在日問題



(平成17年4月15日)

 裁判でやぶれ、記者会見で
『世界中に言いたい、日本には来るな! …… 日本で働くということはロボットとなることです。』
 と言い放った在日の鄭香均という人がいる。
 こういう人は、かわいそうである。 生まれたとき、そこはすでに 『日本』 だったのである。 これでは、現在進行形でおこなわれている 『強制連行』 ではないか!
 日本政府は、むごいことをするただちに日本政府は、費用を負担してでもこういう在日の人たちを、祖国へ帰してあげなければならない
 こいういう在日の人たちの思いを放置する日本は、ひどすぎる! 思いやりのある日本人は、ただちに鄭さんをはじめ、鄭さんと同じ思いの在日の人たちの 『祖国帰還運動』 を始めなければならない。
 戦後の朝鮮人は、米国GHQによって、祖国へ帰るか日本に残るか、選択することができた のだから。
 税金をジャブジャブと食いつぶすことしかできない無能の国会議員・政治屋さんたちよ! せめて、この 『祖国帰還運動』 だけは実現させてあげてくださいナ。