強姦大国!韓国



( 2014.08.05 )
女子高生の残忍な事件、
 



写真は慶尚南道

 4日、韓国で2013年4月、女子高生3人が同級生に売春を強要した後に殺害し、遺体を燃やすという残忍きわまる事件が起きていたことが明らかになった。

 韓国の慶尚南道金海市の女子高生3人は13年4月、同級生の女子生徒であるユンさんに売春を何度も強要していたほか、アルコール度数の高い蒸留酒を大量に飲ませ、吐くとそれも無理矢理飲ませていた。 また、熱湯を身体に掛けたり、何度も殴ったりするなどの行為も行った。

 同月10日、衰弱していた尹さんが乗せられていた自動車の後部座席で突然死亡すると、同級生3人は遺体にガソリンを掛けて燃やした後、土中に埋めてコンクリートなどで隠していた。 韓国検察庁はこの同級生3人を起訴しており、事件の取り調べは現在も続けられている。





 今年5月、慶尚南道金海市で女子高校生を殺害したとして警察に逮捕された女子中学生らの犯行の手口が、これまで知られていたよりもはるかに残虐だったことが分かった。 この事件の裁判で、犯行の一部始終が明らかになった。

 この事件では、高校1年生の女子生徒Yさん( 16 )を執拗に殴打して死亡させ、遺体を損壊したとされる( 殺人・死体遺棄容疑など )中学生の少女A、H、J( いずれも15歳 )が5月に、またYさんを誘い出して売春を強要した上、死体遺棄をほう助したとされるK被告( 24 )=男性=が6月に、それぞれ昌原地検に逮捕・起訴され、現在一審の審理が行われている。 また、共犯とされるL被告( 25 )=男性=ら3人と女子中学生1人が、別の殺人事件で大田地検に逮捕・起訴された。

 起訴状によると、少女Aら3人は、今年3月15日ごろ高校に入学したばかりのYさんが、K被告にそそのかされて家出した後、釜山市内のモーテルでYさんと一緒に過ごしながら売春を強要し、花代( 売春代 )を生活費に充てていたという。

 家出した少女Hらは4月4日、Yさんがモーテルのパソコンからフェイスブックにアクセスし 「 位置をばらした 」 との理由で殴り始めた。 一緒に住んでいたK被告とL被告は、Yさんと女子中学生らに1対1のけんかをさせ、その様子を傍観したり、Yさんに対する集団暴行に関与したりした。

 女子中学生らと男2人は、冷麺用の器に焼酎2本を注いでYさんに飲ませ、Yさんがおう吐すると、吐いたものを無理やり食べさせた。 また、ひどく殴られた後 「 水がほしい 」 と懇願したYさんの腕に、数回にわたって熱湯をかけた。 立ったり座ったりする動作を100回強要したり、 「 家に帰りたい 」 と言うたびに殴打したりもした。 このように暴行や虐待を受け続けたYさんは4月10日、大邱市内のモーテルに止められた乗用車の後部座席にうずくまったまま、急性心停止のため死亡した。

 Yさんが死んでいるのを見つけた女子中学生らと男2人は翌日、慶尚南道昌寧郡の山林に遺体を運び、顔にガソリンをかけて火を付けた。 顔が完全に分からないようにするのが目的だったという。 また、セメントを練って遺体のあちこちにかけ、石や土をかぶせて埋めたという。

 警察は、娘が家を出たまま連絡がつかないというYさんの両親からの電話を受け捜査に着手し、5月から6月にかけ女子中学生3人と男2人を逮捕した。

 昌原地検のキム・ヨンデ次席検事は 「 犯行の手口はあまりにも残虐であり、法定の最高刑を求刑するなど、厳しい罰を下す方針だ 」 と語った。


   


   
      


1988年の 『 東京都足立区女子高生監禁リンチ殺人事件 』 に比べれば、カワイイもんだけど ……