English
英语
영어


   




( 2015.10.11 )

 日本ではほとんど報じられていないが、昨年から今年にかけて韓国の国会では 「過去の恥部」 が大きな問題となっていた。 “国家的事業” として多くの自国民を強制収容して暴行し、550人以上が死に至った 「釜山兄弟福祉院事件」。 わずか30年前の出来事である。

 こんな証言がある。
「暴行は3000人全員が受けていたはずです。 運びだされて病院に行ったまま帰ってこない人も多かった。 管理者は “死んだ” として、 “言うことを聞かなかったらそうなる” と僕たちに話しました」

「食べ物をもらえず、手足を縛られて、眠ることも許されない拷問を受けました。 極寒の日に水に投げ込まれたこともあります。 今も、夏の暑い日でさえ冷たい水のシャワーを浴びることが怖い」
 このように、昨年、韓国のラジオで壮絶な体験を告白したのは、釜山の 「兄弟福祉院」 ( 現在は名称変更 )に1984年から1987年まで入所していたハン・ジョンソン氏である。

 同院は韓国では 「韓国版アウシュビッツ」 と呼ばれてきた。 1975年から1987年にわたって路上生活者や孤児などを強制的に連れてきては厳しい労働を課し、暴行を加え、死亡させてきたからだ。 収容者総数は3500人とも言われ、死者は551人にのぼる。

 問題なのは、事件の背景に韓国の 「国家的意志」 があったことだ。 1986年のアジア競技大会と1988年のソウル五輪を控えた韓国政府は当時、路上生活者や障害者などを街から一掃する 「浄化作戦」 の一環として大々的な取り締まりを実施した。

 1975年に制定された 「浮浪者の申告、取り締まり、収容、保護と帰郷処置および事後管理に関する業務指針」 という内務省訓令第410号に基づき、兄弟福祉院への強制収容が推進されたのである。

 強制収容の対象は路上生活者だけではなかった。

 ある者は釜山駅のベンチでうたた寝していたらいきなり施設に連れ込まれ、ある者は突然の雨を避けようと釜山駅前の地下道に入っただけで連行された。
 ( 強制連行じゃん! )

 兄弟福祉院には収容者の数に応じて国から助成金が出ていたからだ。 同院には概ね年間20億ウォン( 当時のレートで約7.5億円 )が国庫から支払われた。 警察官も、路上生活者を施設に入所させると高い勤務評定を与えられた。 「金」 と 「評定」 を目当てに、施設と警察は市民を片っ端から施設に入れたのである。

 冒頭のハン氏は父子家庭に育ち、地元警察から 「国家が支援する施設がある。 そこに任せたほうがいい」 と諭されて入所した。 当時ハン氏は9歳。 施設には同年齢の子供が100人ほどいたという。

 施設は 「福祉院」 とは名ばかりの 「生き地獄」 だった。 過酷な強制労働が課せられ、職員の暴力が蔓延した。 パク・イングン院長個人の土地に建物を建てるため、重労働を強いられた人たちもいた。 生き残った収容者の一人は韓国紙 「ハンギョレ」 にこう証言している。
「毎日のように何の理由もなしに殴られた。 長時間、逆立ちさせられ、瞳孔の膜が剥けたが何の治療も受けられなかった」
 食べ盛りの子供が多かったが、食べ物はほとんどなく、 「くそ汁」 と呼ばれた粗末な味噌汁が配給された。 ハン氏は空腹に耐えかね、ネズミやムカデを食べて飢えを凌いだという。 ハン氏は冒頭のラジオでこうも証言していた。
「管理者や職員たちが、子供を相手に性的暴行を働いていました。 9歳くらいの少年少女は性的暴行の意味さえわからない。 ただ、反抗したら殴られるので、黙って受け入れていた」

【wiki】兄弟福祉院事件( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%84%E5%BC%9F%E7%A6%8F%E7%A5%89%E9%99%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 





韓国の歴史的恥部
   者 朴大統領ピンチ

">
朴槿恵パク・クネ大統領は負の遺産を正視できるのか?
 朴槿恵パク・クネ大統領率いる韓国で、恥部といえる人権侵害の実態が解明されようとしている。 1970年~80年代、路上生活者や障害者を強制収容し、暴行などで大量の死者を出した施設について、国会で真相究明の動きがあるという。 韓国メディアは同施設を 「韓国版アウシュビッツ」 と呼んでおり、国際社会から厳しい目が注がれそうだ。

