コリアンは鼻つまみ




 7月27日の産経新聞は、 「脱北者200人韓国入り 東南アジアから第1陣」 と言う見出しで次のように伝えていました。
 北朝鮮を脱出し東南アジアに滞在していた脱北者約200人が27日午前、韓国のチャーター機でソウル空港から入国した。……
 今回の韓国入りは、脱北者たちが滞在先の国で問題を起こすことが多く なり、韓国政府と協議の結果、大量輸送で合意した。……
 現在、韓国で生活している脱北者は約4,900人で、増加傾向にある。 韓国政府は定着支援施設拡充や支援制度の改善などの対策を取っているが、脱北者増加で対応が間に合わない状況が続いている。

 また、昨年8月24日の産経新聞は、 「東南アジア脱北者急増 数百人 韓国の受け入れ限界に 」 という見出しで次のように伝えていました。
 バンコクの在タイ日本大使館に北朝鮮を脱出した10人が駆け込んだ事件は23日に10人全員の韓国入りが実現し、解決した。 韓国の受け入れによる決着は予想通りだが、事件が3週間以上に及んだ裏には脱北者の波が東南アジアにも押し寄せ、韓国の対応が難しくなってきたという事情がある。……
 脱北者の急増で、受け皿となってきた韓国は負担にあえぎ、選別姿勢を強めている。 「 原則として受け入れる 」 という建前は崩していないが、最近ではバンコクにたどり着いても韓国行きに2年かかることさえあるという。 今回の10人の中には当初から韓国行きを希望していた人もいたが、あえて日本大使館に駆け込んだのはそうした事情もあったようだ。……

 

 

 また、韓国政府は脱北者の受け入れに消極的であることの言い訳として、 「限界である」 とか、 「北への配慮から積極的な受け入れが出来ない」 などと言っていますが、これは全く言い訳になりません。 世界各地には戦乱などにより、やむを得ず数万から数十万人の外国人難民を受け入れている国がいくつもあります。 しかも、韓国より経済的に遙かに貧しい国です。 経済的に離陸した韓国が、たかだか5,000人程度の同胞の受け入れで、 「限界だ」 などという言い訳は通用するはずがありません。

 韓国政府がその程度で限界だというのなら、60万人の在日コリアンを抱える日本はとっくに限界を超えている と認識すべきです
 韓国人は同胞を嫌っています。 同胞に嫌われている人間が外国で受け入れられるはずがないことをコリアンは認識すべき です。






( 2001.02.12 朝鮮日報 )


 メキシコの有力日刊紙レフォルマが最近、韓国の移民社会を特集記事で扱い、韓国人に対する現地人の否定的な見解だけを反映、同胞らの怒りを買っている。

 新聞は 「 遠くの隣人、小さなソウル 」 というタイトルの全面特集記事で、4年前から韓国人のメキシコ移民が急増し、今では約9000人にも達していると指摘、 「しかし彼らは、自分達だけの共同体の中で、自分達だけの言語と生活文化に固執、隣人との共存を無視している」 と非難した。

 同紙はまた、 「 韓国人が主に住んでいるメキシコシティのフアレス区域は、50年ほど前までは様々な国からの移民が仲良く共存する地域だったが、韓国人が移住してから、隣人同士の情が薄れた代わり、不満がいっぱいの状態だ。 現地の法を破った韓国人が、メキシコ人と多くのいざこざを起こしている 」 と伝えた。

 特に、カラオケや韓国式飲み屋の近隣に居住する住民は、 「韓国人は、現地の法を無視し、前日午後から翌日午前7時まで、一晩中歌を歌うなどして興に乗じており、一部の店舗では売春まで斡旋しているようだ」 とし、韓国人は、非常に共存し難い民族であると糾弾した

 このほか、市内の中心街の建物を銭湯に不法改造した後、手ぬぐいを道路側にかけて美観を損ねたり、当局の許可なしに営業行為をする韓国人の店が多く、関係当局の介入が必要だと指摘されている。

 これに対しメキシコに住む同胞は、 「 最近韓国人の移民が急激に増え、多くの副作用が発生しているのは事実だが、現地人の一方的な話だけを聞いて、我々の社会を罵倒するのは、言論の横暴というだけではなく、人種差別行為だ 」 とし、憤慨している。