韓国プロスポーツ界が八百長に揺れている。 サッカーバレーボールリーグ に続いて 「対岸の火事」 とされてきた プロ野球 でも現役投手らの逮捕に発展した。 芸能界人脈を利用した疑いも浮上。 プロバスケットボールでも八百長情報があり、韓国4大プロスポーツが 「真っ黒」 状態だ。 背景には1兆円近いカネが動くとされる賭博サイトの乱立に加え、かつて八百長が横行した中国や台湾ブローカーによる 「八百長輸出」 も指摘されている。




 韓国プロ野球・LGツインズは6日、八百長に関与したとして検察当局に逮捕された金聖賢キム・ソンヒョン( 23 )と取り調べを受けている朴顕俊パク・ヒョンジュン( 26 )の2投手を解雇したと発表した。 韓国野球委員会( KBO )は2人の選手資格を停止しており、プロ野球界から永久追放される見通しだ。

 韓国の聯合ニュースや中央日報、朝鮮日報、東亜日報などの報道で判明した経緯はこうだ。

 金投手は、ネクセンヒーローズ所属当時の昨年4月、高校の先輩で元大学野球選手だったブローカー( 26 )に 「初回に四球を出してほしい」 と持ちかけられた。 その通りにすると、報酬として300万ウォン( 約22万円 )が手渡された。

 5月の試合にも 「四球」 八百長を試みたが、打者がボールに手を出し失敗。 すると 「後で覚えていろ」 と脅迫メールが携帯電話に送られ、 「お前のせいでカネを失ったから補償しろ」 と3千万ウォンを奪われたという。

 ただ、4月、5月の両試合ともに最終的にネクセンが勝利した。 「初回に四球」 という直接、勝敗を左右しない八百長だったからこそ安易に手を染めたとも考えられた。 朴投手も同様に故意に四球を出す手口で報酬を受け取った疑いが持たれている。

 金投手は4300万ウォン( 約315万円 )、朴投手は5800万ウォン( 約425万円 )と韓国プロ野球選手の中でも年俸が低く、検察幹部は 「両選手とも病気を抱えた家族がいて、多額の借金をするなど経済的に苦しかった」 と説明した。




 最初に八百長騒動の火の手が上がったのは、プロサッカーだった。 昨年5月に検察が初の逮捕者を発表して以降、在宅起訴を含め、起訴された元プロ・現役選手は登録選手数の1割に当たる約60人にのぼった。

 当初、資金力のない地方の市民チームに所属する二流選手の関与にとどまるかにみえた事件は、全国のチームに広がり、起訴された選手の約半数が国家代表経験者だった。

 「八百長に関わったことを恥ずかしく思う。 全て私の責任、私がやらせた」 と遺書を残して自ら命を絶った選手を含め、選手2人、監督1人の自殺も起きた。

 今年に入って男子プロバレーボールリーグにも飛び火する。 女子バレーリーグの中にも関与していた選手が判明。 逮捕や在宅起訴された元プロ・現役選手は16人にのぼり、男子でいえば、登録選手数の1割を超えた。

 有名お笑い芸人のマネジャーが 「ブローカーと選手の酒席に招かれた」 と証言。 選手の買収に芸能界に人脈があることを利用したとみなされるケースも浮上した。

 既に逮捕されたブローカーは 「プロ野球やバスケットボールでも八百長がある」 と供述。 プロ野球選手の一人が 「ブローカーから誘われたことがある」 と申し出たが、球界関係者は 「野球では八百長は不可能だ」 と一様に取り合わなかった。 KBO事務総長も八百長疑惑について 「野球の仕組みを全く知らないからだ」 とうそぶいた。

 野球では、たとえ投手であっても1、2人が加担したところで勝敗を左右することはできず、 「ベンチが見ればすぐにバレる」 と楽観視された。




 その不可能な八百長を可能にしたのが、インターネットにはびこる違法スポーツ賭博サイトの存在だ。

 韓国刑事政策研究院によると、違法賭博サイト数は1千以上、売上総額は12兆ウォン( 約8300億円 )前後にのぼるとみられる。 韓国で合法のスポーツ振興くじ 「toto」 の6倍規模だ。

