03 豊臣秀吉の朝鮮出兵、その時朝鮮は?


 豊臣秀吉の朝鮮出兵に関し、韓国の教科書は大体次のようなことを教えている。
「秀吉の侵略に対して、朝鮮では軍隊だけでなく全国各地の農民や僧侶達までも立ち上がり、国民一丸となって日本軍を撃破した。」
 この記述は正しいのだろうか?

 実は、朝鮮側の資料でもある 「宣祖実録」 には次のように書かれている。
 「人心怨叛し、倭と同心」 「斬る所の首級半ば皆朝鮮の民」
 朝鮮の民衆は既に王や大臣を見限り、日本軍に加担する者が続出した。
 また、明の朝鮮支援軍が駆けつけてみると、辺りに散らばる首の殆どが朝鮮の民であった。
 と書かれているのだ。
 実際、王が首都漢陽から逃げ延びるとき二人の王子は民衆によって捕らえられて日本軍に引き渡されている。
 漢陽死守を願う民衆を見捨てて、王や大臣たちがとっと逃げだしたのだから、朝鮮民衆も彼らのために命を投げ出して日本軍と戦う気が起きるわけがない。

 また、景福宮などの焼失は、大部分の韓国の観光案内板によれば、秀吉の朝鮮出兵によるものと書かれているが、それは虚偽である。
 李恒福の 「白沙集」 によれば、秀吉軍の入城前にはすでに灰燼となっていた。
 それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を襲い略奪したからだ。
 ことに奴婢は、秀吉軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った。 とある。

 以上の出典は全て韓国側の資料である。

 自分たちに都合の悪い資料であるからと恐らく韓国では無視されているとは思うが、これが歴史の真実だ。
 どんなに偽りの歴史を喧伝しても、いつかはそれが暴かれる日が来ることを韓国人は知らなければならない。