( 2012.10.21 )

 

 ソウルの日本大使館に今年1月、火炎瓶を投げ込み韓国で実刑判決を受け服役中の中国籍の劉強受刑者の身柄をめぐり、韓国が日中の間で厳しい状況に立たされている。 劉容疑者は、昨年末の東京・靖国神社への放火容疑が持たれていることから日本側は身柄引き渡しを求めているが、中国政府は中国への強制送還を強く要求。 韓国でも朝鮮半島の日本統治時代の元 「 慰安婦 」 を支援する反日団体などが出てきて、日本への引き渡しをしないよう韓国政府に圧力をかけているという。

 劉受刑者の身柄をめぐっては韓国外交通商省の趙泰永報道官が16日、 「 国内法と国際法、人道的な見地を総合的に考慮して結論を出す 」 とし、対応を決めていないことを明らかにした。

 だが、日韓間には犯罪人引き渡し条約がある。 「 本来は、条約に定められた引き渡し拒否の理由にあたらない限り、粛々と引き渡しが行われるべきだ 」 と日本警察関係者は指摘する。

 条約に従えば、手続きは韓国での刑期終了後、身柄引き渡しに問題ないかどうかソウル高裁が審査する。 「 一般刑事犯罪である放火犯の引き渡しは通常ならばまったく問題なく、迅速に決まるケース 」 ( 韓国警察関係者 )という。

 条約では、引き渡しを拒むことができる場合について、容疑者の引き渡しが請求されている犯罪が政治犯罪であると被請求国( 韓国 )が認定した場合などがある。 しかし、今回の事件の容疑は建造物等以外放火だ。

 韓国紙の中央日報は15日、この問題を1面と8面で大々的に報道。 そこには、この問題に対する韓国側の認識が如実に反映されている。

 報道では劉受刑者は11月8日に刑務所を出所する予定。 出所後は、 「 昨年末、東京の靖国神社への放火容疑で日韓犯罪人引き渡し条約に基づき( 逮捕状を取っている )警視庁に引き渡される見込みだ 」 としている。

 しかし、中国政府が外交ルートで 「 日本に引き渡さず中国に追放してほしい 」 と韓国政府に強く要請していることから、 「 問題が複雑になっている 」 とも報じている。 韓国政府が劉受刑者を 「 法に基づいて処理するには考慮すべき変数があまりにも多い 」 としている。

 中央日報が指す “変数” とは何か。 それは劉受刑者の犯行動機だ。

 劉受刑者は、韓国警察での取り調べや公判で、火炎瓶事件の動機を 「 日本政府が過去の歴史を認めず責任もとらないことに怒りを感じた 」 と述べている。 また、朝鮮半島の日本統治時代に祖母が日本軍によって中国南部に連れて行かれ、慰安婦をさせられたとも主張している。

 劉受刑者が主張する境遇は、警察の捜査段階から垂れ流されてきたが、実は警察も裁判所も真実かどうか検証していない。 にもかかわらず、韓国メディアが、逮捕直後から本人のインタビューを放送するなどして完全な事実であるがごとく伝えられてきた。

 その結果、韓国では反日団体を中心に 「 日本帝国主義時代の犠牲者の敵をとった 」 とする認識が生まれ、元 「 慰安婦 」 を支援する反日団体 「 韓国挺身隊問題対策協議会( 挺対協 ) 」 も劉受刑者を日本へ引き渡さないよう韓国政府に影響力を及ぼそうとしている。

 もう1つの “変数” は中国だ。

 中国外務省の洪磊報道官は16日の定例記者会見で、劉受刑者の身柄について 「 韓国が公正で適切に解決することを望む 」 として、中国への強制送還を求めた。

 中国の孟建柱公安相は7月に訪韓した際、韓国の権在珍法相に対し 「 中国国内には反日感情があり、( 身柄を )日本に引き渡せば最終的に( 中韓間の )外交問題となる可能性がある 」 と発言。 韓国側はこれに、 「 懸念を理解する 」 と応じて明確に中国の圧力を拒否しなかった。

 中国は劉受刑者の身柄を対日、対韓の外交的な勝ち負けの問題としてとらえている。 そして、 「 ( 身柄を )勝ち取って、国民に中国の外交力を示すつもりだ 」 ( 中韓外交筋 )とみられる。

