English
英语
영어




( 2014.05.26 )


 韓国政府が違約金回避のためにとんでもない事をしでかす恐れがありそうだが、UAEはそれを見越して既に対策を用意済みか!?
 2015年9月まであと1年と少し、来年は大変な事になりそうだな!
韓国のUAE原発問題の要点
・ 2015年9月までに新古里原発が稼働しないと違約金。
・ 未だかつて成功例のない耐高電圧ケーブルを使用予定。
・ 建国わずか66年程度の国が60年保証を宣言。
・ 契約違反なら石油ストップもしくは大幅値上げ。
・ 100億ドル融資が事実上の保証金代わり。
 で、この100億ドルすら出さない韓国政府。 その上でとんでもない事をやらかそうとしている ……。
1.原子炉186億ドルのうち100億ドルの融資。
2.原子炉稼働事故保険60年保証。
3.故障時の修理回復保証。
4.運転、燃料供給等の完全管理。
5.原発の韓国軍による駐留警備。
 という条件で契約。 このときは、明博絶頂期で、在日60万人が日本を征服したとか宣言する前で、 民主党政権がいいなり状態!
 まったくコイツラは …… なに考えてるんだぁ~

 実際は日本に融資をさせ、東芝と子会社のウエスティングハウス社が原子炉を立て、管理維持する話になっていた。
 でも、60年という契約を知った東芝が撤退を表明、ロイドが保険から手を引くという話になり、以下の条件がさらに付随した。
UAE現地に作る( 新古里3号機型 )原発モデルがきちんと韓国で建設され、安全に運転されていることをUAEに証明すること。
2015年を期限とし、違約の場合は原発輸出違約金を支払うこと。
 そして、現在、その原発モデルの完成のめどは立っていない。
 部品不正疑惑でケーブルが基準に達していないことが判明。
 現在、ケーブルを作るところは世界中にない。
 ( 汎用タイプでなく、独自タイプなので、そのタイプのケーブルをどこも作っていないため )




 韓国政府が当初、昨年末にUAEで行うとしていた起工式は無期限延期されている。
 一部には韓国が提供を約束した金融支援がうまくいかず、UAEが起工式を延期しているではないかとの見方もある。

 韓国政府関係者は 「UAE内部の環境影響評価などで日程が遅れているもので、早ければ来月にも起工式が行われる」 と説明した。

 施工を担当する韓国電力公社の関係者は 「現在敷地の整備作業や建設労働者の宿舎建設を進めている。 計画通り、来年下半期には本工事に入る計画だ」 と述べた。
 同公社は2017年から毎年1基、20年までに計4基の原発を完成させる計画としている。

 なんとなくきな臭さかったこの韓国の 「UAE向け原発輸出」。
 原発本体の建設能力がないのに輸出したり、軍事訓練がセットになっていたりでまるで煙の中にあったが、だんだんと実態が浮かび上がってきたようである。

 現在、商業原発本体の建設能力のある国は、フランスと日本の2ヵ国しかない。
 中国の原発はちょっと安全性に問題がある。
 ロシアは過去に事故を起こしたことがあり、これも問題あり。

 アメリカはスリーマイル事故以来原発から遠ざかっており、その原発会社を買収したのが日本企業。
 確か記憶によれば、日本では三菱・東芝・日立の3社が技術を持っているはずである。
 韓国のUAE向け輸出はフランス・東芝グループに原発本体の工事を依頼して、受注したはずだと思ったが。
 まるで自国に技術がないのに商売してしまうこのバイタリテイーはすごい。

 同じように、自国で設計できず、欠陥マクラギを敷いて走らせているフランス製新幹線を輸出しようとしているから、敬服に価する。
 だが、そのため一歩つまずくとフォローができず、後が怖い。
 「安かろう、悪かろう」 で通る時代はすでに過去のものになっている。
 奈落に真っ逆さまなんてことにないように、地道に歩んで欲しいものである。

 そういえば中国も日本から学んだ新幹線を輸出しようとしている。
 こちらは中国国内に新幹線を敷設したとき、日本から技術の供与を受けているし、それをベースにして国内に新幹線網を張り巡らそうという計画があり、それを実行してさまざまな技術的経験をしてノウハウを取得しているから見通しがたつ。

 が、韓国はそれがない。 これ、ちょっと危うい。


使







 昨年末に予定されていたアラブ首長国連邦( UAE )での原発起工式が先延ばしとなっている中、さまざまな疑惑が浮上している。
 韓国民主党は18日、政府がイスラム債関連の租税特例法を改正しようとしているのは、UAEの原発と関係があるのではないかとの疑問を投げ掛けた。
 このほか、韓国が金融支援を実行できず、UAEの原発事業が契約解消の危機に直面しているのではとの論議もある。
 韓国政府は
「金融支援はUAE原発事業の契約条件ではなく、全く関係ない。3月中に起工式を行うことでUAEと合意した」
 と説明した。




 韓国政府は輸出入銀行を通じ、総事業費186億ドル( 約1兆5500億円 )のうち100億ドル( 約8300億円 )の金融支援をUAEに提供する見通しだ。
 こうした中、金融支援がまだ実行されていないことから、本契約が結ばれていないのではないかとの疑惑が浮上した。

 契約当事者の韓国電力公社幹部は
「2009年12月に本契約を交わした。 この契約に従い、用地調査作業、整地作業を既に進めている」
 と説明した。
 知識経済部( 省に相当 )のパク・ヨンジュン第2次官は
「昨年末までに工事代金約6000億ウォン( 約450億円 )が確実に支払われた」
 と語った。

 実際に現代建設、サムスン物産などは、現地の原発予定地で用地造成を行い、作業用の事務所、宿舎を建設中だ。
 建設業者が本契約の締結事実も確認せずに工事を進めることは考えにくく、本契約が締結済みであるのは確実とみられる。




 韓国電力公社は昨年9月に発表したUAE原発事業の推進計画で、昨年12月に起工式を行う方針を明らかにした。
 しかし、2ヵ月が過ぎたが、起工式は行われていない。
 その理由として、韓国がUAEに約束した金融支援を実行できず、起工式を開くことができないのではないかという疑惑が指摘されている。

 パク次官は 「大型プロジェクトの起工式は、出席者の日程によって、工事の段階で行われるケースが多い」 と述べた。
 そこで、UAEの原発工事に参加している建設会社などを取材したところ、起工式は来月中旬ごろに現地で行われる予定で、既に準備作業が進められていることが確認された。

( ソース:http://www.news-us.jp/article/397865342.html





( 2014.05.21 )

調

 アラブ首長国連邦( UAE )を訪問中の朴槿恵パク・クネ大統領が20日、バラカ原子力発電所1号機の原子炉据え付け式に出席した。 同原発は韓国が海外で初めて受注に成功した原発だ。 2009年12月、当時の李明博イ・ミョンバク大統領のUAE訪問に合わせ、韓国電力公社とUAE原子力公社( ENEC )が186億ドル( 約1兆8800億円 )規模の契約を結んだ。 契約内容には140万キロワット級の原発4基建設、核燃料の供給、運営支援などが含まれている。

 12年7月、1号機のコンクリート打設が始まって以降、今年3月末現在で原発4基の工事進捗率は30.4%に達した。 1号機は今年2月に 外壁工事を完了 した。 17年5月に1号機が稼働を開始する予定で、その後は毎年1基ずつ完成を見込む。

 2009年当時、韓電のコンソーシアムは、フランスのアレバ、米日によるGE-日立コンソーシアムなど原発先進国のメーカーと競合し、初の原発輸出に成功した。 輸出額は直接部分だけで換算すると、乗用車100万台分に相当する。

