「東京五輪」 には放射能の危険性をあげて批判
韓国メディアの記事は
「日本の不幸は蜜の味」 ばかり





 まるで 「日本の不幸は蜜の味」 ──。 日本が失敗すれば嘲笑い、成功すれば難癖をつける。 それが韓国メディアの報道姿勢だ。 韓国紙の社説やコラム記事から、その傾向を分析した。
           *****

 ここ数年、韓国では、 「我が国の品格を既める行為を慎むべき」 という風潮が急速に広がりつつある。 その一環で、 「他国を罵ったり、嘲笑するのは恥ずべきこと」 という意識が、遅まきながら国民に浸透しはじめたのだ。 しかし、相手が日本となると、韓国人は一瞬にして理性を失ってしまうことがよくある。 反日報道の源泉が日本への畏怖と嫉妬心であることは間違いないが、日本の失敗に思わず小躍りしてしまうのもまた、韓国人の性なのだ。 「日本の不幸は蜜の味」 なのである。
 そうした国民の心の機微を読み、反日感情を煽る韓国メディアの報道を抜粋・要約の上、検証する。
 近年の韓国メディアのトレントは 「日本の右傾化」 と 「軍国主義復活」 をキーワードに、歴史問題や竹島問題で安倍政権に集中砲火を浴びせることだ。
 たとえば16年4月28日付の 『東亜日報』 電子版は、日本のオーストラリア海軍次期潜水艦の受注失敗を、次のように報じている。
 〈オーストラリアの次期潜水艦を受注して軍事大国化に弾みを付けようとした安倍晋三総理の夢が、中国の圧力で水泡に帰した。 戦後初の大規模武器輸出を成功させ中国を牽制し、米・日・豪の安保同盟を強化しようとした安倍の野望にも支障が生じた〉
 潜水艦を建造するのが三菱重工と川崎重工ということもあり、日本の “潜水艦商戦” の失敗に、ガッツポーズをしながら書いているかのように見える。 韓国で両社は、 “朝鮮半島出身者を強制労働に従事させた戦犯企業” の代表格とされているからだ。 大手紙の中には、旭日旗を先端につけた 「そうりゅう型」 潜水艦の進水式の写真を掲載し、日本の “軍国主義化” を印象付けるものもあった。
 最近の話題では、やはり2020年東京五輪の注目度が高い。 日本での開催が不愉快で仕方ないらしく、各メディアは五輪招致を巡る日本の 「裏金ゴシップ」 を嬉々として報じている。
 もっとも、東京五輪開催が決定した直後から、韓国メディアではネガティブキャンペーンが盛んに展開されてきた。
 2013年9月8日の 『スポーツ京郷』 電子版は、
 「放射能・軍国主義 東京五輪招致を取り巻く憂慮と批判」 と題したコラムで東京五輪開催をこう腐した。
 〈世界のスポーツファンは、東京開催への懸念を抱き続けている。 日本は福島原発事故による放射能拡散や汚染水漏れはもちろん、露骨な右傾化と軍国主義回帰の動きを見せており、世界の人々の批判を受けてきた〉


地震が起きると侵略する!?

