最低の国韓国、最低の人間韓国人




 6月8日の産経新聞は、ワールドカップの日本対ベルギー戦の韓国人の反応を次のように報じていました。
 サッカーワールドカップでの韓国の興奮ぶりが尋常ではない。 韓国が初戦のポーランド戦に勝った4日夜など、…… 明け方近くまで 『オーオ、コリア!』 『デーハン、ミングック!デーハン、ミングック!』 ( 大韓民国 )の歓声が続き眠られないほどだった。 …… 一方、在韓日本人たちの報告によると同じ日、日本とベルギーの試合についての韓国人の反応が興味深かった。 韓国戦に先立ってテレビ中継されたのだが、日本の得点にはブーイングが多くベルギーの得点の方に拍手がわき、7対3ぐらいの比率でベルギーに応援していたとの報告もある」
 韓国とベルギーの間に同盟関係がある訳でも、特別の歴史的な友好関係がある訳でもありません。 それにもかかわらず韓国人がベルギーを応援したのは、日本の敗戦を願ってであることは言うまでもありません。 これが韓国人の現実の姿です。 これが彼らが言っている 日韓共催の間柄 」 の真の姿 です。

 我々は現実を直視しなければなりません。 世界中で日本の敗戦を願っている国民は、韓国人以外にいないと思います。 日本人にとって 韓国は最低の国であり、韓国人は最低の国民である と言うほかはありません。







( 2009.05.24 )
韓国


 昨日の午前中、突然のテロップが流れて韓国の盧武鉉ノ・ムヒョン前大統領が自殺したことを報道した。 盧武鉉前大統領は、07年から08年にかけ、有力後援者の朴淵次・泰光実業会長から計600万ドル( 約5億6900万円 )を不正に受領していたとされていた。
 現金は、権良淑夫人ら家族に渡り、検察側はこれらの資金が実質的に前大統領への賄賂に当たると判断して、捜査をしていた。

 夫人と長男、長女は検察側の事情聴取を受け、側近の元大統領総務秘書官が収賄罪などで起訴された。 盧武鉉前大統領は、先月30日午後、不正資金供与疑惑でソウルの最高検に出頭、事情聴取を受けた。
 最高検は収賄容疑での立件を目指しており、韓国メディアによると、逮捕はせず在宅起訴となる公算が大きいという見通しだった ……。

 結局、夫人や息子など家族の金銭疑惑に追いつめられた結果だ。 真相を追究されることを嫌がったのだろう。 通例であれば、「 お気の毒に ……。 」 と武士の情けをかけたいところだが、彼の政治信条を評価していないので ……。  と言うか、彼の反日的な言動には嫌悪感を持っていた ので、自殺を選んだことには、「 やはりそれまでの器でしかなかった 」 と再認識したくらいだ。

 清潔なイメージを韓国民に与えた盧武鉉前大統領であったが、これで本性が晒された。 韓国の大統領が地位を利用して私腹を肥やすことは韓国では、歴代からずっと続いている。
 そして政権交代で、前大統領が新大統領に逮捕され、有罪となることもパターン化されてきていた。 そうなることを予測していながら、何故、対抗策を講じなかったのか? 懐の甘さが露呈された感じである。
 尤も悪事を隠す企てを奨励しているわけではないが ……。

 盧武鉉前大統領の場合、同じ金銭疑惑でも、過去の全斗煥チョン・ドファン盧泰愚ノ・テウ元大統領らの場合のような財閥企業などからの巨額政治資金疑惑というのではない。
 あくまで夫人や息子など家族、親戚が、以前から知り合いの業者から金銭的支援を受けていたというものだ。 そこで盧武鉉前大統領の支持者達は、「 昔の大統領疑惑に比べると大したことはない! 」 「 言わば、生活型犯罪だ! 」 などと弁明、擁護しているらしいのだが、見苦しい!

 公的職務者は聖職者と同じであり、事の大小に拘らず、そのような不正をすること自体が問題なのだ。 「自分の側には非が無い! 悪いのは貴方の方だ!」 と乱暴な主張をする国民性が、ここでも出たと思った!

 盧武鉉氏が大統領職に就任した際には、左派・革新系勢力が背景にあった。 だから何でも物事を、左翼的二元論に基づいて他者を批判することは得意だったのだ。

 反日法 の推進もその一環だった! 彼は平凡な指導者で、大統領職を全うするほどの力量は持ち合わせていない。 韓国民の内政の不満を反らす為には、日本を大いに利用したのだ。

 ちなみに反日法とは、日本統治下で親日的であったとされた人やその子孫の財産など没収するという法律である。 法律には、成立以前の行為には適用出来ないという“事後立法の行使の禁止”が世界的に適用されているのだが、驚くことに反日法では適用される! 何たるアナクロリズムなのだろうか!
 事後立法で犯罪を裁いたのは、あの悪名高き東京裁判以来ではないだろうか? 皮肉にも反日法の行使は、韓国が法治国家ではないことを世界に露にした形になったのだ。
 盧武鉉氏は、所詮はその程度の器でしかなかったのだ。 そんな彼を大統領として崇めざるを得なかった韓国民に憐れみを感じる。