 韓国の多くのサイトで利用する際、求められる住民登録番号の認証も必要なく、携帯電話番号と銀行口座番号さえ登録すれば誰でも参加できるという。

 試合結果を予想する合法くじと違い、野球の場合、先制点やファウル、どちらの投手が先に降板するか ── といった細かいプレーが賭けの対象となる。 このため 「初回に四球」 を投げることだけで八百長が成立するのだ。

 一方、バレーボールで多用されるのが、 「アンダー・オーバー」 と呼ばれる賭け方だ。 両チームの1セットの合計得点が胴元が事前に決めた点数より、低い( アンダー )か、高い( オーバー )かを予想するもので、リベロやセンターら特定の選手が故意にトスミスなどをすることで失点を操作できる。 しかも 「初回に四球」 同様、勝敗そのものに関係しない。

 そして、違法サイトでは 「正確なソース( 八百長情報 )が入ってきました」 「失敗した場合、アフターサービスします」 といった誘い文句で参加者が募られるという。


に 

 「『 1回だけ手伝ってくれ 』 と先輩に再三頼まれ、拒否すれば、チーム内でいじめられると、八百長に加担した」。 「先輩から 『 借金に追われ、暴力団から脅されている選手がいる。 手伝ってくれ 』 と言われ、仕方なく加わった」

 サッカーの八百長事件をめぐる裁判で選手らはこう陳述した。 「体育会系」 ならではの先輩・後輩関係、上意下達が八百長の温床になったといえる。

 収監後に 「特にカネを稼ぎたい考えはなかった。 リーグ全般にこうした状況が広まっていると聞き、雰囲気にのまれた」 と韓国メディアに伝えた元ゴールキーパーもいた。

 ブローカーがひとたび選手を取り込むと、その選手が後輩や同僚選手を買収する 「内部ブローカー」 になり、芋づる式に加担者が増えていった。 選手が自ら八百長に関与したゲームに賭けて高額の配当を稼いだり、八百長情報を流して報酬を得たりするケースも現れた。


? 

 八百長蔓延の背景の一つとして韓国で指摘されているのは、中国系組織の進出だ。

 中国プロサッカーでは2008~09に中国サッカー協会副会長を含め、八百長に関与した選手や関係者が次々摘発された。 度々八百長事件があった台湾プロ野球でも09年に大がかりな調査が行われ、6球団が4球団に縮小された。

 韓国メディアは 「中台での摘発で締め出された中国系組織が、手口とともに韓国に進出し、初期は高い配当率で会員を募った」 と分析する。

 実際、軌を一にするように07年に40件にすぎなかった違法スポーツ賭博サイトの申告件数が09年には5千件超、 10年には約8千件にまで急増している。

 違法サイトのサーバーが中国に置かれていたケースも捜査で判明。 サッカーの試合会場で、違法賭博の中継役をしていた中国人留学生が摘発されたこともあり、 「中国語を話す人物から 『 選手を紹介してほしい 』 と頼まれた」 と韓国メディアに証言した元プロ野球選手もいた。

 中国の違法賭博業者が架空会社をつくってサッカーのセミプロリーグの公式スポンサーになり、 「選手に給与を払いながら八百長を指示していた」 との情報まで浮かび上がった。 このチームは後に解体された。

 韓国メディアは 「関連国の協力を得て国際協調捜査に入る必要がある。 韓国人が中国・台湾系違法スポーツ賭博組織にもてあそばれてもならない」 ( 中央日報社説 )と警告するが、ここまで蔓延を放置した今となっては 「責任のなすり付け」 の感は否めない。





( 2013.01.10 )