( ソース:http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/21/2014052100533.html


…… んで、原子炉はどこが供給するの? まさか自作じゃないよね。
部品の偽装は大丈夫なのか?
燃料どこからよ?
たぶんUAEは契約不履行の違約金狙いで契約したんだと思う!
コイツらが言うところの稼働中の実証炉ってどこにあるの? 『これから造るんだよ、冗談抜きで!』なんて言うなよな。
どうせ踏み倒すでしょ。どこかの橋の時みたいに。
韓国は兆円単位の違約金払うぐらいなら、検査結果を捏造してでも韓国の原発を動かすよ。 韓国は嘘、捏造がオンパレードの国だからね。 UAEもまんまと騙されるとは思わないけど。
新古里原発は、外見はできてる。 しかし、制御ケーブル( 2,000キロに及ぶ? )は検査合格品をまって全とっかえ! 年末にアメリカのケーブルメーカーに開発してもらったが検査合格せず。
韓国は嘘ついても検査を合格させて、違約金の支払いを回避するだろう。
新古里シンゴリ3・4号機ってまだ動かせてないだろ。 UAEが心配になって条件つけてきたのに、それもクリアしてないのに建設着工って …。 韓国人らしいといえばらしいけど、嫌な予感しかしないけどね。
まあ日本は係わらないようにして、日本への責任転嫁から逃れればな。
まじ違約金狙ってるのかUAEは。 韓国に払う余裕なんかないぞ。
ケーブルは世界中のどこにもまだ成功例がないからな。 ちなみに東芝は安全性が確保できないと撤退した。
耐高電圧ケーブルの問題は解決のメドがたったのか? 東芝もこの案件から撤退したのに、独力でできるのか? 60年保証という、空前絶後のアフターサービスは可能なのか? 日本が心配することではないけどさ ……。
炉心 ← まだできてない
制御ケーブル ← まだどこも開発したことがない
機材の管理 ← 全部ハングル
機器の使用法 ← 全部ハングル
ファッ?
( メンツを優先して違約金払わないと石油が止まるぞ… )
韓国をわかってないなぁ。 違約金なんて払ったら、それこそ面子丸潰れ。 絶対に払わないよ。
実証データを捏造するか、非はUAEにあると強弁するか、日本の妨害工作のせいにするか、そんな感じ。 お約束の逆提訴ってのが一番ありげだけど。
非はUAEにあると強弁されないよう、UAEは対策として、今回の式典で運用管理も韓国に委託しました( 原発にUAEの組織は一切関与しません )
どうやら100億ドルの融資はしらばっくれるらしい。 契約後に契約内容を反故にするのは朝鮮の平常運転だがイスラム商人相手にやらかすとはねぇ。 朝鮮人にとって怖い物は何もないんだな。
ただでさえドルがなくてイランとしか原油取引できないのに、UAEを敵に回してどうするんだろうね? 間接的に原油を輸入してる日本との関係も最悪だし、子の代、孫の代が地獄をみることになるぞ!
国の格付けはUAEはAAで韓国はAなので、実は、利息はUAEの方が安いんだよ。 明博は日本に払わせるつもりだったんだろうなあ。 東芝が請け負うんだから、日本が払えと ……。 目算が外れたナ。
受注が2009年だろ? 時に日本は民主党政権、裏で約束は出来てたんだろうな。 今回の式典は 「逃げるなよ」 の圧力以外の何物でもない。
( 管理、警備、そして建設作業員まで韓国人使い捨て… )
ちなみに原発に必要な使い捨て作業員は、どこから手配するんだ? 韓国男性と結婚するなと同じように、数年で回状まわるぞ。
韓国内に使い捨てにできるバカがいっぱいいる。 韓国の放射能はいい放射能らしいから、労働者なんていくらでも集まる。 健康被害の心配も補償も必要ないから低コスト。
いつ爆発するんだろう …… 怖いなぁ~
UAEは民主国家じゃねえし、部族長が支配する王様の国だしな。 物分りの悪い奴を騙すのは簡単だけど、理屈で説得するのは無理だからな。
原発建設資金100億ドルを、韓国が融資( どうやって融通するんだろう? )
新古里原発を2015年まで稼働させねば遅延は確定( 送電網を構築したいが、地権者との紛争あり、未だメドがたたず )
原発の燃料の調達、保管を一元管理を韓国が行う。
原発の警備を、韓国軍が駐留警備する。
前人未到、空前絶後の60年保証。KS電気も真っ青!
仮に遅延金を踏み倒そうが、資金は韓国持ち、UAEの腹は傷まない。
…… というわけだね。 終わったナ。
今までの大体まとめ
○韓国政府のバックアップでインターバンクク市場から調達
( 韓国国内融資より低利 )
○新古里原発は原子炉制御ケーブルの品質偽造と性能未達( 対燃性不足 )のため性能試験やりなおしで最速でも2015年5月以降の稼働
( 納入業者の打診中だがどこも作るといってない )
○過去の無断核濃縮実験のため、韓国内に核燃料製造施設認可がIAEAからおりてない。 再処理プラントは日本がウルトラCでIAEA認可とるも稼働してない。
○警備費用は …… お察し ……
○α、β、γ線に中性子線、熱、水と、原子炉と格納容器と建屋を劣化させる原因は多数、無理に稼働年数を40年にしたF1は大惨事になりました。
賠償金を踏み倒すと原油の価格にコリアプレミアムが上乗せ、プロジェクト頓挫で韓国の銀行団が破滅するという爆弾つき。
◆韓国、逃げ場なし?
2015年9月までに原発が動かせないとアウト。 検査結果を捏造しても、UAEは対策を用意している。 そのために100億ドルの融資が契約に入っている。 で、その100億ドルを何としても出させるためにパククネ呼び出し。 これでも出さないようなら …… 一体何が起こるの??
日本が係わっていない、なんともハートフルなほのぼのニュース。
爆発事故をしこませ原発の稼働を困難に。 自分たちも被害者だと言い張り、違約金問題をウヤムヤにさせる。
ずる賢い韓国の事だから、失敗しても素直に認めないと思う。 やはり生半可な知識で韓国に近づくと危険。 関わらない方が良い。
日本製品の部品を無理やり組み込んだ上で故障の原因や遅れの原因が日本に有るかのごとく、でっち上げるいつものパターン。
中東の非情さに恐れ慄け。どれだけ日本という国が優しかったかを噛み締めて消え失せろ。
朝鮮半島なんぞさっさと戦場にして北と共倒れでいい。
東芝脱け出せて本当に良かったね。 東芝はこれから上向きになるね。
問題案件が目白押しじゃねぇ~
2015年在韓米軍撤退。
2018年平昌オリンピックは、いろんな意味でどうあがいても開催困難。
インドネシアの国家事業だったポスコ製鉄所爆発炎上の補償は国家予算規模。
UAEのとても完成しそうにない原発の補償。
船の沈没の補償。
日本企業からパクるだけじゃ足りずに、アップル、ダイソンとアングロサクソン企業からパクッて白人様を激怒させてサムソンの利益が軽く吹っ飛ぶくらいの賠償判決でてるし ……
さあこれからどうするんだろう? 素人がみても、無理なんだがなぁ~。 北に占領されてバンザイするしかなさそうだナ。
規格違反なのに無理やり動かして爆発したら、九州にも影響あるかなと思って地図確認したら、新古里原発って対馬の近くじゃないか!
むしろ東芝が抜けたから日本が全て悪いとか言い出しそう。 『失敗したのは東芝が辞退したせいニダ! 日本が悪いニダ!』 って!
次元跳躍で福島のせいにするんだろう。
日本便乗金魚のウンコ型経済の韓国にツケを払う時期が来たんだよ。
これから不幸がまっている韓国、あと3年半クネは途中下車せずに大統領でいられるか? まず、無理だろうね。 ボスコ事故・無理な原発受注そしてそして2015年末の韓国駐留米軍の撤退がまちどうしいね。