 問題の施設は、釜山にあった 「韓国兄弟福祉院」 ( 現在は名称変更 )。 韓国紙・ハンギョレ新聞( 日本語電子版 )は先月、最大野党・新政治民主連合が、同施設の真相究明や被害者救済を目的とした特別法を国会に提出する動きを報じた。

 法案作成に関わった同党の陳善美チン・ソンミ議員は 「兄弟福祉院事件は社会的弱者を一掃しようとした国家次元の犯罪」 と語るが、この施設で何が行われたのか。

 ハンギョレ新聞によると、兄弟福祉院は釜山市と委託契約を結び、75年から87年まで、路上生活者や障害者、孤児を強制的に収容した。 収容者は強制労働が課せられ、暴行も日常的だったという。 結果、収容者約3000人に対し、死亡者は513人。 何と17%が亡くなったことになる。

 

 韓国の内務部( 現安全行政部 )が75年に制定した 「訓練410号」 が根拠となり、 「路上生活者の申告、取り締まり、収容、保護と帰郷および事後管理に関する事務処理指針」 が規定され、同施設への強制収容が可能となったという。

 

 ジャーナリストの室谷克実氏は 「当時の韓国では 『町の与太者を集めて根性をたたき直す』 みたいなことが平気で行われた。 そういう時代の惨事だろう」 と指摘する。

 ソウル五輪( 88年 )前に、路上生活者やスラム街を外国人から隠すための “浄化作戦” が徹底されたことも、蛮行の温床となったようだ。

 訓令410号が制定された75年は、朴正煕パク・チョンヒ大統領の統治下のため、娘の朴槿恵大統領にも批判の矛先が向きかねない。 朴氏はいつも 「人権」 を持ち出して日本を批判するが、自国の人権問題にどう取り組むのか。
釜山兄弟福祉院( http://www.yonhapnews.co.kr/society/2014/03/20/0701000000AKR20140320124500051.HTML



韓国は光州事件もありますし、ほんの30数年前までは、近代的な民主国家とは言えませんでした。スターリンは自国民を数千万人レベルで殺害していますし、カンボジアのポルポト政権は国民の3割を殺害したとされています。中国の毛沢東に至っては桁違いの3千万~1億人と言われています。ドイツのナチス政権のユダヤ人殺害は、絶対数ではスターリンに、割合ではポルポトに及びません。 別にナチスを正当化するつもりは全くありまあせんが、ドイツが敗戦国であることも、ナチスのユダヤ人虐殺が蒸し返される一因でしょう。
それこそ、終戦直後というか混乱期は、今の親日罪の財産没収や社会的制裁レベルではなく、親日のレッテルをはっては同胞を文字通り八つ裂きにしてましたからね韓国は。そのいうものが正義とされた社会なのでしょう。親日的な発言をした老人がなぐりころされたりするような。日本でさわいでるヘイトだなんだという次元ではないですね。
ソ連は、カチンの森事件で、ポーランド人将校らを2万人あまり殺害したのだけれど、しばらくはナチスドイツに濡れ衣を着せていました。ベルリン陥落で、多くのナチス幹部が亡くなりましたので「死人に口無し」をいいことにしたのです。





( 2018.12.07 )

  1700


 韓国の元徴用工をめぐる賠償訴訟問題は、かつてないほど日韓関係を危機に追い込んでいる。 新日鐵住金に賠償金支払いを命じる判決に続き、11月29日にも三菱重工業を相手取った訴訟で韓国最高裁の判決が言い渡される。 その後も総額2兆円にも及ぶ賠償請求への判決が続々と下される。

 この問題が1965年の国交正常化の際に結ばれた日韓請求権協定で解決済みなのは繰り返すまでもない。 が、そもそも 韓国政府は、日本に矛先を向ける前に自国の歴史に向き合うべきではないか

 自国の若者たちを強制動員して働かせるということを、韓国政府自身がやっていたのだ。 しかも、その対価として支払うべきカネを外国から調達しながら、それは政府が使い込んでいた ──。

 1961年、朴正熙政権は、 「国家再建と浮浪児の取り締まり」 を理由に、 「大韓青少年開拓団」 を設立し、戦災孤児など1700人にも及ぶ青少年を忠清南道・瑞山の干拓事業に強制動員し、無賃金で働かせたという知られざる史実がある。