 韓国の司法関係者は 「中国政府は出所後の劉受刑者を英雄的に出迎えるため、パスポートの発給準備を進めている」 と明らかにした。 また、韓国メディアによると、韓国

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 韓国が “ハン” を克服できない限り、まともな日韓関係など築けるわけがないのです。
 …… ていうか、彼らは克服しようという気がそもそもないのです。

 




( 2013.01.04 )

 


 去年、ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げつけた罪で、韓国で服役していた中国人の男が、おととし、東京の靖国神社に放火したとして日本政府が身柄の引き渡しを求めていた問題で、韓国の裁判所は3日、この中国人を政治犯と認定して、日本への引き渡しを拒否する決定を出した。

 日本政府は、去年1月にソウルの日本大使館に火炎瓶4本を投げつけた罪で、韓国の刑務所に服役した中国人の劉強容疑者について、おととし12月に、東京の靖国神社で門の一部に放火した疑いがあるとして、韓国政府に対して身柄の引き渡しを要請し、ソウルの高等裁判所で審理が行われていた。

 その結果、裁判所は3日、 「 靖国神社を単なる宗教施設でなく、過去の侵略戦争を正当化する政治秩序の象徴とみなした犯行で、政治的大義を実現するために行われた 」 と指摘して、劉容疑者を政治犯と認定し、日韓の条約による引き渡しの対象から除外されるとして、日本側の要請を拒否する決定を出した。

 劉容疑者の弁護士は、 「 非常に敏感な問題であることを考慮したうえで総合的に判断したもので、われわれの主張が十分受け入れられた 」 と話していた。

 決定を受けて劉容疑者は近く中国に帰国することになり、日本と中国との間には容疑者の引き渡しを定めた条約がないことから、事件の全容解明は事実上難しくなった。






 

 韓国のコミュニティーサイト 「 ガセンイドットコム 」 の掲示板に 「 韓国の裁判所 “靖国放火” 支那人の日本への引き渡しを拒絶 」 とのスレッドが立てられたところ、さまざまな意見が寄せられた。

 ソウル高裁は3日、靖国神社の門に放火したとして日本政府が韓国側に身柄引き渡しを求めていた放火犯の支那籍の劉強( 39 )について、引き渡しを拒否するとの判決を下した。

 スレ主は、この記事を引用するとともに、日本のネット上の反応を紹介した。 「 さすがにテロリスト民族 」、 「 条約を守れ、犯罪人引き渡し条約を締結してるじゃないか 」、 「 支那への配慮というか、まず自国の反日に配慮したのでは 」、 「 やっと韓国を制裁することができる口実ができた! 」 「 このことについてマスコミは沈黙ですか? 」 といったコメントが見られた。
 支那にせよ韓国にせよ凄い国ですよね。
 国際条約やらルールなど一切無視し、自分たちの感情だけで全てを決める。
 法律など関係なく権力や軍事力が全ての国なのがよく分かると思います。
 法治国家ではなく人治国家だと言われる所以だと思います。
 問題なのはこれほどの国際法上のしかも日本にとっての大問題をテレビで報道しない日本のメディアです。
 日本のメディアは朝鮮人に乗っ取られていると言われても仕方がないぐらいです。
 自民党政府はこのことをより多くの国際社会の国々に宣伝していくべきです。
 韓国はこの他にも、戦前の関東大震災時の犠牲になられた人々の遺体写真を朝鮮人虐殺の写真だと捏造までしています。
 支那の南京虐殺や韓国の慰安婦なども全て捏造だとこの行いを見ても分かると思います。
 今支那や韓国が行っていることを日本政府は国際社会に向けて訴えていくべきです。
 これだけネタが揃っているのですからどちらが信憑性があるか分かると言うものです。
 日本はもっと韓国が言う゛ロビー活動゛を政府主導で行っていくべきです。
 そうしなければ支那や韓国の捏造が世界では゛真実゛だと受け止められかねないのです。
 日本人はいつまでも平和ボケをしていては何れ取り返しのつかないことになるでしょう。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 





( 2013.01.09 )

 

