大日本史番外編 「 朝鮮の巻 」
強制連行・朝鮮と台湾


朝鮮と台湾では同じ植民地でありながら徴用( 強制連行 )に対する受け取り方がまったく異なっています。
朝鮮人の強制連行( 徴用 )について中学校教科書に書かれたものです。
「 国民の油断 」 西尾幹二・藤岡信勝 1996年 PHP研究所
次の教科書の記述を見てほしいのです。

[ 強制連行のようす ]
 町を歩いている者や、田んぼで仕事をしている者など手あたりしだい、役にたちそうな人はかたっぱしから、そのままトラックに乗せて船まで送り、日本に連れてきた。 徴用というが、人さらいですよ。 ( 大阪書籍、260ぺ−ジ )

[ 朝鮮人強制連行 ]
 警察官や役人が土足で家に上がり、寝ている男を家から連れ出すこともありました。 抵抗する者は木刀でなぐりつけ、泣きさけびながらトラックに追いすがる妻子を上からけりつけたともいわれます。 ( 東京書籍、264ぺージ )

[ 朝鮮・中国から強制連行された人々 ]
 金大植さんは、1943年2月、家で寝ているところを警察官と役場の職員に徴用令状をつきつけられ、集結地まで手錠をかけられたまま、125名の朝鮮人同胞とともに日本に連行されてきた。 ( 教育出版、262ぺ−ジ )

すべてこういう調子です。
教科書が教えない歴史 / 「 朝鮮人、強制連行 」
日本政策研究センター / 朝鮮人「 強制連行 」問題とは何か( 上 )/( 下 )から

『 「 人さらい 」同然の連行、「 使い捨て 」さながらの酷使、それに堪えかねて逃亡する朝鮮人……しかし、そうした「 強制連行 」論は、あまりにも戦時動員や労務事情と違っている 』

戦争末期に深刻化してきた内地の労働者不足を補うための朝鮮人労働者内地移入では一部に行過ぎがあったようで、強制連行を主張する韓国人の証言を読んでいると、農作業中などに無理矢理トラックに乗せられて日本内地へ送り出された、というのがあるが、それらを実行したのは内地人ではなく朝鮮人なのである。
「 朝鮮新話 」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社( 灰色文字は注記 )
【 著者の鎌田澤( 沢 )一郎は、戦前の朝鮮に16年間滞在し、京城郊外に民族経済文化研究所を設立した朝鮮研究家で、6ヶ年にわたる宇垣総督の政策顧問を勤めて、農村振興運動の推進に大いに貢献し、朝鮮の民生向上に大きく貢献した人物で、戦後その経験を買われて、セマウル運動( 新しい村運動、実質的には宇垣政策を発展させたもの )の指導のために何度も韓国に招かれている。 】

 もつともひどいのは労務の徴用である。 戦争が次第に苛烈になるにしたがつて、朝鮮にも志願兵制度しかれる一方、労務徴用者の割り当てが相当厳しくなつて来た。 納得の上で応募させてゐたのでは、その予定数に仲々達しない。 そこで郡とか面( 村 )とかの労務係が深夜や早暁、突如男手のある家の寝込みを襲ひ、或ひは田畑で働いてゐる最中に、トラックを廻して何げなくそれに乗せ、かくてそれらで集団を編成して、北海道や九州の炭鉱へ送り込み、その責を果たすといふ乱暴なことをした。 但( ただし )総督がそれまで強行せよと命じたわけではないが、上司の鼻息を窺ふ朝鮮出身の末端の官吏や公吏がやつてのけたのである。

 「 朝鮮人強制連行 」という言葉を造語し世に広めたのは、朴慶植著「 朝鮮人強制連行の記録 」という本であるといわれているが、この中で強制連行があった証拠として、上記の鎌田沢一郎著「 朝鮮新話 」が引用されているが、傍線を引いた朝鮮人が暴走して実行したという部分はなんと無視されているのだ。 両書を見比べていただきたい。

