( 2012.04.16 )

   


 韓国の最高裁判所は13日、日本統治時代に満州国の高等官を務めたホン・スンイル氏の息子が、民族問題研究所を相手取って起こした訴訟において、原告の敗訴を確定した。 ホン氏は同研究所が発行した 「 親日人名辞典 」 の父親に関連する部分を削除し、これを含んだ書籍の配布を禁止するよう求めていた。 韓国の複数のメディアがこれを報じた。

 親日人名辞典は2009年、韓国の民間団体である 「 親日人名辞典編纂へんさん委員会 」 が、日本統治時代に親日活動( 朝鮮を裏切った行為 )を行った人物の名簿を編さんし、発表したもの。

 原告側は、親日人名辞典に父の名前が収録されているが、これは具体的な親日行為がない人に対し、親日派の烙印らくいんを押し、名誉と人格権を著しく侵害するとして、親日人名辞典の複製、配布を禁止を求めて訴訟を提起していた。

 裁判所は判決文で、親日人名辞典に収録された内容は、特定の人を見下したり、人格権や名誉を毀損したとはいえず、敗訴とした原審の判断は正当と述べた。

韓国の国歌を作曲した安益泰が親日派として載っている辞典のことですね。 国歌斉唱で歌っている 『 大韓民国の国歌 』 を作曲したのは、 「 親日人名辞典 」 に掲載されている、安益泰。 朝鮮語に 「 自己矛盾 」 という言葉はないのかネ?
日韓基本条約が締結されているにも関わらず、こういった事が未だ議論に上がること自体が、国家として異常な民族差別を行っているという証明。
日韓関係を考える上で、韓国は日本を感情的に攻め立てるが、火種を持っているのはいつも韓国の方。 こんな状態で両国関係の未来志向を気付けるわけがない。
朝鮮は1910年の併合条約で朝鮮王朝、朝鮮政府の意思に基づいて大日本帝国に参画した。
韓国は日本に対し日韓併合を強制だと歴史を捏造して韓国への謝罪談話を要求していますが、日韓併合条約はロシアなどに侵略されそうな危機的状況だった韓国側から日本に求められたのです。
日本による朝鮮への諸政策の結果、朝鮮では1920年〜30年代のGDP平均成長率は約4%と高まり( 1920年代の世界経済は2%以下・日本は3%強 )、1人当たりの国民所得は1910年代の約40ドルから倍増、耕作地は246万町から449万町まで拡大した。
米の反当り収穫量が0.5石から1.5石まで3倍増。
人口は1300万人から2600万人に増加、平均寿命は24歳から56歳に延びた。
日本のお陰で韓国は近代化を遂げたのであり、日本は韓国に感謝される立場だ。
韓国の場合、筋金入りの 『 官民上げての反日 』 だからこそ、日本人にとって韓国人というのは非常にたちが悪い人たちに見えてしまいます。
戦前、テロを起こして無関係な日本人を殺害した反日分子がいましたが、戦後、その人達に政権を取らせたのですから反日国家になって当然の帰結です。
悪法である、親日罪があるからこそ、日本から伝わったものを 「 韓国起源 」 「 別なもの 」 などと嘘をついてまで自国のものとしたり、親日の人や日本人全体にレッテルを張り敵視します。
現在において、これほど他民族を合法的に排斥している国はなく、 「 法 」 にそもそも問題があるのですから、それこそ、日本人、日本の政治家は韓国に対し、大声上げて問題を指摘すべきです。
韓国SBSテレビ番組の中で李明博韓国大統領が、
「 北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。 私が日本にすべてのカネを出させる、我々はすでに日本を征服しているからだ。 奴らのカネは我々が自由にできる、日本は何も知らない私にまかせろ、日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ! 」
と、いわゆる日本征服宣言を行った。

韓国にここまでバカにされているいまの日本。
日本はこんな韓国にいままで甘すぎた。
日本は韓国と国交断絶しろ。
韓国よ、日本を舐めるのもいい加減にしろよ。