盗作著作権侵害 / 日本の特許多数侵害


( 2014.02.02 )

   


 悪い夢にうなされた。 韓国が8ヵ国に230万発近い催涙弾を密輸? していた報道の翌1月23日だった。 《 アラブの春 》 などで民主化を求める人々に発射され死者も多数だとか。

 国軍や警察治安部隊による催涙弾発射は、全て 「 非人道的 」 とは言い切れぬ。 火炎瓶を投げ、破壊活動をする暴徒とはいえ、当局が実弾で射殺する蛮行も少なくない。 催涙弾を有し、水平撃ちをせずに使えば、悲劇を最小限に抑えられた可能性もあるためだ。

 ただし、見た悪い夢とはその種の悲劇ではない。 催涙弾 / ガス、その製造機器の一部技術が日本企業より盗用・転用されていた ── という悪夢だ。




 韓国防衛事業庁は 「 軍需物資である催涙弾の輸出は許可が必要で、今年初めて一部実態を知った 」 と話す。 軍需産業の投資促進・輸出拡大に加え、装備調達の透明・公平性を担保すべく、韓国国防省の下に2006年に設立された事業庁が 「 知らなかった 」 では済まされない。

 しかし、確かに事業庁が関わる韓国の軍需品輸出額はすさまじい伸びを示す。 06年には2.5億ドルだったが、13年には34億ドル( 約3500億円 )と14倍近くに。 相手国も05年の42ヵ国が、11年には84ヵ国になった。

 だが、数字には能く能く吟味が必要だ。そもそも、軍需の世界は 《 スピンオフ 》 と 《 スピンオン 》 で成り立つ。

  《 スピンオフ 》 とは、軍事目的で開発された武器や技術が民間に移転され商用化させたハード・ソフト。 電子レンジ ▽電子計算機 → コンピューター ▽宇宙ロケット ▽原子炉 ▽GPS ▽インターネットが代表例だ。

 今は、半導体素子 ▽光ファイバー ▽炭素系複合素材 ▽合成繊維 ▽液晶ディスプレーなど、逆に民生技術を軍事転用する 《 スピンオン 》 が増えている。

 1970年以降 《 スピンオフ 》 の波及効果で、韓国には1兆1200億ウォン( 約1120億円 )の付加価値が生まれたとされる。 ただ、韓国自前の技術は高くはなく、この金額に占める少なからぬ部分は外国技術を所謂いわゆる 「 パクった 」 数字だと、疑ってかかる必要がある。

 ソフトを含め、韓国軍の装備や “輸出兵器” の構成品、製造機器は、外国企業にライセンス料を払わず、完成品を輸入するケースも多い。 その際 “ベンチマーキング” を採り入れる。 《 ベンチマーキング 》 とは本来、他社の優れた製品や業務・ビジネスプロセスを比較 → 分析 → 評価し、自らを改善すべく長所を採り入れる手法。 ところが彼の国では、輸入兵器を無許可で分解・解析し、わがモノとする “韓流ベンチマーキング” が企業常識として定着した。 従って、もともとの供給国が激怒( 傍観できる立場の国は爆笑 )する事件・事故が続発している。




 例えば主力戦闘機 F−15K。 2011年に、夜間の偵察・精密爆撃照準を可能にする装置を、米国防総省のブラックボックス指定にもかかわらず開け、解体してしまった。

 国防総省では国産兵器不拡散担当副次官補を急派し、本気で怒鳴り込んだ。 以後、米国部品を伴う兵器・装備の輸出は著しく制限された。 韓国に対する供与兵器が内蔵するブラックボックスは、一層巧に偽装されてもいる。

  《 ブラックボックス破り 》 は、バレずに元に戻せる高い技術が大前提だ。 戻せないからバレる。

 ドイツが開発し、現代重工業でライセンス生産する潜水艦・孫元一ソン・ウォンイル。 これまたブラックボックスを分解し、戻せなくなった。 結果、ドックに3年近く入ったまま。 潜水艦技術に長ける日本に泣きついたとの観測もある。

 13年11月には、航空機メーカーの韓国航空宇宙産業( KAI )が 《 ソフトウエア開発時の基礎技術利用に対する著作権侵害 》 で、ロシア仲介裁判所より527億ウォン( 約53億円 )の支払いを命じられたと発表した。

 訴えたのは露航空宇宙エンジニアリングメーカーのPKBM。 KAIの前身・韓国大宇重工業は1994〜98年、航空機シミュレーターのソフト開発にあたり、PKBMに技術者を派遣した。PKBMによると、2000年代初めにKAIが韓国空軍に納品した訓練機には、その際韓国側に伝えた技術が使われた。 当該技術の供与契約は取り交わしておらず、PKBMは04年に訴えを起こした。

