( 2014.06.27 )

槿
  
    


 韓国が 「 慰安婦問題 」 で自爆必至となった。 朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くの売春街( 基地村 )で米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が、 「 韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害された 」 として国家賠償訴訟を起こしたのだ。 朴槿恵パク・クネ大統領は、慰安婦問題で日本を激しく批判してきたが、何と、父親の朴正煕パク・チョンヒ元大統領が、米軍慰安婦を管理していたとの指摘もある。 韓国の闇が暴かれそうだ。

 「パンドラの箱が開いたといえる。 今回の国家賠償訴訟は 『韓国政府が慰安婦を管理していた』 『米兵が相手だった』 という訴えであり、世界中が注目する。 韓国が慰安婦問題で日本を攻撃したり、米国各地に慰安婦像を設置する論拠もなくなるのではないか

 慰安婦問題の真実を追及している拓殖大学の藤岡信勝客員教授はこう語った。 韓国にとっては、まさにブーメランのような訴訟といえそうだ。

 元米軍慰安婦122人は25日、韓国政府に人権を侵害されたなどとして、1人当たり1000万ウォン( 約100万円 )の国家賠償を求める集団訴訟をソウル中央地裁に起こした。 訴訟を支援する団体によると 「 米軍慰安婦 」 による国家賠償訴訟は初めてという。

 慰安婦たちは 「 基地村女性 」 や 「 ヤンコンジュ 」 ( 洋公主 )と呼ばれ、1960~80年代、韓国政府が在韓米軍維持などのために売春を奨励したほか、性病検査も強制していたとされる。

 実際、96年まで慰安婦の 「 性病管理所 」 が存在していたことが確認されており、女性団体が韓国政府に対応を求めていた。

 この問題は、韓国国会でたびたび取り上げられ、韓国政府も施設の存在を認めていたが、 「 旧日本軍の慰安婦 」 ほど注目されていなかった。

 昨年11月の国会では、野党議員が、朴槿恵大統領の父親である朴正煕元大統領の決裁署名入りの文書記録を基に政府を追及した。 それによると、基地村は62ヵ所あり、 「 米軍慰安婦 」 は9935人いたという。 韓国政府は当時、女性らを 「 ドルを稼ぐ愛国者 」 として何度も称えたとされる。

 「 朴元大統領が( 売春街 = 基地村を )直接管理していた 」 とする指摘もあり、今後、朴槿恵大統領が、野党や訴訟支援勢力から追及される可能性もあるという。

 今回の提訴は、日本の慰安婦問題にも大きく影響しそうだ。

 まず、米軍が1944年にビルマ( 現ミャンマー )で朝鮮人慰安婦20人に尋問した調書でも明らかなように、旧日本軍の慰安婦は民間業者に雇用され、客を断る権利を与えられ、外出や買い物などの自由を与えられていた。 これに対し、韓国の元米軍慰安婦は 「 韓国政府の厳しい管理下に置かれた 」 と主張している。 一体、どちらが 「 性奴隷 」 といえるのか。

 日本を批判している元慰安婦の中には、 「 ジープに乗せられて慰安所に連れて行かれた 」 「 クリスマスは忙しかった 」 と証言している者もいる。 だが、太平洋戦争当時の日本にはジープもクリスマスもなく、彼女たちは元米軍慰安婦の可能性が高いのである。

 

 米国にも問題は飛び火しかねない。

 

 前出の藤岡氏は 「 韓国による、日本の地位を低下させる 『 ディスカウント・ジャパン運動 』 は、普通の人間としての常識や節度を超えて進められてきた。 今回の提訴は、それが韓国に戻ってくる可能性がある。 ベトナム戦争での韓国軍の蛮行を暴く動きも出てきた。 韓国は国際的信用を失い、自爆するのではないか。 安倍晋三政権は先日、 『 河野洋平官房長官談話 』 の検証結果を公表し、事実上、河野談話の信用性をゼロにした。 あの行動が、大きな動きを引き起こしたのかもしれない 」 と語っている。