鎌田澤( 沢 )一郎著「 朝鮮新話 」320ページ 朴慶植著「 朝鮮人強制連行の記録 」1965年未来社発行70ページ


引用書籍のページ
まだまだあるぞ朴慶植著『 朝鮮人強制連行の記録 』のデタラメ( 怒! )
中共・朝鮮・左翼の歴史改竄 真実よりプロパガンダ! / 朴慶植の卑劣な削除改竄
 歴史教科書の一部には強制連行の実態として『 田畑で働いていた朝鮮人を有無を言わせずトラックに乗せ日本内地の炭鉱などに送り込んだ 』等と書いているが、総督府の方針を曲解暴走して人さらい同然の行動を起こしたのは朝鮮人自身であったことを明記すべきだ

 このような非道な行動を起こす朝鮮人の性格を警告している文章があるので紹介しよう。
 李朝末期の朝鮮に滞在したアメリカのメソディスト派宣教師で、ジャーナリストでもあり歴史学者でもあったホーマー・ハルバートは著書「 朝鮮亡滅 」( 「 醜い韓国人 」朴泰赫 1993年 光文社より )の中で、『 朝鮮人は、自分の知的水準を引き上げ、精神世界を拡大しようとするいう努力があわれにもないのに、社会的地位を高めようという激しい欲望だけはある。  自分のものでなくとも少しばかりの金を自由に動かすことができるとか、何人か働くのを監督するとか、ともかく物の面、金の面で人間を支配できるようになると、おしなべて有頂天になる。 朝鮮人は、有力者になる、あるいは名声を博すということだけで、まるで逆上してしまい、ますます尊大な態度をとるようになる。 朝鮮人特有のこの感心できない性向が、じつは企業、あるいは教育、宗教の分野で、朝鮮人を登用する際に起こる、ごたごたの原因の一つなのである 』と述べている。

台湾人の“強制連行”が教科書に書かれることはない。 事実を書くと反日教科書の編集方針と合わなくなるからか?( 笑 )
韓国人の「 反日 」 台湾人の「 親日 」 黄文雄 1999 光文社
 「 朝鮮人の強制連行 」問題の著作物は、地方の公立図書館へ行くと、意外なほど多い。 戦前の日本国内では、朝鮮人の犯罪者が多かったので、いかにして朝鮮半島からの人の流入を釜山港で阻止するかに悩み、たびたび朝鮮総督府に有効な対策を求めていた。 だが、「 朝鮮人の強制連行 」問題の著書があれほど多くても、「 犯罪 」「 入国阻止 」関連研究書は、大学図書館でさえほとんど見いだすことが困難だ。
( 中略 )
 韓国人の著述には、「 日帝36年 」について「 強制連行 」「 強制労働 」「 強制徴集・徴用 」と表現することが多いが、その「 強制連行 」とは、じつは大陸文化そのもので、戦争や動乱があるたびに、住民が「 強制連行 」されたことは、中国史にも、朝鮮史にも繰り返し書かれている。 しかし、日本文化は、中国社会や朝鮮社会とはかなり異なる。 近代になって、台湾に対しても、朝鮮半島に対しても、いかなる公的な義務労働であろうとも、多かれ少なかれ、工賃を払うのが日本的なやり方であった。 このことからも、日本文化は、中国や韓国の社会文化とはまったく違うことが判明する。

 台湾領有初期の日本軍の征伐戦争・戦記、日記を見ると、住民を略奪しながら敗退、逃亡した清国兵士に対してさえも、米と銭を与え、船で港から大陸へ送還した。 地方の村長、長老を集めて訓示した後でも銭を与え、細かい気配りをしていた。 そのような日本的気配りは、中国や朝鮮半島では、絶対に見られないことだ。

 韓国人の「 日帝 」糾弾のバターンは、たいてい決まっている。 それはあたかも日帝のすべての悪事悪行が隠蔽されてきたが、それが次から次へと考古学や犯罪事件摘発のように発掘されていくという図式である。