 昨年12月26日。 土曜日の首相公邸に首相( 当時 )の鳩山由紀夫や経済産業省の幹部らが集まり、中東からの電話を待ち構えていた。 アラブ首長国連邦( UAE )アブダビ首長国のムハンマド皇太子からの電話だ。 原発の入札結果の公表を目前に控えていた。

 「一にも二にも価格です。 韓国の方が安かった」。 最後まで入札に残っていた日米連合とフランスが、韓国に敗北したという事前の通知だった。 2人の会話は、通訳を介して約30分続いた。 「将来は計14基の原発を造りたい。 ぜひ加わってほしい」。 皇太子の言葉に、鳩山は 「これからも両国の友好関係を築いていきたい」 と応じた。


インタビューに答える首長国原子力エネルギー公社
( ENEC )のモハメド・ハマディCEO
 韓国とUAEアブダビ首長国の間で2009年12月27日、原発建設に向けた契約が結ばれた。

 翌27日、韓国大統領の李明博はアブダビに招かれ、UAE大統領のハリファ首長と笑顔で握手した。 アラブ初の原発を韓国が受注した瞬間だった。 2017年の運転開始に向け、4基の原発の建設にあたる。 運転、人材教育なども担うほか、軍事を含めて幅広い協力関係を結ぶことも約束した。

 韓国に生中継された会見で、李は満足げに語った。 「今回、我々は原発を輸出できる国になった。 国民の一人として誇りに思う」

 実は鳩山も昨秋、アブダビの皇太子に電話を入れていた。 首相が民間企業の商談のために相手国に売り込みをかけるのは珍しい。 それでも動いたのは、日本が劣勢だという情報が上がっていたからだ。

 最終的に、入札に勝った韓国の原発建設の受注額は約200億ドル( 約1兆7300億円 )で、日米やフランスの提示額より3~4割も安かったという。
 「国を挙げて支援した韓国の国家戦略。 赤字覚悟で受注し、実績をつくりたかったのだろう」。 複数の日本の関係者はそう指摘する。 さらに、韓国は60年もの長期間、原発の運転を保証したとされる。 「日本でも実績は40年ほど。 韓国はリスクを取りすぎだ」 との意見もある。

 しかし、アブダビで原子力事業を統括する首長国原子力エネルギー公社の最高経営責任者( CEO )、モハメド・ハマディは、価格以外の理由も強調した。
「韓国企業連合の提案内容が、パッケージとして信頼できるものだったからだ」
 メーカーが交渉の矢面に立った日米やフランスと違い、韓国は国営の韓国電力に窓口を一本化。 同社が設計、建設、原子炉メーカー、燃料供給などの企業を従える体制を整えた。 全く原発の経験のないUAEにとって、原発を建てたあとの運営まで面倒を見てくれるという点も魅力的だったようだ。





韓国がUAEに建設を予定している原発の模型
 UAEでの韓国企業連合の受注は 「実績づくりの無理な安値受注ではないか」 という見方も一部にある。
 しかし、韓国の原子力業界団体の副会長、具ハン謨は 「受注価格は十分な利潤を確保できる水準だ」 と強く反論する。
 工期の短縮、安い人件費、高い稼働率によって全体のコストを抑え、競争力を大幅にアップさせたという。

 UAEの原発の建設工期は54ヵ月を想定。 日本よりは長いが 「米国やロシアよりは短い水準」 と韓国政府は主張する。 人件費は、日米やフランスより安い。

 総合的にみると 「日米などと比べ技術面ではそれほど劣らない原発を、安く造れる」 との説明だ。

 原発だけでなく、ビルや工場の建設などでも韓国は中東で受注ラッシュを続ける。
 UAEでは 「日本企業は、対韓国で1勝9敗の印象」 ( 日本の外交官 )という。
 サムスン電子やLG電子などの韓国の電機大手が、新興国市場で、日本企業を上回る浸透ぶりをみせているのと同じような構図である。

 韓国が原発輸出に動き始めたのは2000年代初めごろ。 韓国国内で、世界最高水準の90%台の稼働率を誇り、大事故もなく、技術力への自信が芽生えた。

 だが、中国や南アフリカ、ベトナムといった国への売り込みには失敗した。 核心となる技術が不足していたのに加え、輸出の実績がないためだった。
 1978年から稼働した韓国の原発は、米国の技術が元だ。 基幹技術の一部は今も外国企業に頼る。 UAEに納める原発の基幹技術は東芝傘下の米ウェスチングハウスのものだ。 基幹技術を持つことを条件にした中国や南アでは門前払いだった。

 一方で、事業全般への協力やノウハウの伝授を求めたUAEは、実績を作りたい韓国には願ってもない機会だった。 韓国知識経済省の原発輸出振興課長、姜敬聲は 「政府と産業界が心を一つにしての総力戦だった」 と振り返る。

 「2030年までに原発80基を輸出」 との目標を掲げる韓国の次の狙いは、トルコだ。 黒海沿岸で進める原発建設計画で、政府間協力の覚書を結んだ。 知識経済省は 「早ければ来年末にも受注契約を結べる」 と自信をみせる。

 まずは海外での実績を作るという 「韓国流」 は成功するのか。 米建設会社ベクテル出身で、発電所建設の助言などで著名な米弁護士事務所に所属するポール・マーフィーは 「韓国の手法が( 黒字を生み出し )本当にうまくいくかどうかは、UAE原発が動き出す7年後まで分からない。 価格勝負の提案を、何回もやれる体力があるかどうかも疑問」 と話す。





( 2014.05.20 )

  



『アラブ首長国連邦行事訪問』 に批判

 朴槿恵パク・クネ大統領が20日午後( 韓国時刻 )、アラブ首長国連邦パラカ原子力発電所建設現場で開かれた原子力発電所1号機原子炉設置行事に参加して、マンスル副総理兼大統領室長官と共に記念撮影を終え、祝いの拍手をしている。

 19日セウォル号惨事関連対国民談話を発表した後、アラブ首長国連邦( UAE )に発った朴槿恵大統領が20日( 現地時間 )、韓国が現地で建設中のパラカ原子力発電所1号機原子炉の設置行事に参加した。

 この日の行事は李明博政府時である2009年に韓国が受注した186億ドル規模の原子力発電所プラント事業の一環で、4号機まで設置される予定の工程中で1号機建設のための着工式だ。
 しかしセウォル号惨事以後 “安全” が注目されている時点で、先進国では “安全問題” のために廃棄を推進している原子力発電所輸出行事に大統領が直接参加することが適切なのかという批判が出ている。
 キム・チェナム正義党議員は 「大統領が国民の生命と安全を考えるなら、危険な原子力発電所セールスで国益を云々するのではなく、老朽原発など国内の原発安全対策に万全を期さなければならない時」 と話した。
 環境運動連合とエネルギー正義連帯などの市民団体も声明を出して 「アラブ首長国連邦原子力発電所輸出の件は、各種の疑惑と特恵論争が起きている事項」 とし 「安い価格と特戦司令部派兵、100億ドル金融支援などの特典について明らかにしなければならない」 と話した。
 環境団体は李明博政府時に広報された “400億ドル契約” と関連しても実状の原子力発電所建設は180億ドル規模で、当時の契約額も膨らませてあり事業性と安全性を確かめてみなければならないということだ。