 動員の対象は男性だけではない。「工場で働ける」 と女性を誘って連れてきて、開拓団の男性と強制的に結婚させた。 「255組 合同結婚式」 は、当時、政府広報として韓国メディアで大々的に取り上げられた。

 拉致同然に集められた若者たちは、 「干拓した土地を1人3000坪ずつ分け与える」 という政府の約束を信じ、管理者からの暴力や飢餓に耐えながら働いた。 過酷な労働により、死者数は実に119人にのぼったとの記録が残る。

 しかし、干拓後に土地は国有地に編入され、土地を与える約束は反故にされたばかりか、逆に農地の使用料まで請求されたという。

 


「漢江の奇跡」 の犠牲者

 今年5月、被害者たちの証言記録をまとめたドキュメンタリー映画 『瑞山開拓団』 が韓国で公開され、真相を知った観客に衝撃を与えた。 監督を務めたイ・ジョフン氏(45)は、映画制作のきっかけをこう語る。
「5年ほど前に、大学の後輩でKBSテレビ( 公共放送 )のプロデューサーをしている友人から瑞山開拓団の話を聞き、大変驚きました。 彼の故郷が瑞山で、父親が開拓団解散のあと、干拓地を開拓した農民の一人だったのです。 最初は彼自身がKBSでドキュメンタリーにしようとした。 が、当時は朴正煕の娘の朴槿恵政権下だったので “到底できない” と企画は却下され、独立系の映画を制作している私に託してきたのです」
 “漢江の奇跡” と呼ばれる経済成長を成し遂げた朴正熙大統領の人気は娘が失脚した今も絶大で、それゆえに取材は難航したという。
「取材の過程で、米下院国際関係委員会が1978年に出した報告書から、朴正熙が干拓事業などのためにアメリカからもらった援助金を自分の政治資金に不正流用していたという事実を突き止めた。 それを元開拓団のお年寄りたちに伝えると、初めて自らに降りかかった災難が、朴正煕政権の企みのせいだと気づいて証言に応じてくれました」(イ監督)
 なぜ昔の話をするのを拒んできたのかと問われた証言者たちは、 「なぜかって? あまりにもみじめだから」

 「この話をするとあまりにも悔しくて……」 と漏らし、ある証言者は 「朴正煕大統領は、国は生かしたかもしれないが、人間は限りなく殺した」 と叫びながら慟哭した。 その様子は映画の中で生々しく映し出されている。 イ監督は言う。
「文在寅政権はこの事件を再調査し、適切な措置を取るべき。 国の命令に基づいて干拓事業に携わり、若さと労働を捧げたのに、国家が信頼を裏切ったという点を認めて謝罪し、正当な補償をすべきです」

それでも黙殺された

 この問題は、元慰安婦や元徴用工の賠償問題と構図がよく似ている。 日本は韓国との間で結んだ日韓請求権協定で、韓国の国家予算の2倍以上に相当する無償3億ドル、有償2億ドルの援助金を供与するかわりに、慰安婦や徴用工に関する請求権の問題は 「完全かつ最終的に解決された」 と確認し合った。

 だが、朴正熙政権は援助金を個人への賠償には回さず、インフラ投資などに使ってしまい、賠償の原資がなくなってしまったのだ。 韓国を取材するジャーナリストの前川惠司氏が言う。
「韓国政府がカネを使い込んでツケが回ってくるという構図は、慰安婦問題や徴用工問題と全く同じ。 韓国は日本が支出した慰安婦財団を解散しましたが、金泳三政権の時には韓国政府が慰安婦にカネを出すと言っていたんです。 今になって慰安婦や徴用工では日本の責任を追及するのに、開拓団の問題は放置するというのはダブルスタンダードが過ぎる。 しかし、日本人がそう感じても、韓国では日本を攻撃する材料にならないこの手の問題は関心を持たれにくいんです」
 事実、映画公開で一時話題となったものの、世論は盛り上がらず政府も黙殺した。 検証作業や補償の動きは全く見えない。 在日韓国人ジャーナリストの河鐘基氏はこう見る。
「韓国政府が恐れるのは、戦前の日本に対するのと同じように、戦後の “漢江の奇跡” の犠牲にされたという告発が相次ぐことでしょう。 そういう声を抑えるためにも、ますます日本の賠償問題に目を向けさせようとするのではないか」