( 2014.07.01 )


 韓国で米軍基地村でアメリカ兵相手にサービスを強制されたとして元 「米軍慰安婦」 の韓国人122人が韓国政府を訴えたというニュースから一週間が経つ。

 これは慰安婦問題におけるターニングポイントとなりうる衝撃かつ重要なニュースでもあり、韓国メディアはその後の続報はないものの、訴訟会見の模様を伝えたメディアも予想以上に多く、また日本も主要新聞を始めとしてこのニュースを伝えた。

 では、ここ最近、 「歴史を否定しようとしている」 と日本の慰安婦問題の対応に対する批判を繰り返している欧米メディアはどう伝えただろうか。

 今年、朴槿恵との会談でオバマ大統領が慰安婦について 「筆舌に尽くしがたい人権侵害」 と触れていたが、この米軍慰安婦訴訟は慰安婦問題がアメリカも傍観者ではなく当事者の立場であることを示す極めて重要なケースであると思われる。 ( 朝鮮戦争時の国連軍・韓国軍慰安婦については言うまでもない )

 当然のように大きく報道されるものと思われた。

 しかし、一週間経った現在、米軍慰安婦訴訟を報じた欧米メディアはゼロである。 英語メディアとしても報道しているところはない。

 正確に言えば、朝日新聞の英語版がこの事件を簡略に訳し報じており、朝日新聞英語版をソースにしてRT( 反米ロシアメディア )が報じている。 それのみだ。

 確実に言えるのは、この問題を大きく扱おうという意志は欧米メディアにはないということだ。

 欧米メディアは 「人権侵害を認めよ」 と強い態度で日本を批判しつづけてきたが、自分たちに振りかかる問題、あるいは 「日本の残虐行為」 というフレームワークから外れた事件に関しては全く報じないということだ。

 これは戦略的に報じてないとか、圧力がかかっているということも当然陰謀論抜きで考えられるし、単にこの 「米軍慰安婦」 が何を意味するのか掴みきれていないということも考えられる( その確率が高いと考えられる )。

 何しろ、欧米メディアの慰安婦の捉え方というのははっきり言ってバイアスがかかっていて、韓国の研究者でさえ否定する 「20万人の主に韓国人が日本軍によって強制的に性奴隷にされた」 という情報を伝えているところが多数であるからだ。

 背景は色々考えられるが、いずれにしろ、欧米メディアが米軍慰安婦訴訟を伝えなかったことには変わりはない。

 欧米メディアが米軍慰安婦訴訟を伝えなかったという事実だけで軽蔑に値すると思う。 いずれの段階で報じざるをえないかもしれないが、このまま黙殺されて終わりということもありうる。

 8月にはローマ法王が元慰安婦と会うことが決まっているので、その際にはまたBBC、CNNをはじめとして日本批判が大量になされるのだろうと思う。

 さて、という訳で海外の報道がほとんどないので、 「海外の反応」 なるものは伝えられない。

 ただRedditに朝日新聞英語版をソースにしたスレが立っているが、こいつは単にアメリカは悪くないって言いたいだけの奴だろうけど、なんとなく感覚はつかめるだろう。
 http://www.reddit.com/r/worldnews/comments/29dia6/former_korean_comfort_women_serving_us_military/

 "Just voluntary prostitution with a bad pimp. Different from kidnapping people" という感想がぱっと出てくる。 RTのコメント欄にもあったが、自分たちのことになると、急に橋下徹みたいなことを言いだすようだ。

 また、これを見て分かるのは、 「狭義の強制」 「広義の強制」 というのは、日本特有の議論ではないということだ。 Kidnappingしてるかしてないかは重要な論点でもあるということだ。

 おそらく、米軍慰安婦がこの先もしアメリカで議論が深まるとしたら、このコメンテイターのように当然 「日本軍がやったのとは違う」 「米軍は悪くない」 という言説が出てくるだろう。

 "Forced" な状態に置かれていたのであれば日本軍慰安婦と同様、米軍慰安婦もまた非道な人権侵害であることは間違いないのだが、 「日本みたいに軍が人さらいしてない」 という言い訳が出てくると考えられる。

 この米軍慰安婦訴訟によって、黙殺されてきた米軍・韓国軍慰安婦の人権侵害に目を向けられるという予想はあったが、逆にそれを避けるために 「我々は悪くない。 日本のケースとは全く違う」 と日本の残虐度をアピールする方向にも話が飛びうるのだなと思った。

