( 2005.04.25 )
こんな国を 命をかけて守れと言えるのか

 2002年6月、西海ソヘ交戦当時、夫韓相國ハン・サングク中士( 下士官で旧日本軍の軍曹にあたる )を亡くした□鍾善チョン・ジョンソンさんが24日、故国に背を向け、米国行きの飛行機で旅立った。 チョンさんはタラップを上る前、 「国を守ろうとして戦死し、負傷した軍人に対する無関心と冷遇が今後も続くとすれば、果たして誰が戦場で命をかけるでしょうか」 という一言を残した。

 西海交戦は韓日ワールドカップの閉幕を翌日にひかえた2002年6月29日、西海・延坪ヨンピョン島近海で北方限界線( NLL )を越境してきた北朝鮮警備艇の奇襲攻撃により、海軍6人が死亡し、18人が負傷した事件だ。

 この事件の遺族らはこの3年間、思い切り号泣することさえ難しい雰囲気の中で生きてきた。 これまで、太陽政策に悪影響を及ぼすのではと気が気でなかった政府関係者から 「静かにしていて欲しい」 という注意を受けた ことすらあった。

 2003年の1周年、2004年の2周年の追慕式の行事では、国防長官や政府の高位関係者は1人も姿を現さなかった。 1、2周年の行事の前後に遺族に慰安の手紙を送ったのは、韓国政府の関係者ではなく駐韓米軍の司令官だった。

 北朝鮮の銃弾により蜂の巣になった海軍の高速艇を龍山ヨンサン戦争記念館に移し、 「 国のために命を落とした人々がいた 」 という事実を知らせて欲しいという遺族の要請は黙殺された。 ある遺族は 「 敵に命を奪われた夫の子どもたちが、南北の和解の雰囲気を壊す罪びとのような扱いを受けている 」 と語った。

 2002年、西海交戦が起きた当時からこの年の末にかけて、米軍の装甲車に引かれて死亡した女子中学生を追悼するキャンドルデモが全国的に行われた。 国中の社会団体の全てが名を連ねたデモだった。

 西海交戦2周年となる2004年6月、イラクで殺された金鮮一キム・ソンイル氏の葬儀には政界、高位公職者などをはじめとする5000人が詰め掛けた。 彼らの死も切なく痛ましいことに変わりないが、西海交戦の戦死者のように国を守るために戦って命を失ったのではない。

 大韓民国は祖国の命令で、祖国のために戦って花と散った兵士を追悼しない国、また彼らに理由もなく銃弾を撃ち込んで命を奪った敵の機嫌を損なうことを心配し、遺族たちに口止めする国だ。 今この瞬間にも38度線を守っている若き韓国軍兵士たちに対し、このような国のために命をかけることを求められるだろうか。





( 2013.10.02 )


 以前、10月1日の 「国軍の日」 の軍事パレードは、ソウルを流れる漢江の川中島の 「汝矣島ヨイド公園」 で行われていた。
 「首都のど真中にあんなだだっ広い広場とは共産国家並みだね!」 とよく皮肉ったが、90年代末に、いわゆる “民主化時代” で緑の公園に変身した。
 以後、 「国軍の日」 の行事はソウル近郊のソウル空港( 軍用飛行場 )などで行われている。

 今年の 「国軍の日」 は10年ぶりにソウル中心街でも軍事パレードが行われ、ビル街では華やかに紙吹雪が舞った。
 2月に発足した新政権下で 「国の守りを新たに」 という意味だろうか。

 市街地で市民の歓声が上がるなか戦車や装甲車、大型砲、ミサイルなどを動員しての部隊行進は壮観だ。
 こんな風景を経験したことがない日本人には実にエキゾチックだが、そういえば 東アジアで首都の市街地で軍事パレードをやるのが韓国と北朝鮮と中国である
 その3国が日本に対し 「軍国主義復活」 などと非難しているのだから、お笑いである。