 コラムは、英・BBCニュースに寄せられた視聴者の匿名コメントなどを引用しつつ、日本の軍国主義化と放射能事故を猛烈に批判した。 どこの誰が書き込んだかも分からないコメントを一方的に引用し、 「世界中の人々が批判している」 という暴論だ。
 また、記事では放射能の危険性を煽り立てるが、駐日韓国大使館が2013年8月に公表したデータによると、ソウルの放射線量は東京の3近く( 当時 )にのぼる。 だが、これを報じたメディアは一部だった。
 歴史問題や竹島問題と同様にヒートアップするのがスポーツの日韓戦報道だ。
 15年11月19日に開催された 「世界野球プレミア12」 準決勝で韓国が日本に逆転勝ちした翌日、ネットニュース 『TVデイリー』 は試合経過を淡々と伝えつつ、ネットに書き込まれたサムライージャパンに対する中傷の数々を掲載した。
 〈小久保監督はA級戦犯として歴史に名を残した〉
 〈NPB( 日本野球機構 )は解散して韓国プロ野球に学べ〉
 〈経済、軍事、科学技術、文化、すべてが韓国に押されている〉
 実は、これらニュースで取り上げられた30件以上のコメントはすべて、日本のネット掲示板からの引用。 韓国人の本音を日本のネットユーザーに “代弁” させる形で 「日本の敗北」 を喜んだのだ。 日本のネットユーザーは今後、自身の書き込みが韓国メディアに都合よく利用されることを覚悟したほうが良いだろう。
 政治的主張に歴史を絡め、世論をミスリードするのも韓国メディアの常套手段だ。
 〈日本の地震は韓国にとって他人事ではない。 日本は過去、地震による恐怖と不安を私たちへの侵略戦争などに転換してきたからだ〉
 韓国タブロイド紙 『日曜ソウル』 ( 16年4月25日付 )の社説は熊本地震を題材に、日本にこう矛先を向けた。
 〈一部の学者たちは、大地震( 編集部注一1596年の慶長伊予・豊後・伏見地震 )によって競々とした日本の民心を逸らすために、秀吉が慶長の役を企てるようになったと考えている( 中略 )最近の日本の地震も他人事ではなく、その火の粉が私たちにどのように降りかかってくるのかを注視すべきである〉
 社説の言わんとするところは、 「度重なる震災で混乱する日本国民の不満を逸らすため、 “極右・安倍” が、秀吉よろしく再び朝鮮侵略を画策するかもしれない」 ということだ。 その想像力の逞しさには開いた口が塞がらない。


本音は 「日本がうらやましい」

 日本への “嫉妬” が如実に表れるのは、 「ノーベル賞」 関連の報道 だ。
 日本人科学者のノーベル賞受賞が決定した直後の2014年10月9日、 『中央日報』 ( 電子版 )は社説で、
 〈1人のノーベル科学賞の受賞者も輩出できない韓国の立場としては、うらやましいばかりだ〉
 と、思わず本音をぽろり。 一方、16年3月14日のネットニュース 『マネートゥデイ』 は、韓国が今年から、ノーベル賞の発祥国・スウェーデンの学術財団と交流事業を開始することを伝えた。 その中で、
 〈日本のノーベル科学賞受賞の成果は、スウェーデン政府・ノーベル委員会・国家研究所・大学などを中心とした執拗なまでの科学外交と関連がある〉
 と専門家の分析を引用し、日本が際立っているのは科学技術力ではなく “外交努力” であると、負け惜しみにも見える主張を展開した。
 こうした論法を使い、韓国メディアはユネスコの世界記憶遺産にも噛みついた。
 15年、中国の 「南京大虐殺関連資料」 が記憶遺産に登録されたことを巡り、日本政府はユネスコヘの拠出金停止を検討。 それを受け、 『朝鮮日報』 ( 電子版・15年10月13日 )の社説は、 「ユネスコを脅迫する日本の品格」 と題した社説を掲載した。
 〈韓国は1988年、中国は85年と日本より先に( 世界遺産条約に )批准した( 中略。日本は )金をちょっと出しているばかりに、世界を見下しているようだ。 安倍政権の傍若無人ぶりは感じていたが、これほど品格がないとは思わなかった〉
 「金に物を言わせて尊大に振る舞う日本」 と言わんばかりだが、言うまでもなく、日本政府が拠出金の停止を検討したのは中国側の資料が客観性に乏しく、審議の過程が不透明だったからだ。 日本が不幸になったり不利になったりすると喜ぶ一方で、日本が主張するのは面白くないらしい。
 韓国が 「国家の品格」 を保つためには、まずはメディアが 「事実を客観的に伝える」 という報道の大原則を学ぶ必要がありそうだ。