まあ、アテネオリンピックでも柔道の審判をつとめた 金美廷 という朝鮮人の女性が、 「野村の勝ちにしたくなかった」 という事を審判でありながら平気でいう人たちですので当たり前でしょうか。

( 2004.08.17 )


 8月17日の朝鮮日報では 「日本人審判がケー・スンヒの金メダル奪った」 との見出しで次のように報じていました。

 「北朝鮮が16日行われた柔道女子57キロ級決勝のケー・スンヒとベニシュ( ドイツ )の競技に対し、日本人審判の偏向判定疑惑を提起した。 ……
 ケー・スンヒは有効を1つ取り、有効1、効果1を取ったベニシュに惜しくも敗れ、銀メダルに終わった。しかしこうした結果は主審を務めた日本人審判の遠藤純男氏が偏向判定をしたためだというのが北朝鮮側の主張だ。 ……
 ケー・スンヒは効果1つリードされた状況で、残り1分から5回も技をかけたのに対し、ベニシュは目に見えて消極的な試合態度を取ったが、試合序盤のような厳しい指導は出なかったという。 ……
 これに対し、韓国柔道界も北朝鮮の主張に妥当性があるとの立場を取っている。」

 他にも韓国人はオリンピック出場権を賭けた日韓女子バスケでも、日本大勝であったにも関わらず敗因を審判の誤審にしました。 これは日本戦のみではなく台湾戦でもそうです。 大接戦で1点が勝敗を決めるような戦いではなく、韓国は0点のみです。 今回の柔道にしても技が決まらなかったのであればいくら技をかけても意味がありませんし、副審からも何もありませんでした。

 世界的に問題になった誤審ならともかく、自分達が敗れたからと言って自分達のみが審判の責任にするのは潔くなく非常に未練がましい行為だと思います。 また、8月16日の同じ朝鮮日報で 「柔道男子60キロ級で審判デビューを飾った金美廷」 と言う見出しで次のように報じていました。

 「私が五輪で主審デビューを飾ったのは男子60キロ級3回戦の野村( 日本 )の試合だった。 その時点ではまだ韓国の崔敏浩( チェ・ミンホ )が勝ち進んでいたため、 『 どうして韓国の金メダルのライバルの試合なのか …… 』 と心の中でつぶやいた ……。
 そのため、野村が開始57秒で一本勝ちした瞬間、右腕を上に上げたくなかったというのが私の正直な心情だった。 それは私の極めて人間的な部分に過ぎず、無意識のうちに私の右腕は野村の勝利を宣言していた」


 韓国人の審判は結果的には正しい判定を下しましたが、日本人選手に対して誤審を行う危険性は十分にあります。
 まず、日本人審判に偏向疑惑があるという前に、この韓国人審判の日本人に対する偏向を批判すべきだと思います。


 また、お得意のテコンドーでは、テコンドー・近代五種 「終盤のメダルラッシュに期待を!」 という題名で記事を書きながら、


 韓国の目標は金メダル3個。 韓国人師範が各国の代表監督として選手たちを鍛え、韓国の牙城に挑むため、厳しい戦いが予想される。
 審判陣( 24人 )に韓国人が1人しかいないのも不安ではある。
朝鮮日報( 2004.08.25 )


 南朝鮮人の審判が1人しかいないのは不安 だと書いています。
 …… なんて率直な御意見!




 アメリカでの新体操の世界選手権で、4人の審判が不正な採点をしたとして、国際審判員のメンバーから除外されました。
 ベラルーシとブラジル、ギリシャ、韓国の審判で、「自国選手に不当なまでの高得点を与えた」 とされています。

( 米紙報道 )

 米紙USAトゥデーは6日、シドニー五輪で初めて公式競技となったテコンドーで不正が行われた可能性があると報じた。
 同紙によると、シドニー五輪当時、世界テコンドー連盟の副会長だった人物が、韓国で発売された政治・経済雑誌に 「韓国選手に有利になるように、レフェリーや審判員の割り当てを操作した」 と告白。
 この記事を入手した米オリンピック委員会が、その調査の必要性を感じ、国際オリンピック委員会( IOC )のロゲ会長へも注意を促すファクシミリを流した、という。
 シドニー五輪のテコンドーで韓国は金メダル3、銀メダル1を獲得した。


( 2014.03.10 )