 靖国神社の門に放火した中国人の男を、韓国の裁判所が 「 政治犯 」 だと認定して日本への引き渡しを拒否したことをめぐり、韓国の中央日報が、決定に疑問を呈する異例の論説を掲載した。 朝鮮日報が 「 反日無罪 」 ともとれる社説を掲載する中、大手紙の中でも論調が分かれている。

 日中韓の3ヵ国を巻き込んだ外交問題に発展していたのは、中国人の劉強・元受刑者( 38 )の身柄の取り扱いをめぐってだ。 劉元受刑者は2011年12月26日未明、靖国神社境内の 「 神門 」 に放火。 門の扉の一部が、幅数十センチ程度にわたって焦げるなどの被害が出た。


使

  劉元受刑者は同日中に観光ビザで韓国に渡り、翌2012年1月8日にソウルの日本大使館に向かって火炎瓶を投げた容疑で逮捕された。 5月にはソウル中央地裁から懲役10ヵ月の実刑判決を受けたが、11月初旬に刑期が満了。 身柄をどうするかが焦点になっていた。

 劉元受刑者は火炎瓶事件の取り調べ中に靖国神社での犯行についても供述していたため、日本の警視庁は劉元受刑者の逮捕状を取っており、犯罪人引き渡し条約に基づいて引き渡しを求めた。 だが、中国側も 「 人道主義の観点 」 を理由に、日本に引き渡さずに強硬に中国への送還を要求。 日中韓の綱引きが続き、韓国政府は裁判所に判断を求めることになった。

 ソウル高裁で行われた審理では、劉元受刑者側は、犯行動機について、
「祖母が平壌出身の元日本軍慰安婦で、慰安婦問題に対する日本政府の対応に反発したから」
 などと説明。 犯行は 「 政治的な動機 」 によるもので、条約上も引き渡しを拒否できると主張した。 検察側は、引き渡しは単なる放火容疑で裁くことが目的であって 「 政治犯 」 ではないと反論。 裁判所は弁護側の主張を採用し、13年1月4日に、靖国への放火は 「 政治犯罪 」 にあたるとして、劉元受刑者の身柄を日本に引き渡さない決定をした。 同日夜には劉元受刑者は釈放され、1月4日には韓国を出国して中国・上海に向かった。 中国政府は韓国政府の対応を歓迎する一方、日本政府は遺憾の意を伝えた。


調

 韓国メディアは裁判所の決定を支持する論調が支配的で、例えば朝鮮日報は1月5日の 「 日本は靖国放火犯引き渡し拒否の意図を読み取れ 」 と題した社説の中で、
「韓国が日本の裁判所の判断を尊重するように、日本も韓国の判断を尊重すべきなのは言うまでもない」
と、一般論を唱えながらも、
「日本が劉・元受刑者を単なる放火犯と見なし、犯罪人引き渡し条約を盾にしようとすればするほど、軍国主義時代の日本による反文明的な罪状が浮き彫りになるだけだ」
とし、裁判所の「政治犯」認定に同情的だ。

 これと対照的なのが、中央日報( 電子版 )に 「 靖国放火容疑者の釈放、果たして正しかったのか 」 と題して1月7日に掲載された論説記事だ。

 記事はキム・ジン論説委員の署名入りで、被害が比較的小さかった日本大使館の事件でも、韓国の司法当局が劉元受刑者の収監に踏み切ったことを引き合いに、
「韓国の司法権は重要で、日本の司法権は重要でないのか。犯罪人引き渡し条約は、両国がお互いの法益と司法権を尊重するという意味ではないのか」
 と、裁判所の判断の整合性に疑問を呈した。




 日本の歴史認識については
「侵略の過去に対する日本の態度は怒りを買うのに十分だ」
「日本の責任は絶対的」
 と激しく批判しながらも、
「しかし( 日本を糾弾する )方法はあくまでも理性的かつ合理的でなければならない」
「こういう関係では情緒が法に先立てば、問題がさらに歪む」
 と、原理原則に沿った対応を求めた。その上で、
「劉強は義に徹した人物だ。 義のために放火したとすれば、劉強は日本の警察に手錠を掛けられ、法廷で日本に向かって自分の大義を主張するべきではなかっただろうか。 安重根アン・ジュングン義士のように ……」
 と、伊藤博文・初代韓国統監を暗殺したことで知られる安重根を引き合いに、日本の司法当局の判断を仰ぐべきだと主張している。