 一方、朴大統領は行事の後、アラブ首長国連邦に派兵中の韓国 “アーク部隊” 宿舎を訪問して将兵を励ました。 朴大統領が海外派兵部隊を慰問したことは今回が初めてだが、アラブ首長国連邦政府は自国の特殊部隊訓練を支援している “アーク部隊” の派兵規模を現在よりさらに拡大することを望んだと言う。





( 2014.05.21 )

   ……


 朴槿恵パク・クネ大統領が20日、アラブ首長国連邦( UAE )で、韓国の技術で建設しているUAE原発1号機の原子炉設置式に出席した。 今回の行事は韓国型原子炉( 斗山重工業製作、1400メガワット級 )の初の海外デビュー舞台。 設置式はUAEのアブダビ市内から西側に270キロ離れたバラカ地域で開かれた。 韓国電力と現代建設が原発を建設中のところだ。

 UAE側からは当初出席する予定だったムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAEアブダビ皇太子の代わりに、弟のマンスール・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン副首相( マンチェスターシティ球団オーナー )が出席した。

 前日に旅客船 「セウォル号」 に関する国民への談話を終えた後、往復フライト時間( 17時間 )を除けば滞留時間が23時間となる 「ワンポイント」 訪問に出発した朴大統領はこの日、UAEに到着し、アラブ地域初の女性閣僚であるルブナ・カシミ国際協力開発相に迎えられた。

 設置式の後には迎賓館のエミリートパレスホテルでムハンマド皇太子と昼食を兼ねて会談した。 2月の皇太子の訪韓に続く2度目の会談だ。 皇太子がまずセウォル号の惨事に関し 「犠牲者に哀悼の意を表す」 と述べると、朴大統領は謝意を表した後、 「予期しなかった海洋事故で大幅に日程を縮小して訪問することになり残念に思う」 と答えた。 続いて 「外国訪問が難しい状況でも訪問を決めたのは、2月に( 答礼訪問の )約束もし、両国関係の重要性を考慮したため」 とし 「バラカ原発の場合、原発建設を越え、今後100年間パートナー関係を続けていく核心事業としての象徴性も非常に大きい」 と述べた。

 朴大統領は 「祝福」 という意味のバラカに言及しながら 「原発事業が両国の友情に祝福になることを願う」 と述べた。 皇太子は 「両国関係が “戦略的パートナー関係” を越えて “兄弟国家” に発展している」 と評価したと、青瓦台チョンワデは伝えた。

 両首脳は、韓国がUAE原発を建設するだけに15~30年間続く原発の運営も韓国が引き受けることについて歩み寄った。 原発運営会社設立交渉が終われば、2009年12月の原発4基建設を受注して受けることになった186億ドル( 約1兆9000億円 )に加え、原発1基あたり50億ドルずつ計200億ドルの追加収益が生じる。

 両国は原発分野の人材養成に関する3件の了解覚書( MOU )も締結した。 ▼毎年韓国工学部卒業者約50人のUAE原子力公社直接採用推進 ▼毎年両国青年人材約30人の相互派遣と原発関連機関でのインターンシップ教育 ▼原発運営・整備、検査・診断など原発サービス産業共同育成の推進 ── だ。




 




( 2014.12.22 )

 ……


 「“雨” が降っただけで機能停止」 「部品の偽造」 「事故隠」 … 韓国の原発で信じられないようなトラブルが続出している。 それでも韓国は今後も国内の原発を増やす計画だ。 さらには国策で原発輸出を推進するというが、 「韓国製は本当に大丈夫?」 と、その安全性を疑う声も広がってきた。

……

 「ちょっと日本では考えられない …」。 日本の電力関係者が驚く事件が今年8月25日、韓国の原発施設で発生した。 韓国南部、釜山郊外にある6基の原発を操作する施設が、豪雨により停電し、約23時間にわたりほぼ機能を停止していたというのだ。

 原発を運営する韓国水力原子力( 韓水原 )によると、釜山郊外の古里1~4号機と新古里1、2号機の運転を操作する同社の本部建物が、豪雨で地下の配電盤が水に漬かったため、同月25日午後4時( 日本時間同 )に停電した。 復旧したのは26日午後3時ごろだったという。

 当時、原子炉5基が稼働中だったが、うち1基は蒸気を冷却する海水の取り入れ口から雨水が大量に入ったため運転を停止。 残り4基は別の電源から電力供給を受け運転を継続した。 制御装置も機能したことから、韓水原は 「安全性に問題はなかった」 と説明しているという。 しかし、地震や津波ではなく、 「雨」 で操作施設が停止したことに衝撃が広がった。

 韓国の非政府組織( NGO ) 「環境運動連合」 によれば、当局は古里1号機の場合、 「1時間で200ミリの降雨量でも安全性に問題はない」 と説明していたという。 だが、25日の同原発周辺の降雨量は1時間で約117ミリだったため、当局の安全性評価にも疑問が投げかけられている。

 韓国ではこうした原発のトラブルが頻発している。 聯合ニュースによると、新古里原発1号機が10月10日午後( 日本時間同 )、トラブルにより運転を停止した。 韓水原は発電した電気を送る設備に異常が発生したためで、 「原子炉は安全な状態を維持している」 と説明したが、詳しい原因は不明だ。 また、隣接する新古里2号機も出力を抑えて運転したという。

 1、2号機はいずれも出力100万キロワットで、2011年と12年に商業運転を開始した。 韓国では今年に入って故障により原子炉の運転を止めるのは、新古里1号機で6回目になるとされる。




 原発トラブルの詳しい原因は明らかにされていないが、どうしても連想してしまうのが、昨年発覚した 「部品の偽造」 問題だ。

 聯合ニュースによると、新古里1、2号機と、韓国南東部の慶州にある新月城1号機の3基で、試験成績表が偽造された不良部品の使用が発覚。 安全点検のため昨年5月末から約7ヵ月もの間、稼働を停止した。

 こうした部品偽造に代表される安全意識の欠如が、原発トラブルを誘発している可能性は否定できない。

 また、業界の隠蔽体質もあらわになっている。 月城原発1号機では09年、使用済み核燃料を原子炉から出し、燃料プールへ移す過程で燃料集合体が破損し、燃料の一部が格納容器内の床に落ちる事故があったことが明らかになっている。

 韓国の原子力安全委員会は外部への放射能漏れはなかったとしているが、韓水原は事故を同委に報告しなかった。 同委も韓水原の納品不正事件を捜査した検察から昨年8月に情報を得て事故を確認したが、公表していなかった。




 韓国では現在、23基の原発が稼働中だ。 さらに韓国政府は、発電コストが低い原発を増やす方針を打ち出している。

 1月にまとめられた長期エネルギー計画では、2035年に発電量ベースの原発依存度を、現在の30%程度から40%以上に高める方針を示している。 このため原発は現在の23基に加えて、16基以上を新設するとみられている。

 韓国政府が国内で原発を増やす背景には、原発輸出を強化する狙いもあるようだ。 原発の新設がなくなれば、ノウハウの伝承や技術の向上などが難しくなるからだ。

 実際、韓国の官民挙げての受注活動に、日本は原発輸出で劣勢に立たされている。 日本勢は09年12月末、アラブ首長国連邦( UAE )の原発受注で韓国の企業連合に敗れた。

