マクドナルド vs. 韓国人


( 2014.01.17 )

  


 米ニューヨーク・タイムズ紙は15日、米国のコリアンタウンでマクドナルドと客の韓国人高齢者との間で座席をめぐりトラブルになっていると報じた。 韓国人高齢者が安い飲み物1杯で長時間居座ることが原因だが、困り果てた店側が警察に通報したところ、在米韓国人社会は 「差別」 だとして反発。 マクドナルドに対する不買運動の計画も持ち上がっている。

 トラブルになっているのはニューヨーク市クイーンズ区フラッシングにある店舗。 同紙によると、韓国人高齢者たちはコーヒー1杯( 1.09ドル )、またはフレンチフライ1袋( 1.39ドル )だけを購入。 それを仲間と分け合いながら長時間会話し、テーブルを独占しているという。 時には店がオープンする午前5時から夜まで居座る客もいるという。 店は対応策として 「注文したメニューを20分以内に済ませてください」 と記した案内文を掲載。 長居する客には直接、席を譲るよう求めた。

 店の対応を受け、客はいったん外に出るものの、しばらくするとまた戻ってくるという。 店と客の席をめぐるトラブルは数か月前から深刻化しており、店側の要求を 「不当」 だと訴える人もいる。 座席をめぐる警察沙汰は2013年11月以降だけで4件発生している。 同店のマネージャーは 「ここはマクドナルド。 老人ホームではない」 と述べ、韓国人高齢者の行動に怒りをあらわにしているという。

 しかし現地の韓国人社会はマクドナルドの対応に強く反発している。 米ニューヨーク韓人学父母協会は16日、 「長居しているとの理由で客を警察を使い追い出すことは、法で禁止されている人種・老人差別だ」 と批判。 「戦争の惨禍を経て韓国が10大経済国家になるまで熱心に働いた主役であり、尊敬されるべき世代の韓国老人を犯罪者扱いすることは韓国人全体を冒涜ぼうとくすることだ」 と主張した。

 同協会は警察に対しても非難の矛先を向け、善良な市民を店から追い出すためむやみに出動したとして 「税品の無駄遣い」 を指摘。 2月の1ヵ月間に渡り、トラブルになっているマクドナルドに対して不買運動を展開する計画があることを明らかにした。

 同協会のチェ・ユンヒ会長によると、フラッシングは韓国人の居住密度が非常に高い地域だという。 チェ会長は 「この地域の最大の顧客は韓国人だ」 と述べ、マクドナルドに不満を示した。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 




( 2014.01.21 )

  


 米ニューヨーク市フラッシングにあるマクドナルドが、韓国人高齢者の客が長時間居座るとして警察に通報し、店から追い出した問題で、同店舗が19日、韓国人高齢者に対して謝罪した。

 マクドナルドと韓国人団体は20日、騒動となったマクドナルドのフラッシング店で記者会見を開き、双方が用意した協力案を提示し、事態収拾に動いた。

 マクドナルド側は、 ▲午前11時−午後3時を除く時間帯は高齢者を配慮する。 ▲韓国語と中国語の掲示板の設置。 ▲韓国語が流ちょうな韓国人職員の採用などを約束した。

 マクドナルド側はまた、どのような場合でも韓国人高齢者を店から追い出すための手段として警察に通報することはしないと説明。 韓国人高齢者向け老人ホームとマクドナルド間の交通を提供する韓国人団体と協力し、韓国人高齢者がマクドナルドを利用しやすいようにする方針という。

 マクドナルドは、長時間にわたって席に居る客への対応策として、店内の利用を 「20分以内」 に制限したことについても取り消した。

 韓国人高齢者側は 「双方に誤解があったが、マクドナルドが韓国人高齢者を( 人種的または社会的弱者として )差別したとは思っていない」 と述べたという。 利用客が多くなる午前11時−午後3時までは店側に配慮し、利用を自制することを約束した。

