( 2014.07.07 )

  
    


 慰安婦問題をめぐっての日本非難の動きがなお絶えない。

 韓国を訪問した中国の習近平主席も朴槿恵大統領と共同で慰安婦問題をまた提起して日本を批判するような言動をみせる。 一方、アメリカではなお韓国系勢力による慰安婦漫画展などという日本へのいやがらせも続いている。

 しかし、アメリカではこの慰安婦問題は8年以上も前に最高裁判所によって、 「 日本側の謝罪も賠償ももう必要はない 」 という判決が出たことは、日本側ではあまり知られていない。 司法には国際的に 「 一事不再理 」 という大原則がある。 一度、裁かれて判決が出た事件や容疑はもう二度とは裁かれない、という原則である。 だから日本側は米中韓などの各国に対し、いまこそこのアメリカ最高裁の判決を告げるべきなのだ。

 2006年2月21日、アメリカ最高裁は第二次大戦中に日本軍の 「 従軍慰安婦 」 にさせられたと主張する中国と韓国の女性15人が日本政府を相手どって起こした訴訟への最終判決を下した。 この訴えは在米のこの15人が 「 ワシントン慰安婦問題連合 」 という政治活動組織の全面支援を得て、2000年9月に首都ワシントンの連邦地方裁判所に対して起こした。

 訴訟の内容は女性たちが日本軍に強制的に徴用され、慰安婦となったため、そのことへの賠償と謝罪を日本政府に求める、という趣旨だった。 そんな訴えがアメリカ国内でできるのは、外国の国家や政府による不当とみられる行動はそこに商業的要素があれば、だれでもアメリカの司法当局への訴訟の対象にすることができるという特別な規定のためだった。

 訴えられた日本政府は、戦争にからむこの種の案件の賠償や謝罪はすべて1951年のサンフランシスコ対日講和条約での国家間の合意や、1965年の日韓国交正常化での両国間の合意によって解決済みと主張した。 ワシントン連邦地裁は2001年10月に日本側のこの主張を全面的に認める形で訴えを却下した。

 原告側はワシントン連邦高等裁判所に上訴した。 だがここでも訴えは2003年6月に却下された。 そして訴訟は最高裁へと持ち込まれ、同様に却下となったのである。

 アメリカの政府もこのプロセスで日本政府の主張への同調を示した。 だからアメリカでは司法も行政も、日本の慰安婦問題はすでに解決済みという立場を明確にしたという経緯があるのである。 この点を日本は世界に向けて、主張すべきなのだ。