 当時の李明博大統領が直轄チームを率い、ムハンマド皇太子に電話攻勢をかける力の入れようで、トップセールスを含め原発輸出を強化している。

 原発の受注額は周辺の施設も含めれば、1つのプロジェクトで1兆円規模に達する大型案件だ。 原発輸出が増えれば、その経済効果は計り知れない。

 だが、ひとたび原発事故が起これば、放射性物質の拡散など影響は国境を越えかねず、安全性は最も優先されなければならない。 今年11月には古里原発と隣接する新古里原発で放射性物質が外部に流出する重大事故が起きたとの想定で、日中韓が初めて一緒に原発事故の訓練を行ったほどだ。

 





( 2016.09.19 )

  



原発密集地帯周辺の地震(規模5.0以上)現況
 古里原発8基 「世界最多」 にもかかわらず 政府は2基追加建設を承認 半径30キロ圏内に380万人が居住 月城原発、ハンウル原発、ハンビッ原発も10位以内 25基のうち19基が集中している東南部一帯に 60あまりの活断層が分布 「強震に襲われれば大災害」 警告

 12日夜に発生した観測史上最大規模の地震は、韓国の原子力発電所( 原発 )の密集度が世界で最も高いということが重なり一層不安を高めている。 韓国は原発の国土面積当たりの設備容量はもちろん、団地別の密集度、半径30キロメートル以内の人口などすべて世界1位だ。 地震の事故による危険もその分大きくならざるを得ないと専門家らは指摘する。

 世界で原発は30ヵ国189団地448基が運営されている。 13日、原子力安全委員会が2014年に国会に提出した資料 「原発密集度国際比較」 によると、韓国は国土面積9万9720平方キロメートルに、8万721メガワットの発電容量の原発を稼動しており、密集度が0.207だった。 原発を10基以上保有している国の中で最も高い。 2位の日本は0.112で韓国の半分の水準だ。 原発100基を運営し、最も多くの原発を保有する米国も密集度は0.01であり、韓国の20分の1に過ぎない。 この比較を進めていた当時、韓国は原発23基を運営中だったが、現在は25基に増え、密集度は0.282( 今年6月基準。 エネルギー正義行動分析 )となり、より高くなった。

 原発団地別に見た密集度はさらに深刻だ。 環境団体グリーンピース・ソウル事務所は 「8基ある古里コリ原発はすでにカナダのブルース原発とともに世界最多の原子炉密集団地というタイトルを持つ」 と明らかにした。 特に設備容量を基準にした場合、古里原発は8260メガワットであり、ブルース原発( 6700メガワット )を凌駕する。 古里原発は半径30キロメートル以内の人口も380万人にのぼる。 「全世界で原発が6基以上集まっている団地の中で、周辺に人間が最も多く住んでいるところ」 とグリーンピース側は説明した。 古里だけでなく、月城ウォルソン、ハンウル、ハンビッなど、韓国の全ての原発団地が世界最多の原子炉密集団地のうち10位以内に入る。


韓国の原発は密集度世界1位、古里原発の周辺人口は福島の22倍
 2011年の東日本大震災や福島原発事故は、原発団地内で同時に事故が起こり得るという警戒心を全世界に伝えた。 当時の福島原発6基のうち3基の核燃料棒が溶融した。 東国大学のパク・ジョンウン教授( 原子力・エネルギーシステム工学 )は 「政府は韓国が日本より地震の可能性が低いという点を強調してきたが、地震などの事故は急に発生する。 団地内での発電容量が大きいということは、放射線放出量が多いということであり、付近に住民が多く住んでいるということは、その分事故による被害がより大きいということだ。 これらを考慮し 『潜在的危険性』 を計算すると、古里原発は福島原発よりはるかに深刻なレベルで危険だ」 と主張した。 韓国は日本より地震発生率が低い方だが、一度事故が起こればそれによる危険性が数十倍大きくなり得るという話だ。 何よりも古里原発の半径30キロメートル以内に住む住民が多いという点に専門家たちは注目している。 福島原発( 約17万人 )に比べると22倍も多い。

 このような事情にもかかわらず、政府は6月に新古里シンコリ5、6号機の建設許可を承認した。 古里の近隣地域にはすでに8基あるが、10基に増えることになる。 グリーンピースは 「釜山、蔚山ウルサン慶州キョンジュが位置する朝鮮半島東南部地域には、およそ60の活断層がある。 地震を引き起こす恐れのある活断層が韓国で最も多く分布しているところに原発を新しく建設するのは危険な決定」 と警告する。 環境運動連合脱核チームのヤンイ・ウォンヨン局長は 「福島の教訓は当局が予想した以上の深刻な津波が発生し、事故が拡大したものだが、政府はまだその教訓を肝に銘じていないようだ」 とし、 「現在のように自ら縮小して設定した原発の耐震設計基準に固執し、同時多数事故に備える対処もまったく行なっていない状況では、予測不可能な自然災害に対処することは難しい」 と主張した。





( 2017.03.07 )

    西



韓国・古里原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プールで火災、爆発が起きた時の
放射性物質セシウム137の拡散状況に関するシミュレーション結果(カン・ジョンミン博士提供)
 原発の重大事故で、西日本の大半が避難を余儀なくされる ――。 そんな計算結果が、ひそかに関心を集めている。 日本の原発が舞台ではない。 海を挟んだ隣国、韓国での原発事故を想定した話だ。


■ 韓国人の学者が警鐘

 シミュレーションをしたのは、韓国人の核物理学者で現在、米ワシントンのシンクタンク 「天然資源防衛委員会」 ( NRDC )の上級研究員を務める姜政敏カン・ジョンミン博士( 51 )ら。 カン博士が昨年10月末に韓国で発表し、その後も日韓での核問題関連の集会で警鐘を鳴らしている。 国際会議で来日したカン博士に話を聞いた。

 カン博士らがシミュレーションの舞台に選んだのは、韓国南東部、釜山市の海沿いにある古里コリ原発だ。 古里は、軍出身の朴正熙パク・チョンヒ独裁政権時代の1978年に1号機が完成した韓国最古の原発。 韓国内で商業運転する25基のうち7基が海沿いに並ぶ、韓国最大規模の 「原発銀座」 だ。

 ここでは原発の運転で生じる 「使用済み核燃料」 を、各原子炉に隣接する貯蔵プールで冷却、保管している。 しかし、使用済み核燃料はどんどん増えており、間隔を詰めて 「密集貯蔵」 している。 このうち古里3号機には、韓国の原子炉別では最も多い818トン分の使用済み核燃料( 2015年末 )が貯蔵されている、とされる。 貯蔵プールが手狭になった1、2号機の使用済み核燃料も移送され、3号機で保管しているためだという。

 カン博士はこうした貯蔵方法の危険性を指摘する。 もし災害やテロなど、何らかの原因で電源が喪失し、使用済み核燃料を冷やす機能が失われ、温度の急上昇で火災が起きたらどうなるのか。 博士らは、この3号機の使用済み核燃料プールで冷却機能が失われ、燃料プールの水位の低下で使用済み核燃料がむき出しになって火災が起き、さらに建屋内に水素ガスが充満して爆発した事態を想定。 使用済み核燃料に含まれる放射性物質セシウム137が次々と気体化して大気中に放出された場合、どのように拡散するかを検討することにした。

 15年1月1日に事故が発生したとし、それから1週間の実際の天候状況や風向き、風速などをもとにセシウム137がどのように拡散し、地表に降下するかをコンピューターで計算。 放射線防護に関する国際基準などをもとに、避難を余儀なくされる地域の面積と人口、さらにセシウム137の半減期にあたる30年を超えても避難し続けなければならなくなる地域を算定した。