 韓国メディアによると、現地在住の韓国人高齢者は 「地域社会の特性上、マクドナルドは韓国人高齢者たちに必ず必要な場所」 だと述べ、和解したことによろこびを示した。

 マクドナルドと韓国人高齢者の座席をめぐる問題は、米ニューヨーク・タイムズ紙が15日に報道。 米ニューヨーク韓人学父母協会は、韓国人高齢者を警察を使い追い出すことは 「人種・老人差別だ」 と批判し、2月に不買運動を展開する計画があることを明らかにしていた。

 韓国メディアは、マクドナルドが謝罪したことにより不買運動も中止となる可能性が大きいと報じた。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


   




( 2014.04.16 )

  


 米国に住む60代の韓国人が、マクドナルドクイーンズ店の店長から不当な扱いを受けたとして、1000万ドル( 約10億円 )の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたことが分かった。

 今回訴訟を担当するKim&Bae法律事務所のペ・ムンギョン弁護士は13日( 現地時間 )、韓国人のA氏が、マクドナルド本部とニューヨーク支社、クイーンズ店の女性店長のルーシー・サザード氏( 50 )を相手取った民事訴訟をニューヨーク州のクイーンズ郡裁判所に提起したと明かした。

 訴状によると、A氏は2月16日の午後4時30分ごろ、クイーンズ区にあるマクドナルドに入店。 当時レジには店員が4人いたが、3人は談笑しており1人だけが対応している状態だった。 A氏は列に10分ほど並び、コーヒーを注文。 その際に 「( レジまで )とても時間がかかった」 と不満を述べた。

 A氏の発言を聞いたサザード氏は 「あなたのような人にコーヒーは売らない」 と述べ、直ちに店から出て行くよう要求。 A氏は 「なぜ私はだめなのか」 と反発したが、 「あなたに売るコーヒーはない」 と繰り返し発言し、販売することを拒んだ。

 A氏は 「分かった」 と答え、その後店の様子を携帯電話のカメラで撮影しようとしたところ、サザード氏が1.5メートルほどのほうきを取り出し振り回した。 この影響でA氏は右手にけがを負い、携帯電話も故障したとされる。

 通報を受け現場に駆け付けた警察は、防犯カメラと店内に居合わせた客らの証言を元に、当時の様子を調査。 サザード氏は暴力容疑で書類送検された。

 ペ・ムンギョン弁護士は、当時店内にアジア系の客がA氏しかいない状況で、サザード氏が述べた 「あなたのような人( people like you )」 という表現は、特定の人種に対する差別的表現にあたるとみている。

 今回問題が起きた店舗は、今年1月に韓国系住民とマクドナルドの間で 「座席」 をめぐりトラブルになった店舗から1キロほどの距離にある。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 




( 2017.12.22 )

  


米国のカフェで白人女性が韓国人留学生に対して人種差別的発言を日常的に浴びせて問題になっている。

 米国カリフォルニアのカフェで白人女性が韓国人女性に 「あなたが使っている言語は聞きたくないから静かにして。 特に韓国語は気持ち悪い」 と、人種差別的な発言をしている映像がSNSに掲載されて話題になっている。

 14日( 現地時間 )、FOXニュースなどによると、人種差別的な発言を浴びたアンさんは今月10日、カリフォルニア・ウォルナットクリークにあるスターバックスの店内で中年の白人女性に人種差別を受けたとし、その経験談と関連映像をフェイスブックに載せた。 アンさんが載せた映像の再生回数は現在54万回以上を記録し、該当の投稿物は5600回以上シェアされて世界の人々を憤慨させた。

 当時スターバックスでの個人レッスンを終えた後、友人とともに韓国語で話を交わしていたアンさんに1人の中年女性が 「ここは米国だから英語だけ使え。 韓国語は使うな」 と、突然に言いがかりをつけてきた。 アンさんは 「私たちはそれぞれの言語で話す自由がある」 と応酬したが、白人女性はこれを気に留めず 「特に韓国語が気持ち悪い」 「静かに座っていろ」 「移民者」 などの人種差別的発言を繰り返した。