( 2012.01.04 )
 

 韓国高裁が靖国神社放火容疑者を 「政治犯」 に認定して日本に引き渡さないと決定しました。
 中韓合作で 「日韓犯罪人引渡条約」 を骨抜きにしました。
 今後、中韓犯罪者が韓国へ逃亡すれば 「政治犯だから日本へ引き渡す必要はない」 とされることになります。

靖国放火容疑者の引き渡し拒否、韓国に遺憾の意

 日本政府は3日、ソウル高裁が靖国神社に放火した疑いのある中国人容疑者を日本に引き渡さないと決定したことに対し、ソウルの日本大使館を通じて韓国政府に遺憾の意を伝えた。

 ただ、今回の決定は韓国次期大統領の朴槿恵パククネ氏の就任前であることから、政府内では今後の日韓関係への影響は限定的との見方が支配的だ。 安倍首相は2月の朴氏の大統領就任にあわせて日韓関係の修復に意欲を示しており、政府高官は3日、 「 深刻な事態とは受け止めていない 」 と語った。

 日韓関係は、昨年8月の李明博イミョンバク大統領による竹島上陸で冷え込んだが、同年秋頃から閣僚レベルの交流が復活するなど、改善の兆しが見えていた。

日本政府は3日、ソウル高裁が靖国神社に放火した疑いのある中国人容疑者を日本に引き渡さないと決定したことに対し、ソウルの日本大使館を通じて韓国政府に遺憾の意を伝えた。
 ソウル高裁の決定は不当なものです。 日本政府は3日、在韓国日本大使館を通じて韓国政府に抗議をしました。 そして、靖国神社に放火した疑いのある中共人容疑者の引き渡しを要求しました。
安倍首相は2月の朴氏の大統領就任にあわせて日韓関係の修復に意欲を示しており、政府高官は3日、 「 深刻な事態とは受け止めていない 」 と語った。
 こんな政府高官がいるのか? そんな能天気な政府高官って誰だ!
日本と韓国は、「犯罪人引渡しに関する日本国と大韓民国との間の条約」(日韓犯罪人引渡条約)を締結しています。
ネットでは、 「 韓国は犯罪人引渡条約を守っていない! 」 という批判の声がありますが、これは的確な批判ではありません。
韓国政府が意図的に司法に丸なげし、高裁が政治犯にして政府は同条約は遵守した ということを批判するべきなのです。
日本政府は、 「靖国神社に放火した疑いのある中国人容疑者を引き渡すように 」 と、日韓犯罪人引渡条約を履行するように要請しました。
しかし韓国政府は、 「 行政府の権限外 」 にある司法の判断に委ねることで、条約不履行の問責を免れようとしたのです。

 槿


●靖国神社放火事件の経緯
2011年12月26日午前4時10分ごろ、靖国神社の神門が放火される事件がおきました。
2012年1月8日、在韓日本大使館へ火炎瓶が投げ込まれる事件が起きました。
在韓日本大使館に火炎瓶を投げつけた事件の取り調べや公判で、中共人は「靖国神社に放火した」と自供をしていました。
警視庁は、在韓日本大使館に火炎瓶を投げつけた事件で、韓国の刑務所に服役をしていた中共人を建造物等以外放火容疑で逮捕状を取得しました。
日本政府は、靖国神社に放火をした疑いがあるとして、日韓犯罪人引渡条約に基づいて中共人容疑者の身柄の引き渡しを要請していました。
韓国法務省は、中共人容疑者の服役中は、「日韓犯罪人引渡条約の引き渡し対象犯罪に該当する」と判断していました。
日本政府が韓国政府に対して身柄の引き渡しを要請したことについて、ソウルの高等裁判所で審理が行われていました。
日韓犯罪人引渡条約では、身柄の引き渡しを拒否できる理由として「政治犯」などを挙げています。
ソウル高等裁判所の審査では、靖国神社に放火した犯行の「政治性」が焦点となっていました。
しかし、中共が早い段階から「中国へ引き渡す」ように外交圧力を強め、韓国内の反日勢力も日本側の要求を拒むように働きかけを強めました。
韓国の高等裁判所は3日、中共人容疑者を「政治犯」と認定して、日本への引き渡しを拒否する決定を下しました。
高裁は、「靖国神社を単なる宗教施設でなく、過去の侵略戦争を正当化する政治秩序の象徴とみなした犯行で、政治的大義を実現するために行われた」としました。
そして「政治犯」は、「日韓犯罪人引渡条約による引き渡しの対象から除外される」としました。
韓国法務省は3日に中共人容疑者を釈放し、在韓中共大使館の車で施設を出ました。