 その結果、明らかになったのは、最も大きな被害が予想されるのは、原発事故の当事国である韓国ではなく、日本になるということだ。 韓国では最大54000平方キロメートルが避難対象地域になり、最大2430万人が避難を余儀なくされる。 これに対し、日本では最大67000平方キロメートルが避難対象地域になり、最大2830万人が避難を迫られる、というシミュレーション結果が出た。 被害は南北軍事境界線を挟んだ北朝鮮や中国など広範囲に及ぶ。 セシウム137の半減期である30年が過ぎても引き続き避難したままとなるのは最悪の場合、韓国では1900万人、日本は1840万人、との計算結果が出た。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-




( 2015.05.22 )

 


 22日の韓国・東亜日報によると、アラブ首長国連邦( UAE )の王族マンスール氏が会長を務める国際石油投資会社( IPIC )が、韓国政府を相手に1838億ウォンの税金返還を求める訴訟を進めている。 韓国政府は、米国系私募ファンドのローンスターに続き、 「投資家・国家間訴訟」 ( ISD )に巻き込まれた。

 記事によると、IPICのオランダ法人ハノカルホールディングスBVが韓国政府を国際投資紛争解決センター( ICSID )に提訴した。

 ハノカルは1999年、現代オイルバンクの株式の50%を取得し、2010年8月に持ち分を現代重工業に1兆8381億ウォンで売却した。 この際、売買代金の10%に当たる1838億ウォンを韓国国税庁に源泉徴収された。

 しかし、ハノカル側は、韓国とオランダは二重課税回避条約を締結しており、韓国での課税が免除されると主張。 韓国で税金返還訴訟を起こしたが、一審、二審で敗訴している。 現在は最高裁で係争中だが、ハノカル側は韓国内の裁判所では勝訴の可能性が低いと判断し、ISDを提起したという。 ハノカル側は 「韓国政府が投資保証協定に違反した」 と主張している。

 IPICは、アブダビ政府が100%を保有する石油関連投資法人。 マンスール氏はアブダビ国王の次男で、イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティ球団のオーナーでもある。

 この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

サムスンの会長より数百倍お金持ちだというマンスール。
韓国は情治国家、法律なんて有って無いようなモノ。 国内では誤魔化せても、国際的には通用しない。 糞国家!
韓国が払う金額の一部は、マンチェスター・シティの移籍料になるはず。
韓国政府はこれから、ISDで大変なことになるだろう。
ついに来たか。 予想はしてたが、ショック。 韓国政府がどう対応するか、見届けよう。
まったくどういうこと? 驚いた。 国の崩壊ってこんなに簡単に訪れるものだったとは ……。
マンスールはお金持ちでしょ? いったいなぜ韓国に? 今シーズン、新しい選手をたくさん入れるつもり?
マンスールがお金持ちだから、もてはやされていたが、どうでもいい。 国の財産を取られてしまう。
本当に韓国政府は無能だよ。 こんなことを隠していたなんて。
負けたら、税金爆弾。
全世界のATM韓国。
政府は国民から税金を取り、他国は韓国から巻き上げる。 後進国より豊かなことは分かっているが、憂うつ。
李明博元大統領がやったことだから、彼に支払ってもらえ。 税金で払うのはイヤだ。


( 2017.12.22 )



UAE皇太子のおい19日に訪韓

 保守系最大野党 「自由韓国党」 の金聖泰キム・ソンテ院内代表は21日、任鍾ソクイム・ジョンソク大統領秘書室長のアラブ首長国連邦( UAE )特使訪問疑惑と関連、 「UAE側から 『文在寅ムン・ジェイン大統領が自ら来て謝罪するか、側近が来て謝罪しなければただでは置かない』 という断固とした姿勢を示したため、任鍾ソク室長がこうした時期に行かざるを得なくなったという現地の情報提供があった」 と語った。

 金聖泰院内代表は同日の党会議で、 「文在寅政権は李明博イ・ミョンバク元大統領のことを内密に調べるためにUAE王室と原発事業契約過程まで視野に入れていたが発覚し、国交断絶や原発事業でとてつもない危機を招いた」 と述べた。 金聖泰院内代表は 「このような状況で任鍾ソク室長はなぜ休暇を取るのだろうか。 すぐに戻って疑惑について詳細に述べよ」 と言った。 同代表は電話取材に 「自由韓国党は国益と国の信頼関係のため自制している。 だが、大統領府が引き続き以前の政権のせいにばかりするなら、我々が知っている情報を公表するなど特段の措置を取ることもある得る」 と答えた。

 こうした中、任鍾ソク室長がUAE訪問時に面談したムハンマド皇太子のおいが19日未明、随行団と共に韓国を訪れ3日間滞在した後、21日午後に出国したことが確認された。 韓国外交部( 省に相当 )は同日の記者会見で、 「在UAE大使館の要請でムハンマド皇太子のおいであるザーイド・マンスール氏が搭乗した特別機の離着陸に関連して協力した」 と述べた。 ザーイド・マンスール氏の父はシェイク・マンスール王子で、皇太子の側近だ。 シェイク・マンスール王子は2014年5月、朴槿恵パク・クネ=当時=がバラカ原発1号機の原子炉設置式を祝うためUAEを訪問した時、行事に同行した。

 自由韓国党関係者は 「任鍾ソク室長は18日午後から、予定されていなかった3.5日間の休暇を取ったが、皇太子のおいの訪韓と関連しているのではないかと疑われる」 と話す。 これに対して、大統領府関係者は 「皇太子のおいの訪韓は、プライベートな目的のためだと聞いている。 任鍾ソク室長とは関係がない」 と話している。




( 2017.12.25 )



こんな海岸沿いの土剥き出しの崖っぷちの原発、ありえんだろぉ~!
 アラブ首長国連邦( UAE )のバラカ原子力発電1号機の完成予定時期が今年5月から来年に延期されたことに関連し、韓国側のミスで建設が遅延したため、最大で2兆ウォン( 約2100億円 )の遅延補償金が発生する可能性が指摘されている。 韓国政府は工事遅延が韓国側とは無関係だとして補償金発生を否定している。

 韓国大統領府( 青瓦台 )の任鍾晳イム・ジョンソク秘書室長のUAE訪問をめぐっても、韓国政府が訪問目的を明らかにしなかったため、原発遅延問題と関連があるのではないかとの疑念を生んでいる。 こうした中、政府関係者は 「実際の遅延理由は原発の運転そのものに関するものではなく、細部の内容変更だ」 と説明した。

 政府関係者は24日、UAE原子力規制庁( FANR )が今年5月、バラカ原発1号機の運転免許付与を延期し、年内稼働開始の計画も来年に延期されたとした上で、 「主な理由は原発外部の安全強化などに対するUAE側の安全・保安審査が遅れたためだ」 と述べた。 遅延の事実自体は既に国内外に知られている。 同関係者は 「バラカ原発1号機のうち韓国側の担当部分は建設が完了しているため、巨額の遅延補償金が生じるとの疑惑はとんでもない」 と語った。 事業を統括している韓国電力公社は 「建設過程には問題が全くない」 と強調した。

 バラカ原発事業の受注額は186億ドル( 約2兆1100億円 )だ。 韓電はUAEの首都アブダビの西270キロメートルにあるバラカ地区に出力140万キロワットクラスの新型原発4基を建設している。 1号機は工事が96%完了し、来年完成。 2020年までに残る3基も稼働する予定だ。