 
 国際サッカー連盟( FIFA )は9日、2011年に発覚した韓国Kリーグの八百長事件に関与した41選手を永久追放処分にしたことを発表した。

 同選手たちはKリーグと韓国サッカー協会から永久追放処分を科されていたが、FIFAはこの処分を全世界で適用することを決めた。

 韓国スポーツ界では八百長疑惑が次々と発覚。 サッカーのほか、バレーボール、野球でも問題になり、政府が不正撲滅に力を入れる事態になっている。

Kリーグ八百長事件
 2010年から2011年にかけて、韓国国内で発売されているスポーツくじ 「スポーツTOTO」 で利益を得たい暴力団関係者がブローカー役( この中には引退したKリーグ選手もいる )を通じてKリーグ選手に接触し、試合結果の操作( わざと負ける )を依頼、ブローカーはスポーツTOTOで当選すると得た利益の中から成功報酬として依頼選手に多額の謝礼を渡し、さらに依頼された選手が学校の後輩などに紹介することでリーグ内に広がっていった。 また依頼された選手は暴力団関係者から 「八百長に関与したことを暴露する」 と脅され、犯行を重ねたと見られる。 八百長とされる試合はリーグ公式戦の他、Kリーグカップでも行なわれていたとされる。
 ブローカーはスポーツTOTOの購入額限度( 1回につき最大10万ウォン )を超える購入の為にくじ販売店をも抱きこみ、小口でくじを大量購入したという。
 八百長に関与した選手たちはスポーツTOTOに関する法律である 「国民体育振興法」 違反および詐欺罪で起訴され、Kリーグからは永久追放も含めた厳しい処分が取られている。 摘発された選手が属したチームには、スポーツTOTO支援金が減らされて支給される。





( 2013.08.16 )

 ……





 東アジア・カップの日韓戦で政治的な横断幕を掲げて日本を無意味に挑発した韓国では、中学、高校レベルのサッカーですら、贈収賄が蔓延まんえんしているようだ。

 韓国紙中央日報( 英語電子版 )によると、贈収賄は監督やコーチといった指導者と、選手の両親、さらには審判まで巻き込んでのものだという。

 水原地方検察庁安養支所は先月、2009年から11年にかけて選手の親から多額の金銭を受け取っていた9人の指導者を起訴したことを明らかにした。 9人のうち7人は高校で、1人が中学、残りの1人が大学の指導者だった。

 検察側はさらに、子供をチームに入れるために指導者に賄賂をおくっていた親2人を起訴。 審判の1人は学校の指導者から八百長を持ちかけられ、450万ウォン( 約40万円 )を受け取っていた疑いが持たれている。

 贈収賄の構図はこうだ。 中学校に通う選手の親は子供を目的のチームに入れるために高校の指導者に賄賂をおくり、さらにその高校の指導者は、トップクラスの選手を特定の大学に送り出すことで、大学の指導者からも金銭を受け取る。 検察側の広報官は 「中学校や高校の指導者は同じ学校などで選手として一緒にプレーして以来、親密な関係を維持している。 それで、互いのチームが抱える選手をやり取りして親たちから賄賂を受け取っている」 と指摘した。

 これらの指導者の中には、かつて韓国代表の選手だったり、五輪代表チームを指導していた人物も含まれているという。 韓国サッカー協会の技術委員会メンバーを務めていた指導者もいたとされる。

 まさに、 韓国サッカー界全体が腐敗しているとしか言いようがないありさま。 そういう自国の 「恥部」 を直視せず、 よくもまあ 「歴史を忘れた民族に未来はない」 との横断幕を掲げたものだ。 他国を批判する前に、 まずは自らの襟を正すべきだろう。

 6月に行われたワールドカップ( W杯 )アジア最終予選で韓国と泥仕合を演じたイランは、9月に予定されていた韓国との国際親善試合をキャンセルしたという。 当然な判断だろう。 試合前から舌戦で喧嘩けんかを吹っかけられ、試合に勝利した後にはスタンドの観客からペットボトルやゴミを投げつけられ、ピッチ上でW杯出場の喜びを表現した選手は韓国代表チームのスタッフに暴力を振るわれた疑いさえある。

 そんな悪夢のような体験を二度としたくないと考えるのは、当たり前だ。 東アジア・カップ後に日韓のサッカー協会の間で、来年から定期戦を行う案が出ているが、今のような状態で実施してもうまくいくとは思わない。 東アジア・カップでの出来事を韓国側がしっかりと反省しない限り、不快な思いが繰り返されるだけだ。





( 2014.09.29 )

  