中共人容疑者は近く中共に帰国する見通しで、日中には容疑者の引き渡しを定めた条約がないことから、事件の全容解明は事実上難しくなりました。
日本政府は3日、在韓日本大使館を通じ韓国政府に抗議し、改めて容疑者の引き渡しを要求しています。
韓国の高等裁判所の判断は不当なものであり、中共人容疑者が捏造した歴史を主張したことを正当化するものです。
ソウル高裁は中共人容疑者を「政治犯」としましたが、日本で放火は「刑法犯」です。
日本政府関係者も、「政治犯でないのは明らかだ。日本の法律は、政治犯に対してのものではなく、放火に対するものだ」と指摘しています。
つまり、日韓犯罪人引渡条約で身柄の引き渡しを拒否できると定めている「政治犯」ではないのです。
容疑者は犯行動機として、「韓国出身の祖母が(朝鮮半島の日本統治時代の)慰安婦で、謝罪せず責任を取らない日本政府に怒りを感じた」と主張しました。
高裁は、「(慰安婦などに関する)過去の日本政府の認識と政策に怒りを感じ、日本の政策を変化させようとした」とし、「政治犯に当たる」と認定しました。
日韓犯罪人引渡条約で身柄の引き渡しを拒否できると定めている「政治犯」ではないのです。
それなのに韓国は、「靖国神社に放火をしたが、政治犯だから日本へ引き渡す必要はない」としたのです。
中共外務省は3日、容疑者の釈放を受けて、「韓国ソウル高裁が、日本側の引き渡し請求を拒絶する裁決を下したことを歓迎する」とする談話を発表しました。

引き渡し拒否「歓迎」 = 中国

 中国外務省の華春瑩・副報道局長は3日、韓国の高裁が靖国神社の門に放火した疑いがある中国人の劉強容疑者( 38 )の日本への引き渡しを認めない決定をしたことについて、 「 この結果を歓迎する 」 と述べ、劉容疑者が近く帰国するとの見通しを示した。

 華副局長は 「 中国政府は海外の中国国民の安全と合法的な利益を守ることを重視している 」 と強調。 「 在韓国大使館が劉氏の元に職員を派遣し、職責の範囲内で必要な協力をしてきた 」 と主張した。
2013.01.03 時事通信




靖国放火中国人の中国送還 韓国 「関係国も尊重を」

 韓国のソウル高等裁判所が、東京の靖国神社に放火した疑いがある中国人の劉強元受刑者を日本に引き渡さない決定を下したことについて、韓国外交通商部の当局者は3日、中国と日本が裁判所の決定を尊重することを期待すると表明した。

 同当局者は 「 法治国家のわが国で裁判所が法に基づき下した決定だ。政府は裁判所の決定を尊重する 」 とした上で、関係国も法治主義の原則と裁判所の決定を尊重することを期待すると強調した。

 日本は劉元受刑者が靖国神社に放火した容疑があるとして、犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄引き渡しを要求していた。 一方、中国は劉元受刑者が政治犯だとして、自国への送還を求めていた。
2013.01.03 聯合ニュース

 韓国高裁が靖国放火容疑者の引き渡しを拒否しましたが、刑法犯を 「政治犯」 に認定したことは不当です。
 これは、中韓合作で 「日韓犯罪人引渡条約」 を骨抜きにしたものです。
 今後、靖国神社に放火するなど、中韓の犯罪者は韓国へ逃亡すれば 「政治犯だから日本へ引き渡す必要はない」 とされる可能性が高まりました。

 下朝鮮側から日韓関係の悪化を具体的に条約破りといふ形で推進してくださってありがとう!
 日本の司法当局の茶番劇、 “小沢国策無罪判決” と似たようなもんですな。
 こんな事してる間は日本も韓国も到底 「対米独立」 なんて到底無理。