在日問題




 あなたの血税が在日韓国朝鮮人の破綻した金融機関に
 30,000,000,000,000円 
 も注ぎ込まれる事に賛成出来ますか?

 自分に都合が悪くなると 「差別」 のキーワードが 「打ち出の小槌」 に!

( 是非ご覧になって下さい! ) < 民族系破綻銀行に血税投入!>
( 是非ご覧になって下さい! ) < 朝銀って何?公的資金投入って?>
( 是非ご覧になって下さい! ) 野中広務 : 朝鮮銀行に対する公的資金投入問題 >


 マスコミや政府はどうして在日を未だにかわいそうな差別されているイメージで放送、発言するのでしょうか?
 そして日本にいる日本人の景気対策よりも、一民族系破綻銀行再建に血税を投入するのは何故 でしょうか?

 私達はこの矛盾に抗議しなければなりません。

2006.12.28 )
旧朝銀破綻処理
   公的資金41億円追加投入へ

 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入 する方針を決めた。 ある男性が 架空名義で預金した 脱税資金 を払い戻す必要が生じたことが原因。 脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。

 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性( 81 )は、長年にわたり飲食店やパチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税 し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金その残高は 50億円 を超えた

 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義だったことを理由に男性への払い戻しを拒否。 同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き継がれた。

 これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。 預保機構は 「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」 と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定 した。

 整理回収機構は、二審判決のあった今年5月に、遅延損害金6億7000万円を含む41億円を男性に仮払いした。 これに訴訟費用などをあわせた41億8400万円を補填するよう今月21日に預金保険機構に申請した。 朝銀東京の損失穴埋めにはこれまでに公的資金2060億円が投入されたが、申請が通れば、2102億円に膨らむ

何んじゃ~ この判決は!?
  あなた! 知ってましたか?
    最高裁まで在日に汚染されたんかぁ~!
      この国はホントに狂っとる!