支那が親で北朝鮮が兄。 韓国が弟と言う図式が当てはまる特亜3国ですが、この国を日本人どころか、他の人種の方々も理解できないでしょうね。
 反日なら何でも許される、日本人にとって恐るべき国家群です。



 2012年10月に韓国の窃盗団が長崎県対馬市の神社や寺から仏像2体を盗み韓国に運び込んでいた事件で、韓国中部・忠清南道瑞山に建つ浮石寺の信徒会は30日、被害に遭った仏像のうち対馬市・観音寺の長崎県指定の有形文化財 「 観世音菩薩坐像 」 はもともと浮石寺にあったものだと主張し、寺に返すよう求めた。 複数の韓国メディアが報じた。

 信徒会は資料を通じ、 「 日本の観音寺が所蔵していた 『 観世音菩薩坐像 』 は腹蔵品の記録を通じて1330年に浮石寺で作られたことが明らかになっている 」 とし、 「 不当に強奪された遺物であり、( 日本は )返さなければならない 」 と主張した。

 信徒会は、 「 観世音菩薩坐像 」 がなくなった後に再び作られたという浮石寺の仏像の写真も公開した。 関係者は、浮石寺の仏像は蓮花座に座っているが、2体は手の形や帯びの結び目など酷似していると説明。 しかし、浮石寺の仏像も盗難に遭い、現在は写真しか残っていないと話した。

 関係者は、 「 われわれが盗難や奪われたことを証明するのではなく、日本が正当に入手したことを証明しなければならない 」 と指摘した。 今後は韓国文化財庁などに対し、正式に 「 観世音菩薩坐像 」 の返還を求めていく方針という。
 日本から盗まれたものはもともと我々の物だと言い、日本の物なら日本が証明せよと日本人なら理解不能なことを言ってきます。
 恥も何もない民族、人種ですよね。
 その親ともいえる支那も日本人には理解不能との事と喚いています。




( 2013.02.09 )

 

 新羅や高麗時代に作られた日本の重要文化財の仏像などを長崎県対馬市の寺社から盗んだ韓国人窃盗団が1月末に韓国当局に摘発された。 ただ、一件落着とはいかなかった。 韓国税関が 「 模造品 」 と思い込み、犯人が大手を振って韓国に持ち込んでいた “不手際” が発覚。 「 仏像はもともと倭寇が奪ったもので、返す必要はない 」 との声まで持ち上がった。 図らずも韓国お家芸の 「 反日 」 騒動に巻き込まれた仏像の行く末はいかに ……。


 

 盗難に遭ったのは、いずれも対馬市にある海神神社の国指定の重要文化財 「 銅造如来立像 」 と、観音寺の長崎県指定の有形文化財 「 観世音菩薩坐像 」、多久頭魂神社の仏教経典 「 大蔵経 」 の3点。

 大蔵経については、窃盗団の一人が 「 犯行直後に山に捨てた 」 と供述しているが、仏像2体については1月22日に韓国南部、慶尚南道・馬山マサンの古い冷凍倉庫に隠されているのが見つかった。

 聯合ニュースや中央日報など韓国メディアによると、発覚の経緯はこうだ。

 銅造如来立像などは昨年10月6日夜に境内からこつ然と消えた。 日本の警察が昨年12月、盗難後に韓国に渡った可能性もあるとみて被害品の写真を付けて捜査協力を韓国に依頼。 釜山税関に仏像の写真や通関記録が残っていたため、あっさり運び役の男( 61 )の足が着いた。

 男は仏像を旅行バッグに詰め、博多-釜山間のフェリーに乗り込み、堂々と通関したのだ。 ところが金属製なため、エックス線検査で引っかかり、検査はその道30年のベテラン文化財鑑定員らに委ねられることになった。

 「 日本の骨董品店で買った模造品だ 」 と男は言い張った。 鑑定員らは30分かけて肉眼でチェックした結果、 「 人為的に作ったような青サビがあり、仏像を立てる台座や固定するピンが新しい 」 として男の言うまま、 「 制作から100年もたっていない偽物だ 」 と判断する失態を演じた。

 銅造如来立像は高さ38.2センチで、8世紀の統一新羅時代に作製されたと推定される。 もう一方の観世音菩薩坐像は高さ50センチで、高麗時代の1330年に韓国中部、瑞山ソサン浮石寺プクソクサで作られたと仏像内部の発願文に記されている。

 韓国メディアは、いずれも韓国では 「 国宝 」 に指定されるほどの第一級品で、合わせて時価数百億ウォン( 数十億円 )に相当すると色めきだった。


 

 韓国警察は、文化財保護法違反などの容疑で、同種の文化財窃盗で前科が13犯あったリーダー格の男( 69 )の身柄を拘束するとともに4人を書類送検し、逃走中の4人の行方を追っている。

 立件された男らの供述からは寺社側の管理の甘さも浮かび上がった。

 朝鮮日報によると、観世音菩薩坐像が安置された観音寺や大蔵経が収められた多久頭魂神社には居住者はおらず、無人の寺社が狙われた可能性が高い。

 観音寺は施錠されていたが、本堂近くに隠していた鍵が犯行に使われた。 銅造如来立像があった海神神社を含め、3寺社ともに防犯センサーを設置していたが、いずれも故障していたともいう。