 第二次大戦末期に、台湾からも多くの少年工が来日している。 しかし、彼らは「 強制連行 」ではなく、厳しい選考をへて、来日が許可されたのだった。
 「 強制連行 」については、台湾人の子供まで連行され、海軍飛行場の建設工場で、酷使され、息を引き取ったと韓国有力紙に報道されたこともある。

 この「 子供強制徴用の実態 」に関して、あたかも「 歴史発掘 」のように、韓国では一時、歴史捏造に狂奔した。

 「 東亜日報 」( 91年10月23日付 )は、「 神奈川県で12から18歳の台湾少年工8000名が、軍需工場で強制労働させられていたことが明らかになった。 しかし、8歳の少年強制労働と火葬というのは、ひょっとすると日本全国で初めて確認されたことではないだろうか 」と日本の大学教授の発言を引用して報道している。

 日本の反日大学教授も不勉強であるが、韓国のマスコミも「 反日 」の話題でさえあれば、なんでもかんでも派手に報道するという姿勢は問題であろう。

 じつは、台湾少年工についての歴史捏造と歪曲ほどひどいものはない。

 戦争末期、台湾から日本に来た8000名の台湾少年工は、主に名古屋、大和市、群馬県の戦闘機工場で働いた。 彼らは「 強制連行 」ではなく、厳しい筆記試験に合格、さらに身体検査にも合格、校長と両親の許可を得て来日したものであった。 「 強制連行 」どころか、現在でいえば「 東大入試 」の狭き門をパスした誇りある少年たちである。 私が直接彼らから聞いたところでは、「 隼 」以外に「 ゼロ戦 」をつくったという人もいた。

 彼らは現在「 高座会 」をつくり、生存者は70歳前後になっているものの、なおも5000人以上の会員を有している。 会誌も発行されている。 十数歳の台湾少年工の作詞、作曲した会歌は、日本の寮歌に似ていて、合唱するとじつに感動的である。

 彼らは日本人の友人との絆が強く、94年の大和市の大会では、2000人以上の会員が台湾から来日し、大和市は、交通大渋滞となるほどであった。 当時、日本のマスコミは、彼らを「 強制連行 」と報道したため、自尊心を傷つけられ、会長が会員全員を引き連れ、新聞社へ抗議に行くという話もあったほどだ。

 戦争末期の米軍空襲下でともに働いてきた台湾人と日本人は、上官と部下の関係のみでなく、その絆もなかなかに強い。 私は台湾から来た昔の少年兵を連れ、かつての日本人仲間の病気見舞いや、老後の不遇者の生活の面倒に奔走する戦友を案内したこともあった。
日帝の「 暴挙 」ばかりを追及してきた韓国人には、日本国民として育てられ、ともに国家の存亡をかけた情熱と戦友としての絆は理解できないだろう。 この5000人以上の証人について、日本人ももっと「 歴史 」を勉強する必要があるのではないだろうか。

 彼ら韓国人が、いかに「 強制連行 」「 虐殺 」「 追害 」だけを喚( わめ )いているかを示唆するような話ではないだろうか。
徴用を強制連行と呼ばせるのは悪質な反日プロパガンダ


韓国人が強制連行を問題とするなら、なぜこれが取り上げられないのか?
「 醜い韓国人 」 朴泰赫 1993 光文社
 しかし韓国人が日本に対してだけ怒りを向けるのも、論理的ではない。 太平洋戦争前に、ソ連のシベリア沿海州に30万人以上の韓国人が住んでいた。 ところが、スターリンがこれらの韓国人が日ソ戦争が起こった場合に日本に協力することを恐れて、中央アジアへ強制移住させた。 スターリンは妄想にとらわれた暴君だった。 カザフ科学アカデミー朝鮮民族センターの調査によると、移住する過程で12万人が死んだ。 だが、政府も、マスコミも、ロシアに対して抗議の声をあげることがまったくなく、友好的である。
 明らかにダブルスタンダードだ。
“強制連行”問題が反日政治運動の一環であるのが分かる。