     


 2014年3月9日、騰訊体育によると、韓国メディアは、韓国ソウル市テコンドー協会会長らが、特定の選手に有利になるよう審判に圧力をかけていたことがわかったと報じた。

 警察は7日、テコンドー協会の事務所とイム会長の自宅などを家宅捜索した。 警察によると、会長らは2013年5月に行われた試合で、審判に対して特定の選手に有利な判定を下すよう要求し、勝敗に影響を与えた疑いが持たれている。

 韓国では2010年にサッカーのKリーグで賭博による八百長が発覚した後、バレーボールや韓国相撲 「シルム」 でも相次いで八百長が発覚している。 これを受け、韓国文化体育観光省はスポーツ界の健全化のため、2013年8~12月に2099のスポーツ団体を対象に特別監査を実施した。

 監査では337件の違反が判明。 情報によると、野球協会、バドミントン協会、バレーボール協会、ボクシング協会など10の団体に対する捜査で19人を告発し、15人を問責とした。 また、違反金は15億5100万ウォン( 約1億5000万円 )に上った。

 ソウル市テコンドー協会に対する捜査の結果、協会職員らによる運営費の流用の疑いがあることや、会長が前会長など27人を常任顧問や名誉会長に就かせ、毎月30~400万ウォン( 約3万円~39万円 )を支給していたとの疑惑も表面化している。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

( 2014.09.16 )


 
     


 昨年5月、ある高校テコンドー選手の父が 「息子は審判による不当な判定で敗れた」 などと遺書に書き残して自殺した。 その後、この父を自殺に追い込むきっかけとなった問題の試合で、実際に不正が行われていたことが明らかになった。

 警察庁特殊捜査課は15日、昨年5月に行われた全国体育大会高等部テコンドーのソウル市代表選手選抜戦で、不当な判定を行うよう指示したソウル市テコンドー協会専務のキム容疑者( 45 )の身柄を拘束し、審判委員長のナム容疑者( 53 )と審判のチャ容疑者( 47 )、さらに問題の試合で対戦相手となった生徒の親で、八百長を要請した大学のテコンドー学科教授、チェ容疑者( 48 )など6人を立件したと発表した。

 警察によると、チェ容疑者は知り合いの後輩( 45 )に 「息子をテコンドーの特待生として大学に入れたいが、大会で入賞した実績がない」 として、試合の判定に手を加えるよう要請したという。 チェ容疑者の要請を受けた後輩は、高校の同期生でもあるソウル市テコンドー協会専務のキム容疑者にチェ容疑者からの要請を伝え、キム容疑者はこれをテコンドー協会技術審議会議長のキム容疑者( 62 )や審判委員長のナム容疑者などを通じ、審判らに不正を行うよう指示した。

 チェ容疑者の息子が出場した試合の審判はチャ容疑者だった。 この試合でチェ容疑者の息子と対戦したチョン君は終盤まで5-1でリードしていたが、審判のチャ容疑者は終了50秒前から7回連続でチョン君に警告を出し、結局チョン君は反則負けした。 チョン君の父( 当時47歳 )は試合終了から2週間後 「不当な判定で敗れて悔しい」 という遺書を残して自殺した。

 ソウル市テコンドー協会のある元幹部は警察での取り調べで 「このような不正の指示は 『 オーダー 』 と呼ばれ、男女共に高等部での試合で特によく行われている」 と語った。警察の関係者は 「テコンドー協会は毎年常任の審判100人を選び、審判委員長はその100人が担当する試合を一方的に決める。 そのため一度オーダーを無視すると、その後は審判をすることができなくなる」 と供述した。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
( 2015.05.04 )

 


 ソウル市テコンドー協会の役員が中国・北京で買春した容疑で公安に逮捕された。 テコンドー協会は、韓国内では 八百長疑惑 で検察の捜査を受けているが、そのうえ 海外遠征買春 が発覚したことで波紋が広がっている。

 テコンドー協会幹部ら11人は、中国のテコンドー団体と覚書を締結するために4月13日から17日までの5日間の日程で北京を訪れた。

 だが、日程2日目の14日夜、北京の高級クラブで酒を飲んだ後、 “2次会” に繰り出した協会幹部と審判の2人が買春で逮捕されたという。 このうち幹部は、協会に大きな影響力を持つイム・ユンテク元会長の甥だという。