 いずれにせよ、仏像が無事見つかり、窃盗団が摘発されたことで事件は幕切れ ── とはならなかった。

 通常、文化財不法輸出入禁止条約などに基づき、不法に国外に流出した文化財が見つかれば、速やかに返還される。

 しかし、韓国の専門家や仏教界から 「 日本に略奪された疑いが強く、日本に流出した経緯が明らかになるまで返すべきでない 」 との声が巻き起こったのだ。

 仏教美術史の専門家の一人は韓国メディアに 「 倭寇によって略奪されたことはほぼ確実だ。 何度も日本で観世音菩薩坐像を調査し、論文で略奪された文化財だと提示してきた 」 と主張した。

 この仏像が制作された14世紀は、日本発祥の海賊集団の倭寇が朝鮮半島や中国沿岸に活発に進出していた時代で、瑞山は倭寇の活動が盛んだった地域というのがこれら主張の論拠となっている。

 観世音菩薩坐像が作成されたとされる浮石寺の信徒会は 「 不当に強奪された 」 と日本への返還反対を表明。 一方で、強奪の根拠を示さず 「 日本が正当に取得したことを証明しなければならない 」 と “逆ギレ” ともいえる強弁を持ち出している。

 文化財を管轄する韓国文化財庁は 「 目立った強奪の痕跡がなく、布教活動を通じて日本に渡ったとみられる 」 とし、 「 略奪の根拠がない限り、法令に従って日本に返さなければならない 」 との理性的な立場を示している。

 同庁が把握している海外にある韓国文化財約15万件に2体は含まれておらず、歴史をさかのぼって略奪を証明するのは事実上不可能だ。

 ただ、 「 反日 」 世論の前に理性や法令が覆されることは韓国で度々見られてきた。 生みの親より育ての親ともいうが、2体の仏像が長年、安置された対馬の地に無事に戻ることはできるのだろうか。





( 2013.03.04 )
/

 国と国との約束事に 「 条約 」 と言うものがあります。 条約は国際法に基づいた成文法で国と国もしくは国際機関との間で結ばれます。
 この法律が劣後するのは、その国の憲法のみです。

 日本は韓国との間にいくつかの条約を結んでいます。 しかし韓国政府、マスコミは条約の位置付けを理解していない、もしくは例の 「 反日無罪 」 で破ってもかまわないと考えているフシが多々見られます。

.

 昨年10月に対馬の寺から盗み出された 「 仏像等 」 が韓国に渡った事件で、韓国の裁判所が返還の差し止め命令を出しました。韓国の寺の 「 14世紀に盗まれたものだ 」 と言う主張に耳を貸した結果です。
 日本も韓国もユネスコが作った 「 文化財不法輸出入等禁止条約 」 を批准しています。 この中で、不法に持ち込まれたものを批准国として受け入れてはならないと規定されています。
 当然韓国は盗難の記録を提出するべきですが、そもそもその仏像の記録自体がないので、日本が正式に入手した証拠を出べきだと言う論法に切り替えています。
ハンギョレ新聞はさすがにこの事態に弱いながらも疑問を投げかけています。 また、韓国側の言い分に無理があるとする学者グループも出てきています。 今後、韓国の学者が行う日本にある韓国由来の文化財や資料の調査が制限を受けるのではと心配している人もいます。 ← 日本に逆らうと 「 気分がいい 」 と言うのも結構ですが関係のない研究者に被害が及ぶのは残念ですね。

.

 昨年、靖国神社に放火した中国人が駐韓日本大使館に火炎瓶を投げ込み韓国の警察が逮捕しました。 犯罪人引渡し条約を日本と韓国は結んでいます。 当然日本は 引渡しを要求しました。 ところが中国政府も身柄を要求し、結局韓国政府は犯人を中国に渡しました。 条例に例外とされる 「 政治犯 」 であると言う理由です。 この犯人は、小さく見れば 「 放火魔 」 大きく見ても 「 テロリスト 」 であり、日本に送ったことによって政治的な行動を抑制されるとは考えられず。 「 中国怖い 」 「 反日無罪 」 の政治判断としか思えません。
これには 「 中央日報 」 ( 韓国の新聞 )コラムで疑問を呈しています。国際的信頼を失わないか?と疑問を投げかけています。

.

 日韓の関係を基本的に司るこの条約にしても、ご存知のとおり、ないがしろにされ 「 無効だ! 」 「 見直すべきだ! 」 と大統領が平気で言いだします。

.貿

 前大統領が強引に結びましたが、反対の野党は 「 政権交代したらすぐ破棄だ 」 と息巻きました。 さすがにマスコミが 「 協定( 条約 )を破棄すると言う事は国交断絶や宣戦布告に順ずる行為。 無責任な発言は慎むべき 」 と諌める場面までありました。


 つまり彼らは 「条約」 を守るべき約束と考え、もしくは理解していません。( 良くわかってない? )
 しかし、ここでよく考えて見ましょう。 条約( 法律と読み変えても良いが )とは何の為にあるのでしょうか?
 法律が機能しなければ、文字通りの無法状態です。 となれば弱肉強食の世界です。 それでは安心して生活が送れない。
 そこで作られたのが法律( ルール )ですね。 このような事が続けば、当然誰もその国と条約を結ぼうとはしなくなります。 ロシアがこの世界では、まったく信用がなくアメリカ( ← 守らないと怖い )以外の国はまず条約に期待をしません。
 韓国の前大統領は 「韓国は世界の中心国家になった」 と宣言していましたが、でああればそれなりの振る舞いが必要ではないでしょうか。