( 2013.11.11 )

    


 韓国野党・民主党のユ・スンヒ議員は6日に行われた女性家族省の国政監査で、朴正煕時代に国が米軍兵を相手に売春する女性らを直接管理し、女性らを “慰安婦” と呼んでいたことを示す資料を公開した。


( 朴正煕大統領の直筆公文書 )
 国政監査でユ議員は、 「 米軍慰安婦という言葉を聞いたことがあるか 」 と発言。 「 国が( 米軍慰安婦を )組織的に主導した証拠がある 」 と述べ、国家記録院から提出を受けた資料 「 基地村浄化対策 」 を発表した。 同資料は1977年4月に作成されたもので、表紙に朴正煕大統領の直筆サインがある。

 発表によると、資料には、当時政府が全国62ヵ所の基地村に9935人の女性が暮らしていたことを把握し、浄化政策の一環として基地村に専用アパートを建てる計画があったことなどが記されている。 当時の被害者の証言によると、専用アパートの建設は、公娼として認めることになるとの論争が起きたことで白紙化したという。

 ユ議員はまた、各地域に基地村の女性を強制的に収容する 「 性病管理所 」 があったとし、関連する条例や登記簿謄本を公開した。 この中の議政府市の条例改定案には、 「 国連軍駐屯地域の慰安婦のうち、性別保菌者を検診、探し出して収容治療や保険・教養教育を実施する 」 との記述があった。

 ユ議員は、 「 基地村の女性に対して “慰安婦” という用語を使用し、強制収容して治療を行っていたことが明らかとなった 」 と述べた。 強制収容治療では性病が完治するまでペニシリン注射が行われ、この過程でペニシリン・ショックを起こして死亡する女性は多かったという。

 ユ議員は韓国政府に 「 軍独裁時代に行われた人権侵害や過ちを認めるべきだ 」 とし、被害女性の実態調査に乗り出すよう求めた。