 残る9人はすでに帰国したが、この中にはソウルの公立高校校長が含まれており、協会から接待を受けたとの疑惑も浮上している。 地元団体との覚書締結のために高校の校長を含む11人もの関係者が行く必要性が疑問視されているためだ。 買春を行ったのは逮捕された2人だけだったのか、飲酒や買春の費用がどこから出たのかなどもはっきりしていない。 韓国警察は2人の帰国を待って本格的な捜査に着手する方針だという。

 校長は取材に対し 「協会と学校のコミュニケーションのために行った。 接待を受けに行ったわけではない」 と釈明し、買春疑惑については 「その日は早くホテルに戻ったので分からない」 と話している。 今回の中国行きを主導した協会関係者は 「出張中」 などとして取材に応じていない。

子供からもらったお金を買春に使ったか?
テコンドーが国技だが、正直、競技が面白くない。 いつ五輪から追放されるかもしれないのに、何でこんなことをする?
二度と帰ってくるな。
買春は大目に見てあげるとしても、中国まで行って何でこんなに恥ずかしいことをする? 理解できない。
テコンドー協会は危機感がないようだ。 面白くないし、不祥事が多くてみんなから嫌われている。 少しは改善したいと思わないか?。
当然、五輪から追放。
まったく何をやってるんだ?
帰国したらすぐに刑事処罰。 協会からも追放しろ。
恥ずかしい。 中国の法律で裁いてください。
この人だけではないと思う。 中国や東南アジアまで行って買春する男はいっぱいいる。 一般人だからニュースにならないだけ。
すごいことをしでかした。 国に泥を塗った。
子供たちを教える立場なのに、汚い。
恥ずかしい。 もう中国には行けない。
中国の法律に "切断" はないか?
テコンドー協会が国の名を世界に広めてくれた。 いや、恥ずかしい。
ユン・チャンジュン元報道官は米国で、テコンドー協会は中国で。 朴大統領は責任を取れ。
昼の国技と、夜の国技の 融合ニダ!
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


( 2015.06.06 )

 

 韓国の国技、テコンドーが不祥事で揺れている。 5月19日までロシアで開催された世界選手権で女子は優勝したものの、男子は4位と過去最悪の順位に低迷し、韓国メディアは危機感を募らせる。 競技力だけでなく、昨年には八百長疑惑でソウル市協会幹部ら6人が逮捕された。 さらに今年4月には中国団体との覚書締結のために北京を訪れていたテコンドー協会幹部ら2人が買春容疑で中国で摘発され、5月19日に韓国で書類送検された。 韓国メディアは国技の名誉失墜であり、国際的な恥さらしと激しく非難 韓国のネットユーザーは 「危機感がない」 「恥ずかしい」 などと憤りをあらわにしている。

 朝鮮日報( 電子版 )は5月20日、ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊が19日、ソウル市テコンドー協会の関係者2人を、中国で買春行為をした疑いで書類送検したと発表したと報じた。

 同紙などによると、テコンドー協会幹部ら11人は4月13日から17日にかけて、北京を覚書締結のために訪問。 その最中の14日夜、北京の高級クラブで飲酒した後、協会幹部と審判の2人が2次会と称して買春行為をし逮捕されたという。 幹部は協会に影響力を持つ協会元会長の甥と報じられた。 1人は容疑を一部認めているが、もう1人は否認しているという。

 さらに、11人も出張する必要性があったのか。 飲食や買春などの費用はどこから出たのかなどが明確でないと疑問視されているという。 このため警察が本格的な捜査に着手する方針だと伝える。

 この事態が報じられると、韓国のインターネットには 「テコンドーは国技だが、正直おもしろくない」 とか 「いつか五輪から追放されるかも」 などのほか、 「子供たちに教える立場なのに汚い」 など、心技体を鍛えるはずの武道の指導者たちを倫理的に非難する声が寄せられていた。

 テコンドーを巡っては、朝鮮日報などによると、13年5月に行われた全国体育大会高等部テコンドーのソウル市代表選手選抜戦で、不当な判定を行うよう指示したソウル市テコンドー協会専務や審判委員長、さらに生徒の親で八百長を要請した大学教授ら6人が警察庁特殊捜査課に逮捕された。 ソウル市協会の元幹部は警察の取り調べに対し 「このような不正の指示は 『オーダー』 と呼ばれ、男女共に高等部での試合で特によく行われている」 と語ったと伝える。

