( 2014.07.09 )

   and


 「 歴史と向き合わない国に未来はない 」 ──。 朴槿恵・韓国大統領が慰安婦問題を巡る日本批判で繰り返し使ってきたフレーズだが、本当に歴史と向き合っていないのが誰か、明らかになりつつある。

 6月末に韓国人女性122人が、1953年の朝鮮戦争休戦後に在韓米軍基地周辺の 「 基地村 」 と呼ばれる地域でアメリカ軍兵士を相手に売春を強いられたとして、韓国政府を相手に国家賠償訴訟を起こした。

 この 「 米軍慰安婦 」 については、韓国政府が売春公認地域を指定して性病検査をし、感染者を強制的に収容する管理所まで設けたというのだから、れっきとした国家管理売春だ。 外交評論家・加瀬英明氏が語る。
 「日韓国交樹立の前年である1964年にソウルに行った時には、新聞に米軍基地周辺での慰安婦募集の広告が堂々と出ていました。 本人たちの意に沿わないかたちで米軍慰安婦にさせられた女性が数多くいるとされます」
 もちろん、旧日本軍の行ないが元慰安婦たちの 「 証言 」 だけで断罪されるべきではないのと同様に、今回訴えを起こした米軍慰安婦の主張がどこまで正しいかは史料をもとに精査されるべきだが、この訴訟は放っておくと支持率が急降下中の朴大統領をさらに悩ませることになる。
 「訴訟を支援するグループ内には、韓国政府が訴訟にまともに向き合わない場合、アメリカ政府を相手に補償を求めようとする動きがあります。 米韓政府間での責任の押し付け合いに発展しかねない」 ( 在韓国ジャーナリスト・藤原修平氏 )
 オバマ米大統領は4月に訪韓した際、朴大統領の日本批判に調子を合わせて慰安婦問題について 「 甚だしい人権侵害 」 と非難してみせたが、自国が同じことをしていたとなれば赤っ恥だ。
 「そもそも米軍慰安婦制度が生まれた背景には、朝鮮戦争期間中の米軍兵士による性犯罪の急増があり、そうした犯罪から韓国女性を守るために、基地村が整備された」 ( 加瀬氏 )
 ということだから、アメリカ政府に責任が及ぶのは自業自得である( ちなみに敗戦直後の日本でもアメリカをはじめとする連合国軍は慰安所の開設を要求した )。