 米国でも、特許侵害で巨額を支払うのは、サムスン電子など韓国企業が目立つ。

 11年には、青瓦台=大統領府にも据えられているスイス製で、現在は独企業がライセンスを持つ対空機関砲が訓練時に破裂した。 調査すると、砲身納入業者が、韓国内の金属加工業者にコピー製品を作らせていた。 香港に一旦送り “外国製” として逆輸入する念の入れようだ。




 この程度の軍事技術ならば、民間もそそられない。 もっとも 《 スピンオン 》 も惨憺さんたんたる現実を抱える。 液晶ディスプレーや半導体の核心部分など最先端素材・部品は、いまだに日本はじめ米国やドイツなどからの輸入がほとんどだ。

 くのごとく組み立てた韓国製兵器? を 「 自国製 / 純国産 」 と売り込み、第三国に転売する。 すしや剣道 ……。 万物を 「 韓国起源 」 と強弁する 《 ウリジナル 》 。 韓国語の 《 ウリ=我々われわれ 》 と 《 オリジナル 》 を合わせた造語は、軍需業界にも当てはまる。 見栄や虚勢が恥を知る良心を凌駕りょうが・駆逐したようだ。

 ところで、韓国国会の国防委員会所属議員が12年、防衛事業庁の納品企業に日韓併合時に朝鮮人を 「 強制徴用 」 した日本の2企業が含まれていたと糾弾。 納品制限を主張したが、2企業の光学レンズ技術は世界トップ。

 国務総理( 首相 )室所属の 《 対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会 》 によると 「 強制徴用が明らかな企業は1493社で、内299社が存続する 」。 優秀な技術を誇る日本企業を排除したら “韓流ベンチマーキング” を仕掛ける先が激減し、困るのではないか。

 さらに大胆不敵にも、米国にならい同盟国に先端兵器を輸出する際に適用する 《 対外有償軍事援助( FMS )制度 》 を今年中にも導入するらしい。 兵器や部品の輸出活性化が狙いで、政府間契約を取り交わせば、韓国政府が製品の品質や契約履行を保証する責務を負う。

 お止めになった方が ……。





( 2013.12.17 )

  



 安倍政権を 「 軍国主義の復活 」 などと非難する韓国だが、軍事費が国家予算の10%に上るなど自らは軍備増強にまっしぐらだ。 ただその中身は何ともお寒い。 新型の国産戦車 「 K2 」 は開発開始から18年を経てもエンジンが作れず、部隊配備は延期に次ぐ延期。 水陸両用の装甲車は川で沈没するなど技術不足による欠陥品ばかりで、首都防衛の機関砲がパクリのコピー品で使い物にならないことも明らかになった。 大阪では町工場が人工衛星を作る技術を持つが、 “お隣り” は国家の威信をかけた軍備もパクリや偽造、ポンコツのオンパレードだ。

 ソウル聯合ニュースなどによると、韓国防衛事業庁などは今秋、新型戦車 「 K2 」 ( 通称・黒ヒョウ )用に開発していた国産エンジンが試験中に壊れるなど不具合を解決できないとして、戦車への組み込みを来年6月から12月へ延期すると発表した。

 実際、K2に関しては、これまで部品の不具合が明らかになるなど “前科” がありすぎた。

 K2の開発が始まったのは1995年。初の国産戦車を目指して設計され、エンジンは大出力1500馬力、主砲は西側標準の120ミリ砲。 ミサイルを迎撃する防護システムなどを持つ意欲的な設計だが、ネックとなったのが国産エンジンと変速機を組み合わせたパワーパック( PP )の開発だった。




 PPは2005年に国防部が国防科学研究所に開発を指示。 ドイツMTU社製を輸入し、それを “参考” に国産化を計画し、08年には韓国産の試作品が完成した。 が、翌09年の試験中に冷却ファンなど 「 主要部品に深刻な問題が発生 」 ( 防衛事業庁 )した。

 さらに10年12月には変速機の加熱でエンジンが損傷。 昨年9月には試験中にシリンダーが破損し、今年4月にもシリンダーが破損。 要するに、何度試験をしても不具合が解消されないのだ。

 いつまでたっても完成しないことに業を煮やした政府は昨年末、100台分のPPをドイツMTU社などから完成品で購入すると決定した。 それでも国産の望みを捨て切れず、別の100台分は国産PPの開発を続けるとしていた。 そこへ今回の延期決定だ。