 また、UAEをめぐっては、李明博イ・ミョンバク政権当時に結んだアブダビでの石油鉱区開発契約から韓国が撤退しようとしたため、UAEが遺憾を表明したとの疑惑も浮上している。 これについて、関連政府系企業は 「事実とは異なる」 と反発している。 韓国石油公社とGSエナジーは2012年3月、アブダビ国営石油会社(ADNOC)と未開発油田3カ所の開発契約を結んだ。 石油公社関係者は 「アブダビの3鉱区事業は問題がない。 監査院からカナダのハーベスト鉱区買収、英ダナ・ペトロリアムの買収などについて問題点を指摘されたが、アブダビの鉱区開発は指摘を受けていない」 と話した。 共同開発者であるGSエナジーは 「12年に開始したアブダビ鉱区開発事業では、第1鉱区は商業的開発に成功し、1日当たり5万バレルの原油を韓国に輸入している。 残る探査鉱区は19年ごろに商業的開発が実現するとみられる」 と説明した。





( 2018.12.17 )

     …… 調




アラブ首長国連邦のクリステル・ヴィクトルソン連邦原子力規制庁
(FANR)庁長が、米国のエネルギー分野専門誌「エネルギー・
インテリジェンス」(EI)とのインタビューで、昨年3号機格納
建物の壁でグリスの漏出が発見されたと明らかにした。
 アラブ首長国連邦連邦のクリステル・ヴィクトルソン原子力規制庁( FANR )庁長は先月21日、米国のエネルギー分野専門紙 「エネルギー・インテリジェンス」 ( EI )とのインタビューで、昨年3号機の格納建物の壁でグリスの漏出が発見されたと明らかにした。 ヴィクトルソン庁長は 「予想外の所からグリスが流れ出始めた」 として 「作業者が一カ所で空隙を発見した」 と明らかにした。 該当インタビューは7日 「パラカ原子力発電所は魔法を失ったか?」 というタイトルの記事に含まれた。 アラブ首長国連邦の原子力規制庁は、韓国の原子力安全委員会のようにアラブ首長国連邦の原子力公社エネク( ENEC )などを管理監督する連邦政府の機構だ。

 グリスが漏れ出たというのは、当初知らされた問題の “空隙” より深刻な水準である “亀裂” がある可能性を示唆する。 厚さ100~120センチの格納建物の壁は、原子炉の異常などで内部の圧力が増加しても耐えられるよう、壁内に金属のケーブル “テンドン( 腱 )” を複数埋設する。 コンクリート打ちを終えれば、鉄鋼材の円筒内に入れたテンドンを引き寄せ、壁に張力をかけるいわゆる 「ポストテンショニンング」 工法を使うが、この過程を容易にするため円筒内にはグリスを注入する。

 したがって、グリスが外壁で発見されたということは、壁に亀裂があるかもしれないという話になる。 今年8月、同じ問題が発見された全羅南道霊光ヨングァンのハンビッ4号機は、現在もグリスの漏洩部位を探しているほど、簡単でない問題だ。 「エネルギー・インテリジェンス」 も 「テンドンからコンクリート壁までの “漏洩経路” ( leakage path )がありうる」 という業界専門家の説明を伝え、アラブ首長国連邦の原子力発電所建設の 「技術的問題が予想より大きくなった」 と評価した。

 アラブ首長国連邦側は、原因調査と補修工事中だと明らかにした。 エネクは、4日にホームページを通じて 「パラカ原子力発電所2号機と3号機で空隙が発見された」 と公式に認めた。 エネクが空隙の存在を対外的に認めたのは、今回が初めてで、10月16日にキム・ジョンガプ韓国電力社長が国政監査で 「アラブ首長国連邦の原子力発電所にも空隙がある」 と明らかにしてから約2カ月ぶりだ。 エネクは特に、韓電、現代建設、サムスン物産の “コリアチーム” とだけの作業ではなく、エネクと契約した 「独立的なコンクリート専門家」 も調査に参加したと明らかにした。

 エネクは公式立場文で 「パラカ2・3号機の整備が、原子力発電所建設プロジェクトには影響を与えないと予想される」 と明らかにした。 しかし、当初3号機の竣工目標時期は今年末であり、もう半月しか残っていない。 1~4号機全体を対象に空隙の存在有無を確認するために、すでに追加の費用と時間が少なからず投入された。 さらにエネクと韓電は契約当時 「工事遅延時には一日60万ドルの遅滞補償金を賦課する」 ことに合意した。 脱原発のためにアラブ首長国連邦の原子力発電所事業が揺らいでいるという原子力発電所業界など一部の主張とは異なり、建設中に生じた技術問題が工期の遅延および費用増加の憂慮を膨らませている。 ヴィクトルソン庁長はインタビューで 「私たちが運営許可を出す前に、彼ら( 韓国 )がこの問題を直さなければならない」 と話した。




( 2017.10.17 )

     




韓電コンソーシアムがアラブ首長国連邦に建設中のバラカ原子力発電所
 韓国国内の原子力発電所のいたる所で、放射線流出を防ぐ防護壁の役割を果たす原子炉格納建屋の壁の内側に空隙( すき間 )があることが明らかになり、原発の安全に対する不安が高まっている中、韓国電力コンソーシアムがアラブ首長国連邦( UAE )で建設している 「バラカ」 原発1~4号機の格納建屋にも空隙が見つかり、補修工事が行われていると明らかになった。 最近建設された国内の原発も調査すべきだという指摘が出ている。

 韓国電力のキム・ジョンガプ社長は16日、国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会の国政監査で 「原発の利用率が低かったのは脱原発のためか」 というウ・ウォンシク共に民主党議員の質問に答え、 「UAEの原発でも空隙が見つかり、( 施工が )中断されていた」 と明らかにした。 国内の原発利用率がここ1~2年の間低かったのは、過去の不良工事のせいでできた空隙や腐食鉄板に対する補修工事が必要だったためと説明する過程で、韓電が韓国水力原子力・現代建設・サムスン物産・斗山重工業などとコンソーシアムをつくり建設中のUAE原発でも同じ問題が発生したと明らかにした。

 この日、取材の結果、UAEのバラカ原発で空隙が初めて発見されたのは昨年8月だ。 当時建設中のバラカ3号機の格納建屋で空隙が初めて見つかった。 その後、1・2・4号機の格納建屋に対する全数調査が行われ、その結果、すべての原発で空隙が見つかり、現在も補修作業が行われている。 コンクリート壁の空隙は、主に打設作業がきちんと行われないと発生する。 格納建屋のコンクリートは壁の厚さだけで1.2メートルである上に、壁の中に鉄筋が縦横に複数埋設されるため、特にコンクリートの打設作業に気をつけなければならない。 コンクリートがしっかり詰められないまま固まるとすき間ができるからだ。

 今回のUAE原発の空隙発生は、竣工遅延に対する遅延補償金の議論に広がる可能性もある。 バラカ原発1号機は当初、2016年末に核燃料を装填し、昨年4月に竣工の予定だった。 しかし、建設期間が長引き、昨年韓電コンソーシアムとUAEが原子力公社であるENEC間の協議を通じて、竣工時点を今年末まで延ばした。 このような中、空隙補修工事がまだ進行中なので、今年中に竣工できなければ、ENEC側が遅延補償金を要求する場合もある。 韓電とENEC間の契約によると、遅滞補償金は1日60万ドルだ。

 老朽化した原発ではなく、建設中の新原発でも空隙が発見されただけに、韓国の原発業界の原発施工能力にも疑問が提起されるものと見られる。 ハンビッ2号機をはじめ国内の原発のあちこちで空隙が見つかっていることについて、韓水原と原子力安全委員会などは 「約20年前の施工能力が不十分だった」 という趣旨の説明をしてきた。 しかし、バラカ原発は国内の原発技術が総結集した最新モデルのAPR1400だ。 そもそもUAEは、APR1400が使われた新古里シンコリ3・4号機をモデルとし、韓国方式の原発を建設することにした。 APR1400は国内では新古里3・4・5・6号機と新ハンウル1・2号機に適用されている。