 競技の基盤を支える組織が根本的に腐りきった実態が浮き彫りなったのに伴い、競技力にも影響が及んでいるようだ。

 139ヵ国、873人が参加して開催された世界選手権で、韓国は金メダルを3つ取った女子代表が総合優勝したものの、男子は金メダル1つに終わり、過去最低の4位だった。 金メダル1個は今回が初めてとか。

 早急なてこ入れが迫られるが、この大会で代表チームはビデオカメラ1台も使っていなかったと朝鮮日報が報じていた。 いまや相手の分析や、自国選手・チームの課題分析のために独自に映像を撮るのは当たり前のこと。 基礎資料がなければ強化などおぼつかないはずだ。 同紙によると、ある選手は 「自分が出場する階級でどの選手が強敵なのかさえ分からないまま試合に臨んだ」 という。

 年間70億ウォン( 約7億7000万円 )の予算が組まれるテコンドー協会だが、十分な予算がないとして、ユース育成の仕組みや組織がないと同紙は嘆く。 韓国の国技の没落は近いとしか言いようがない。


 いずれにしても、朝鮮人が中立、公正とか求めれれる審判というものに如何に向いていないかということがよく判る 例でしょうか。





 韓国審判員の中立、公正問題にとどまらず、他国審判員の買収疑惑も鼻につきます。 古くは1988首爾五輪のボクシング、2002日韓サッカーワールドカップ、2012ロンドン五輪柔道男子66キロ級、 ……



 1988年のソウル五輪の際、韓国ボクシングチームは、審判の判定に抗議してリング上で暴れ、選手が試合後のリングに座り込む醜態を演じた。 その数日後に行われた中量級の 韓国選手対米国選手の決勝戦では、ダウンを奪った米国選手が判定負けを喫し、地元韓国の観衆までもが韓国の金メダルを喜ぶより先に結果の意外さに驚くというありさまだった。
 ( IOCはこの米国選手を特別表彰して慰め、当時のサマランチIOC会長は 「ボクシングを五輪種目から除外しろ」 と言わんばかりに激怒し、実際にそういう議題の会議まで開かれた。 だれもが 「審判の買収」 を疑ったのだ )


 

( 2012.07.29 )


 




 ロンドン五輪第3日、柔道男子66キロ級の海老沼匡が、チョ・ジュンホ( 韓国 )を破った準々決勝は、審判員の判定が覆るという異例の展開だった。

 延長戦でも決着がつかず、もつれ込んだ旗判定。 畳上の審判員3人が高々と挙げたのは、すべてチョの優勢を示す 「青」 だった。 これに戸惑いの表情を浮かべたのは、海老沼だ。

 延長中盤に、海老沼の小内刈りが有効とされながらも、取り消された経緯もあり、観客からは大きなブーイングが起こった。

 すると、畳の外にいた審判委員と審判員が協議を開始。 その結果、再度、旗判定を行うことに ──。 今度は3人の審判員全員が、海老沼の優勢を示す 「白」 を挙げた。

 生中継していたテレビ番組の解説者は 「見たことがない」 とあ然。 敗れた韓国のチョは畳を降りても納得いかない表情だった。



 海老沼の準々決勝を裁いた ミナカワ主審 について、南米で柔道を指導するある日本人コーチは あの人は、旗判定になると日本人に上げないことで有名 と明かした。 名前だけを見れば日系ブラジル人とも思えるが、南米では日本人嫌いで知られている そうで、判定に影響した可能性がある。
( 2012.07.30:朝日新聞デジタルスポーツ


 男子66キロ級の準々決勝で海老沼に負けた韓国のチョ準好( チョ・ジュンホ、チョは専の寸が日 )が、敗者復活戦、3位決定戦を勝ち抜いて銅メダルを獲得。 海老沼と一緒に表彰台に立った。

 勝ちの旗判定を一度は受けた準々決勝では試合直後はなかなか畳から降りようとせず、 「判定が覆るなんて、納得いかない」 と怒りをあらわにした。 時間が経つと穏やかな表情になり、気持ちを切り替えた。 「判定をもっとクリアにしてほしいが、五輪での判定に文句を言うつもりはない」。 潔く言った。