 別に日本の責任を否定するのではなく、韓国において日本軍による Kidnapping、abduction は例外的なケースであったということははっきりとしておく必要があると思われる。 ( 海外の掲示板、コメント欄では日本軍が直接 Kidnapping したケースがほとんどだと思われている )

 広義の強制性だの、狭義だのよりも、英語でどう表現されるかということを意識した方がいいなと思う。 もはや慰安婦問題は海外に場所が移ってしまったのだから。

 …… と、いろいろ考えていたのだが、当初 「ターニングポイント」 になりうると考えていた米軍慰安婦訴訟もこのまま大きく扱われず立ち消えになる可能性もあるように思えてきた。

 結局のところ、ある種のフレームワークが作られてしまうとそれをひっくり返すのは困難だ。

 「人権侵害」 というフレームワークを持っている米軍慰安婦訴訟が起きれば、これまでの 「日本のみが慰安婦制度なるものを使った唯一の悪」 というフレームワークが壊れるかと思っていたがそうでもないようだ。

 既存のフレームワークを壊すような事件が起こったとき、それをどのように報じるか。 それがメディアの役割だと思う。

 欧米メディアはどういう風に報じるのかと思っていたのだが、単に報じないのだ。 そういうやり方があるのだ。 それはそれで賢いのかもしれない。

 ( 海外での反応 )
このニュースはショッキングだけど、奇妙なことに3日経っても欧米メディアはどこも報道していない。 ところで、これは朝鮮戦争の話じゃなくて、アメリカ軍基地でのこと。
最近のことなの?
訴訟が起こされたのは最近、起こったのは朝鮮戦争時代のこと。
まあ、欧米メディアは朝鮮事情に関しては疎いし、半世紀前の出来事だからね。 だからと言って政府が見て見ぬふりしていいとは思わないけど。
欧米メディアは慰安婦問題で日本を非難しているのにね。 オバマ大統領ですら、 「恐ろしく、重大な人権侵害だ」 と述べているほどだ。 122人は 「慰安婦は日本軍ためだけのものではなくて、韓国政府は幅広い慰安婦システムを米軍のためにも作っていた」 と主張している。
韓国政府は日本政府がしたように慰安婦に謝罪と賠償をするだろうか?
人身売買なんて今でもどこにでもあるのに、何十年も前のことに謝罪なんかしても意味ないよね。
ニップによる 「グレートコリア」 破壊政策の一つだ。 Coreaに罪はない! ハングックは栄光に満ちている!
人身売買は日本固有のものじゃないね。 日本が持ち込む前から朝鮮では特に盛んだった。
黒人奴隷に対する恐ろしい扱いに対して何もしないアメリカ政府が、韓国女性のために賠償するわけがない。
奴隷だった黒人はみんな死んでる。 このケースの性奴隷にされた女性はまだ生きている。 二つは全然違う。
彼女らはアメリカ政府を訴えているのではない。 売春宿を運営していた韓国政府を訴えているのだ。 米兵はお客さん。
韓国の 「賠償」 文化は西洋では見られないもので、我々は笑いものにしている。 梨泰院の売春婦が10年後に、 「アメリカ軍基地があったから、黒人や白人と性行をしなければならなかった。 1万ドル払え」 と訴えるのを想像すれば、いかにバカバカしいことか想像できるだろう。 在韓米軍はこんなくだらない話は無視すればよい。
The Flower in Hellは58年の映画で、史実かどうかは分からないけど、当時の韓国人がこのような女性たちをどう思っていたのか分かる映画だ。
何が問題なんだ? 娼婦たちは当時報酬を得ていたのだろ?
アメリカ人が韓国女性の強姦に責任があるというのなら、ベトナムはどうなる? アメリカはベトナムに最低でも数兆ドルの賠償をすべきだ。
この女性たちはアメリカ政府の謝罪を受けるべきだし、嘘を言ったり、真実を隠したり、彼女たちへの支援を拒否する政治家たちは罰せられるべきだ。
数年後にこの女性たちは、米軍に銃剣で強制連行され売春させられたと主張し始めて、謝罪と賠償を要求するようになるよ。
韓国人は日本批判に忙しくて、自分たちの足元の事件は見て見ぬふりをする。
アメリカは全世界の国で爆撃によって殺した人々や破壊したインフラの賠償金を払うべきだ。
基地あるところに売春あり。 これは普遍の真理。
アメリカ下院は日本非難をした121決議を撤回すべきだな。
彼女たちはちゃんと給料を受け取ったはずだ。