 スターバックスのスタッフが 「( アンさんら韓国人には )何の間違いもない。 あなたが問題を作っている」 とし、店を出るように求めた。 中年白人女性はこれを拒否し、逆に 「私が手紙を送ればあなたが困ることになる」 とスタッフを脅迫した。

 しばらくして警察が出動した後にこの女性は店から出て行ったという。 この女性は出て行く直前まで態度を変えず、アンさん一行に向かって人種差別的発言を繰り返していたと米国マスコミは伝えた。

特亜が米国に移民してきて傍若無人に振る舞い、米国籍をとって参政権まで与えられ増殖。 年を追うごとに年々ひどくなっていく。
差別発言をした女性はアメリカ黄金時代に育ったのだろう。 自分の国が特亜に侵略されていく。 いくら口先で自由の国とは言っても、傍若無人なふるまいをするアジア人には辟易していたのだろう。 こうした人の怒りの矛先は、アジア人すべてに当てられる。
日本であれば現地と調和を真っ先に考えるが、特亜は根こそぎ奪い取るような国民性。 市場も地域も荒らしまくる。だから嫌われる。
突き詰めるところ、特亜が最大の原因!
『ニダ、ニダ』と、兎に角 五月蝿く 耳障り! 喧嘩をしているような喋りかたもイライラする。




( 2018.09.16 )


 韓国政府がコーヒー専門店内での使い捨てコップの使用を禁じたことで、個人用タンブラーの使用が増加する中、タンブラーは持ち込むもののコーヒーを注文せずに居座る 「ノーオーダー( No order )族」 が増えている。

 仁川のあるコーヒー専門店でアルバイトをする大学生のファンさん( 24 )は、最近毎朝タンブラーを持ってきては氷をいっぱい入れるよう要求してくるある顧客のため、頭を悩ませている。 顧客に 「氷はコーヒーを注文した際に差し上げる」 と言うと 「そんな規定など見たことがない」 とまくし立てるという。 ファンさんは 「氷水でいっぱいのタンブラーをテーブルの上に置き、何時間も居座るケースもある」 と肩を落とす。

 家からココアや緑茶、はったい粉を持ってきてコーヒー専門店で飲む 「ノーオーダー族」 もいる。 ソウル市冠岳区のコーヒー専門店で働くパクさん( 26 )は 「外部から持ち込んだお飲み物を店内で作って飲むのは控えるようお願いしても全く効果がない」 とした上で 「タンブラーにインスタントコーヒーを入れてきて、カウンターでホイップクリームを載せてくれと要求する顧客もいた」 と眉間にしわを寄せる。

 一部のノーオーダー族は、店内に置かれてあるミルクとシロップだけを飲んで帰ってしまうケースもあるという。 カウンターでコップをもらい、ミルクを注いで飲むわけだ。 釜山市海雲台区のあるコーヒー専門店でアルバイトをしているクォン・ヒリムさん( 24 )は 「数日前に団体客が訪れて、お湯を4杯くれと言うから差し上げた。 すると、シロップを入れて 『ハチミツ湯』 と言いながら飲み始めた。 店内のミルクやシロップはもともとコーヒーの濃度や糖度を調整するために備えられているものだ。 いくらお客さんだからといっても、これはちょっとやり過ぎという気がした」 と話す。

 ノーオーダー族は、フランチャイズのコーヒー専門店を好む。 店内の片隅や2、3階に座っていれば目立たないためだ。 これに対する別途の規定が業者側にも存在しないため、アルバイトだけではなく、マネージャーたちも手をこまねいている。 コーヒー専門店 「コーヒービーン」 の対外協力部に勤務するチョン・ボベ主任は 「タンブラーを持っているため、飲み物を注文したのかどうか、確認するのが難しい」 という。 コーヒー専門店の立場としては、ノーオーダー族を厳しく監視するよりも、これらのノーオーダー族が次に来店する際は飲み物を注文するよう期待して待った方が得といった計算もある。