 ウ・ウォンシク議員は 「最新原発というUAEの原発にまで空隙が見つかったのはショックだ」 とし、 「UAE原発モデルである新古里3・4号機に対する調査も避けられないと思われる」 と指摘した。




( 2017.10.20 )

     



 韓国電力公社のアラブ首長国連邦( UAE )原発4基に対する運営・投資契約条件に、法律紛争が生じた場合、第3国ではなくアラブ首長国連邦の裁判所で仲裁を受けなければならないなど、韓国側に不利な契約条件が多数含まれたことが確認された。 また、韓国電力の原発運営期間も当初の60年間ではなく、10年間だけ保障されていたことが分かった。 昨年10月、朴槿恵パク・クネ政権と韓電は 「運営権を60年間確保して494億ドル( 約55兆ウォン=約5兆4600億円 )の売り上げが期待される」 とバラ色の広報をしたが、実際の内容はこれと程遠いと指摘されている。

 19日、共に民主党のキム・ビョングァン議員とホン・イクピョ議員が公開した韓電の 「アラブ首長国連邦における原発建設および運営事業の持分投資・出資 ( 案 )」 などの資料によると、韓電は2009年から進めたアラブ首長国連邦原子力公社( ENEC )と原子力発電所の運営・投資契約交渉で、アラブ首長国連邦側の要求をほとんど受け入れた。 契約内容が公開されたのは今回が初めてだ。

 アラブ首長国連邦の原発事業は大きく分けて二種類だ。 一つは2009年12月、韓電コンソーシアムがENECと結んだ186億ドル規模の建設契約である。 また、もう一つは昨年10月に契約した発電所の投資・運営事業だ。 発電所の投資・運営に向けて、韓電とENECは18対82の割合でバラカワン( ( Barakah One・事業法人 )とナワエネルギー( Nawah Energy・運営法人 )を設立することにした。 当時、政府はこの契約を韓国原発輸出のモデルだと広報した。


UAE原発の投資・運営事業における主要条件の変更内容

 しかし、具体的な内容を見てみると事情が異なる。 まず、韓電とENEC間の法律紛争が発生すれば、当初英国法に準じて、ロンドンの裁判所で仲裁を受けるという合意になっていたが、アブダビ裁判所でアラブ首長国連邦法に基づいて裁判を受けるものに変更された。 昨年9月に開かれた韓電理事会でチョ・ジョンヒョク理事( 元セヌリ党議員 )は 「最後の砦である公正に裁判を受ける権利は確保しなければならないのではないか。 アブダビで裁判を受けるのは本当に最悪だ」 と批判した。

 収益率も、当初16%で合意したが、10.5%と大幅に低下した。 運営権も60年間ではなく、10年間だ。 韓電海外原発開発処長は理事会で 「O&M( 経営および維持 )は、まず10年契約することになっている」 と話した。 結局、運営権契約を延長するためには再び交渉しなければならず、紛争が生じれば現地裁判所で仲裁を受けなければならない立場だ。 また、原発の輸出に伴う売上と配当額( 60年基準 )も2012年の690億ドルと216億ドルから、昨年には494億ドルと132億ドルにそれぞれ低くなった。

 契約がこのようになったのは、朴槿恵政権が原発輸出の成果を出そうと急いだことも背景として働いたものとみられる。 昨年、交渉が膠着状態に陥ると、ユ・イルホ経済副首相は5月、アブダビで開かれた両国の経済共同会議に出席し、直接 「年内の契約完了」 合意を引き出した。

 ホン・イクピョ議員は 「アラブ首長国連邦の原発は、李明博イ・ミョンバク政権の性急な決定と朴槿恵政権の無能によって、目標収益率の達成するかどうかも不透明な継ぎはぎの契約で終了した」 と批判した。 キム議員は 「改悪を重ねた原発の契約は、リスクを問わず成果の広報に偏った海外資源開発と似ている」 と指摘した。 これについて、韓電側は 「契約の内容は秘密のため、( それについては )何も言えない」 と明らかにした。




( 2018.01.12 )

     




韓国・アラブ首長国連邦首脳会談を実現するためにアラブ
首長国連邦を訪問した李明博大統領が、2011年3月13日
午後(現地時間)アブダビ市内のムッシュリーフ宮で
ハリファ・ビン・ザイド・ナフヤン大統領との首脳会談を
行う前に握手している
 李明博イ・ミョンバク政府がアラブ首長国連邦( UAE )の原子力発電所の受注と連携して軍事協定を秘密裏に結んだということがわかり、中東進出企業の神経が逆立っている。 特に、アラブ首長国連邦と敵対関係にあるイランやイエメンなどで活動する企業は、事業に支障を来す恐れがあるという懸念を示している。 シーア派のイランなどがアラブ首長国連邦との 「有事の際の軍事支援」 合意を 「韓国とスンニ派の同盟」 と受け止めれば、事態は深刻になる。 カルドゥーン・アル・ムバラク・アラブ首長国連邦行政庁長は10日に韓国を出発したが、火種は残っているということだ。

 11日、中東に進出しているある公企業の関係者は 「まだイランやイエメン国内のシーア派の反発の気流は目立たないが、イランは韓国の主要貿易国でもあるだけに、未来が懸念されるのは事実だ。 事態が深刻になり、中東諸国に進出した企業が困難に直面するバタフライ効果が心配だ」 と話した。 韓国石油公社は、アラブ首長国連邦アブダビで鉱区開発事業をしており、韓国ガス公社はイエメンで液化天然ガスを輸入している。 イエメン内戦勃発後、安全上の理由でガス導入が中断されたが、長期の導入契約は維持されている。

 民間企業も不安なのは変わらない。 中東事業が活発な国内のある大企業の関係者は 「企業として一番大変なのは予測不可能な環境」 だとし、 「それなりに中東の不安な情勢が現地投資や生産活動に及ぼす影響を考えたうえで、事業着手や進行可否を決める。 しかし、最近わかった 『有事の際の軍事支援』 協約は知らなかったので、損得を計算したり、対策を立てられなかった」 と話した。 一方、まだ憂慮する状況ではないという見方もある。 GSグループの関係者は 「ジョージ・ブッシュ米政府時代、イランが 『悪の枢軸』 と指摘されると、米国と近しい韓国企業もイランから出て行けと言われたことはあった」 とし、 「今はそこまでではないものとみられる」 と話した。 GS建設は、アラブ首長国連邦とイランの両方に進出している。

 これに先立ち、キム・テヨン元国防部長官はインタビューで、2009年にアラブ首長国連邦から原発事業を受注する際に、有事の際の軍事介入を約束する秘密協定を結んだと明らかにした。 正義党のキム・ジョンデ議員はハンギョレとの電話インタビューで 「国民も知らない間にアラブ首長国連邦と兄弟のように近い国になることにしたということ」 と話した。

 韓国が、スンニ派( サウジアラビア )とシーア派( イラン )の代理戦の性格であるイエメン内戦など、中東紛争に誤って巻き込まれれば大型の惨事が起こる可能性は十分にある。 昨年12月、イエメンのアル・フティ反乱軍は韓国電力などが建設しているアラブ首長国連邦の原発に向けてミサイルを発射すると主張した。 アラブ首長国連邦政府は、すぐにアル・フティ反乱軍の主張を否定し、原発には問題がなかったが、いっとき現地の緊張感が非常に高まった。

 キム・ジョンデ議員は 「アラブ首長国連邦との協力を軍事分野から経済分野に方向転換すべきだ」 とし、 「さらにシーア派の国とも友好関係を維持することのできるバランス外交戦略で対処しなければならない」 と話した。