 ちなみに日本では、韓国がK2開発中の18年間にエンジンや主砲を含めオール国産の新型10式戦車の開発を進め、現在すでに約60両を部隊配備している。 結果から見ればK2の 「 エンジン国産化 」 は、意欲的というより無謀な挑戦といえるだろう。




 韓国陸軍では、こんな 「 欠陥兵器 」 はK2だけにとどまらない。 例えば現在配備中のK1戦車。 設計は米クライスラー・ディフェンス社だが、これを韓国で “改良” したK1A1がトラブル続きだ。

 もともとは105ミリ砲だが、これを120ミリ砲にするなど装備や部品を取り替えた結果、重量バランスが崩れ、変速機に異常が発生してリコール騒ぎとなった。 次いで、火災検知器を当初の米国製から韓国製に換装したところ、砲塔を左に向けて主砲を発射すると消火用のハロンガスが車内に噴射されるというトラブルが発生、全車改修となった。

 また、歩兵10人を乗せて上陸作戦が可能な水陸両用のK21歩兵戦闘車は、09年12月に荒れる海ではなく川を渡る訓練中に浸水し沈没。 10年7月にも試験用の池で浸水、沈没して死者を出すなど、敵前上陸を行う以前に浮くかどうかも怪しい状態。 そもそも浮力を稼いでいるのは車体の横に膨らませた 「 浮き袋 」 なので、被弾すれば即沈没となる。




 国産戦車のK9自走砲もひどい。 10年11月の北朝鮮による延坪島砲撃は記憶に新しいが、この際、同島にあった6両のK9は3両が故障しており、使えたのは半分の3両だけ。 しかも反撃の際の発射速度は、1分間に6発との売り文句とは裏腹に1分30秒に1発の超スローペースだった。

 砲身が異常に過熱し、それ以上の速さでは撃てないことを実戦で露呈したのだ。 いずれもK2の失敗を予言するようなトラブルだが、問題の根幹には韓国の 「パクリ癖」 がある。

 兵器を軍に導入する方法は、国産で行う以外にライセンス生産や輸入などがある。 ライセンス生産は技術や製造のノウハウが学べる代わりに、高額のライセンス料が必要になる。 輸入の場合は、多くの先端技術がブラックボックスなどに守られ、分解はもちろん整備にも制限が加わる。

 ところが韓国の場合、海外メーカーにライセンス料を払わず輸入契約で済ませながら、 「 買ったものをどうしようがこちらの自由 」 と言わんばかりに 「 ベンチマーキング( 他社製品を分析し、取り入れること ) 」 と称して無許可で分解、コピーしようする事例が多発し、先進国から白眼視されているのだ。
 「ベンチマーキング」 は日本製の乗用車から輸入兵器にまで及び、11年10月には、米国から輸入した主力戦闘機F−15Kの暗視装置( LANTIRNポッド )を分解したとの疑惑が浮上。 ほかにも対艦ミサイルや戦車の射撃統制システムなどを分解・コピーした可能性が指摘されている。




 おまけにK2に関しては、トルコに輸出して一儲けしようと画策していたとも指摘された。 技術を盗まれたくない先進国としては重要な技術を徹底的に隠すようにしており、K2のエンジンについても、ドイツMTU社が韓国の国産化に助力する動きは全くない。

 結局は 「 パクリ 」 という安易な道に逃げることになる。 このため同じ形には作れるが、なぜその形に設計したのか、なぜ高価な合金を用いたのかは理解できないままで、安くあげようと改悪してしまうのだ。 これでは最先端の技術が必要な兵器の国産化などできるわけがない。

 こうしたパクリ文化が染みついた結果、首都防衛が危機的な状況に陥ったこともある。

 11年2月に韓国日報などが報じたところによると、首都ソウルの青瓦台( 韓国大統領府 )などに据えられているスイス製の対空機関砲( 旧エリコン、現ラインメタル社製35ミリ )の砲身が、訓練時に破裂したり亀裂が入ったりするなどの事故が起きた。

 調査の結果、砲身を納入する貿易業者が、寿命の尽きた本物の砲身を国内の金属加工業者に 「 見本 」 として渡して粗悪なコピー品を作らせていたことが判明。 そのコピー品をいったん香港に送って “外国製” に偽装し、逆輸入して納入していたことも明らかになった。 配備している36基72門の砲身のうち、49門がパクリの偽物だったという。

 首都防衛の切り札が、実はパクリと産地偽装の “セット” だったという笑えない実態をさらけ出した韓国。 今秋、関西を中心に問題となった食品偽装は、外国産を国産と偽ったために批判された。 逆に国産を 「 外国産 」 と偽らねばならない技術レベルで、北朝鮮の 「 無慈悲な懲罰 」 を凌げるのだろうか。