 男子サッカーの日韓戦で、またも 「安重根」 が現れた。 韓国・仁川のアジア大会で、韓国サポーターがスタンドでその肖像画を掲げたのだ。 近年だけでも2010年、2013年に次ぐ。
 韓国の初代統監を務めた伊藤博文を暗殺した人物だけに、その似顔絵を日本戦で掲げれば政治的意味合いが非常に濃い。 国際サッカー連盟( FIFA )はサッカーの国際試合での政治的主張を禁じているはずだが、過去の例では 「おとがめなし」 だった。



 韓国での試合には毎度登場。 日韓がアジア大会で激突したのは2014年9月28日の準々決勝。 スタンドには、安重根の似顔絵が描かれた幕がはためいた。

 1年前の東アジア杯を再現したようだ。 2013年7月28日、場所は同じ韓国。 この時はスタンドの1階から2階まで届く巨大な肖像画に加え、ハングルで 「歴史を忘れた民族に明日はない」 と書かれた横断幕が張られた。 日本サッカー協会( JFA )は試合後、競技中の政治的主張を禁じるFIFAの規定に違反する可能性があるとして東アジアサッカー連盟( EAFF )に抗議文を提出したという。 だがその後、EAFFが日本側の抗議を受け入れたとか、韓国にペナルティーが与えられた、という話は聞こえてこない。

 近年、韓国で開催の日韓戦には毎回 「安重根」 が登場する。 2010年10月にソウルで行われた親善試合でも、巨大な横断幕が現れた。 また2005年2月13日付で朝日新聞に掲載された投書の中に、こんな内容があった。 投稿者が2004年7月、ソウルで観戦した日韓の23歳以下代表の試合で、韓国側のサポーターが安重根の肖像画を観客席で掲げていたという。 少なくとも10年以上前から始まっていたようだ。

 アジア大会を主催するアジアオリンピック評議会( OCA )の 「憲章および規則」 第3条 「全般的な目的」 のなかに、こういう規定があった。
「OCAは、スポーツおよび選手を、政治的または商業的に悪用することに反対する」。
 また第36条では、OCAによる大会での 「スポーツマンらしからぬ行為」 を禁じているが、その細則として 「OCA 競技大会開催場所、会場または、大会に関係他のエリアにおいては、いかなる種類のデモンストレーションまたは、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」 とある。会場内で行われるいかなる 「政治活動」 も制限されると読み取れそうだ。




 サッカーの国際試合を見ると、サポーターの行為が処罰の対象となることはしばしばある。 中でも人種差別には厳しく、対応も迅速だ。

 政治的な主張はどうか。 最近の例では、アルゼンチン代表の選手たちが2014年6月、自国開催の親善試合直前に 「マルビナス( 英領フォークランド )諸島はアルゼンチン領」 と書かれた横断幕を手にした。 報道によるとFIFAは1ヵ月後、アルゼンチン側に罰金3万スイスフラン( 約345万円 )と厳重注意の処分を下した。

 類似の事例は、2012年のロンドン五輪で韓国代表の朴鍾佑選手が日本戦終了後、島根県の竹島が韓国領だとハングルで書かれたカードを持ってピッチ上でアピールしたのが思い浮かぶ。 この時は試合から約4ヵ月経過してから、FIFAが朴選手の2試合の出場停止と罰金3500スイスフラン( 約40万円 )と、韓国サッカー会への警告処分を決めた。 単純比較はできないが、アルゼンチンに対する措置と比べると決定までに時間がかかり、罰金も約10分の1程度にとどまった。

 サポーターによる政治活動となると、2014年3月11日の欧州チャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘン( ドイツ )-アーセナル( イングランド )の試合で、バイエルンのファンが 「人種差別にはノーを、コソボにはイエスを」 と書いた横断幕を掲げたケースがある。 コソボは2008年にセルビアから分離独立を宣言したが、ロシアやセルビアが国家承認していないこともあり、サッカー代表チームはFIFAや欧州サッカー連盟( UEFA )の加盟を認められていない。 バイエルンはコソボ出身の選手がプレーしていることもあり、サポーターがUEFA入りを後押しするメッセージを出したようだ。 この試合では、別に人種差別的な幕も観客席で見られたため、UEFAが 「2件分」 の制裁としてバイエルンにホームゲームでの観客席の一部閉鎖と罰金1万ユーロ( 約139円 )を科したという。