日韓関係の近現代史
前書き


 1993年(平成5年)細川首相が訪韓し、日本統治について全面的に謝罪した。私はこれに非常な疑問を感じた。疑問点は次の二点である。

1.同じ日本の統治下にあった台湾の人には、日本の統治を礼賛する人がかなりいる。台湾統治と朝鮮統治はどこが違ったのだろうか。
2.今日植民地であった世界各国が未だに発展途上国としてあえいでいるのに対し、日本が統治した台湾・朝鮮だけが先進国の仲間入りしている。それなのに、何故詫びなければならないのだろうか。

 この疑問を自分なりに調べてみようと思い、國學院大學の門を叩いた。幸い入学が許され、94年還暦の大学院生となり、97年修士論文「 データから見た日本統治下の台湾・朝鮮プラスフィリピン 」を出版した。更に今日まで、聴講生として勉強を続けている。( 2002年3月退学 )

 2000年(平成12年)金大中大統領が、北朝鮮を訪問し、北朝鮮との和解を求めた。それと共に日本でも北朝鮮との国交回復が話題に上るようになった。所が北朝鮮は日本にたいし、謝罪と補償を強く求めている。しかし私はこの8年の勉強の結果、益々日本は韓国・北朝鮮に謝る必要がないとの気持ちが強くなった。

 そこで私の大学院生活の決算として、この本を出版することを決意した。そこで自由主義史観研究会で日韓問題について研究会を開いた時の仲間である、川上氏、荻原氏に協力を依頼したところ、快く引き受けていただいた。川上氏は朝鮮で生まれ育たれた事から、1935年(昭和10年)から、終戦までの事について色々ご教示を頂いた。又荻原氏には併合前の朝鮮、三・一独立運動について色々ご教示して頂き、且つ資料を提供して頂いた。深く御礼申し上げる。

 日本にも韓国にも、日本人は韓国・朝鮮の植民地支配についてまず謝るべきだと主張する人が多い。しかし私は、何故謝る必要があるのか分からない。彼らは「 日本の植民地支配により塗炭の苦しみにあえいだ 」という。塗炭の苦しみとは具体的に何を指すのであろうか。私は西欧の植民地からくる連想で、「 日本も西欧諸国同様、現地人に圧政をしたに違いない 」との錯覚をしているように思われる。

 次に「 日本は良いこともした 」と言えば、大臣の首が飛ぶ。本当に日本は良いことをしなかったのであろうか。そんなことはない。今日の韓国の発展は日本の統治の成果である。しかし韓国の発展に日本が寄与したことを認める人も、「 我々が頼んだわけではない 」と言う。そこで他国の植民地支配がどのようなものであったかを合わせ考え、日本の植民地政策が極めて優れたものであった事を立証する。