴史であり、日韓双方の学者の研究に基づくものだ」と政府は言っている。
杉本:  それは国際的に認知されたものではなく、単に韓国の立場で書かれたものに過ぎない。
 
投稿:  問題は慰安婦や強制連行の記事が教科書から省かれたり、矮小化されたことである。他の問題は古代の朝鮮半島にあったとされる日本の植民地の問題である。
杉本:  私は韓国の学者が教科書を精査したところ、訂正要求すべき事項が余りにも少ないため、古代の問題を持ち出したのではないかと考えている。
 
投稿:  今ひとつの問題点は、東アジアの安定と、西欧諸国の支配をはねのける為に、1910年に日本が朝鮮を占領したという記述である。東京とソウルで、両国の政治家が二日前から教科書問題について話し合っている。民主党党首の鳩山由紀夫は昨日金大中大統領及び韓国の政党のリーダーと会っている。又彼は水曜日には韓外相とも会っている。鳩山は教科書に批判的な政治家の一人である。彼はこの教科書は間違いが多いので、学校で使うべきでないと言っている。日本の政治家は彼同様、素早く、友好的な声明を出すべきである。そうしないと両国間の有効にひびが入るだろう。
杉本:  鳩山が帰国したとき、彼の所属する民主党の教科書調査委員会は、鳩山の声明は党の見解と異なると非難しました。
 
投稿:  金大統領はこの問題を前向きに解決するよう、日本政府に協力を要求しました。
杉本:  賛成です。そして両国の国民がマルクス主義に汚染されていない正しい歴史を学ぶ事を願います。
 
投稿:  鳩山は又韓国議会の李広報官に日本の教科書検定システムに反対であり、日本は在日韓国人の地方参政権を認めるべきだと言いました。
東京では韓国の金Han-gill 文化相が日本の遠山文相に会い、教科書の修正を要求しました。彼は問題の教科書の認可は1998年の有効宣言の精神に反すると主張しています。この宣言には両国首脳が調印したもので、日本の植民地支配によって韓国国民が受けた苦痛に、日本政府は遺憾の意を表しました。
日本政府は政府の立場について、この教科書は厳重で公正な審査によって認可されたものであり、これ以上の修正はないと言っています。
この日、崔相龍駐日大使は田中真紀子外相と会い、この教科書に対する韓国の立場を説明しました。田中外相は「日本はこの問題を解決するに当たり、1998の共同の宣言を尊重する」と言ったと伝えられている。

--------------------------------------------------

投稿4  私は、あなたの回答を評価します。そしてあなたの時間をとらせたことに対して礼を言う。
私は依然あなたと異なる見解をとる、しかし、それには私が反日的である事をを意味しない。私は、あなたとの討議に感謝するとともに、私がこの問題がすぐ解決することを願う。そして、2つの国の将来的な関係が傷つかないことを願う。又疑問が生じたとき、あなたに電子メールを送りたいが、差し支えないか。
私は、私の日本の友人とこの問題を議論したい。彼らは、あなたとちょっと異なる意見を持っている。私は、あなたに私の友人がこの問題についてどのように考えているか知らせる。
私は依然併合はすべきでは無かったと考えている。併合は韓国に何らの利益をもたらさなかった。いずれにせよ苦い歴史であった。我々はこの併合中に我々の歴史の事実も本も失った。又国家の宝物は、日本へ持ち去られるか、売られた。
私は両方の立場について、より多くの調査と討論を必要とする。そして、又いつの日かあなたを議論しよう。あなたに感謝する。
 
回答4  私を評価していただき有り難う。私も又いつの日かあなたと又議論したい。
マルクスは、資本家は労働者の敵であると言った。しかし今は、資本家と労働者はビジネス戦争に勝つ為の戦友である。ビジネス戦争に勝つ為には他の会社と合併する。この場合、幸福になるひともおれば、不幸になる人もいる。これは、韓国と日本の関係と同じである。