韓国美人の大嘘


( 2005.02.18 朝鮮日報 )

  

 盧武鉉ノ・ムヒョン大統領が二重まぶたの手術を受けて以来、17日、初めて公の場に姿を現した。 大統領府で開かれた在外公館長招請の晩餐会でのことだ。
 盧大統領は4日、上まぶたが垂れて目を覆い、目を開けるのが難しくなる 「 上眼瞼皮膚弛緩症 」 のため、手術を受けた。 盧大統領はこれまで、手術の部位の腫れが引かず、大統領府での内部会議だけを主宰してきたが、この日、13日ぶりに公式行事に出席した。