 反日法の行使は、韓国内で嫌われている人のみならず、尊敬されている人の過去までをスキャンダラスに面白半分に、曝け出すようになった。 その結果、対象者は財産を没収され、韓国民は喜び、溜飲を下げた。
 いつの間にか、左派勢力は反日法を政治的に活用するようになったのだ。

 しかし反日法には思わぬ余波を生んだ。 それは、韓国民に他人を誹謗中傷する楽しさを覚えさせてしまったことだ。 そんな下地に重なって、社会にインターネットが爆発的に普及した。
 これに依って、韓国民はインターネットで大々的に中傷活動を行うようになった。 韓国の著名な芸能人に自殺が多いのは、インターネットに依る誹謗中傷に堪えられなかったことが原因の大半だ。

 韓国は儒教朱子学の国と自認しているが、聞いて呆れる! 多くの韓国民は、自分の身を庇うことばかりを考えているから、公正な判断基準が麻痺している。 何が正しく、何が悪事なのか、理解出来ないのだ。
 今回の自殺騒動でも盧武鉉氏側に同情の声が集まり、疑惑追及する最高検、ひいては李明博政権が批判されるという反転現象が起こっている。

 自殺は悲しい行為だ。 しかし 自殺が犯罪の免罪符に使われては困る。 この場合、疑惑追及する方が正しい行為なのだ。 その追及を身を挺して潰した罪は大きい。
 真実が明らかになれば、屈辱に堪えられないのだろうが、自らのちっぽけな名誉の為に、逃避したことは愚行だ。




( 2011.09.28 )

 


サッカーのベルギー1部リーグで日本代表の川島永嗣選手が相手チームのサポーターから 「 フクシマ 」 と連呼されて問題になったのは記憶に新しいが、今度は 韓国で 「大震災をお祝い」 という垂れ幕が掲げられていた ことが明らかになった。

 被災した人の感情を逆なぜ、誹謗する内容だとして、日本側はアジアサッカー連盟に抗議文を提出。 韓国メディアも問題を伝えているが、さすがに韓国サポーターの行動を擁護する声は少ないようだ。




問題のメッセージが掲示されていたのは、サッカーJ1のセレッソ大阪が2011年9月27日に行われたアジア・チャンピオンズリーグ( ACL )の準々決勝。 セレッソはアウェーの韓国・全州チョンジュで、韓国の全北現代チョンブク・ヒョンデモータースと対戦。 6対1の大差で敗れた。

 この試合の場で、対戦相手の全北のサポーターが、応援席から
「日本の大地震をお祝います」( 原文ママ )
 と日本語で書かれた垂れ幕を掲げたのだ。 垂れ幕に気付いたセレッソが主催者に指摘して、試合前半には掲示をやめさせ、試合後に主催者のアジアサッカー連盟( AFC )に抗議文を提出した。




 一方、韓国の大手マスコミも、この問題を報じている。
 例えば東亜日報は、日本のスポーツ紙、スポニチの報道を引用しながら、韓国のネットユーザーから
「( このようなメッセージを掲げる )サポーターの文化が理解できない」
「垂れ幕を掲げた人をサッカー場に入って来られないようにしろ」
「国家的恥さらし」
 と、垂れ幕を批判する声が相次いだことを伝えている。 ただ、一部には、
「日本のサッカーファンも日の丸をサッカー場に持ってくる」
 と、垂れ幕を擁護する声もあったという。

 聯合ニュースは、垂れ幕が撤去された後も 「 後遺症が残った 」 とし、2ちゃんねる上で 「 韓国人が何をしたのか、世界中に知らしめなければならない 」 といった日本側からの不快感を表す書き込みがあったことを紹介している。

 「 国民日報 」 も同様に2ちゃんねるで韓国に対する猛烈な批判が起こったことを指摘したが、垂れ幕の写真に写りこんでいる人に 「 ぼかし 」 が入っていないことを問題視。
「人格を傷つける可能性がある」
 と指摘している。


垂れ幕に書かれている内容に問題があることが理解できない朝鮮人!
人格を傷つけるだと? 人格がある人間がこんな非常識なことするか!





( 2012.03.12 )



 東日本大震災発生から1年を迎えた2012年3月11日、「日本人は地震で一瞬に死んでください」 「私が殺すとすれば日本人!」 などと、たどたどしい日本語で語る若い男性の動画が 「 ユーチューブ 」 にアップされ、ネットが騒然となった。

 日本では、世界中の人にこの酷い動画を見てもらおうと英語、フランス語などの字幕を付けようとの呼びかけが始まり、アメリカの掲示板 「 4chan 」 には 「 All Japanese be killed in an earthquake 」 というスレッドが立てたれた。




 問題の動画は 「ハ~イ 日本人たちよ、こんばんは」 で始まり、 「あなたたちは被爆しているんですか? もう直ぐ東京でも大地震が発生して死んでしまうのですか?」 と問いかける。 そして、人を殺そうと考える場合は日本人をイメージしていたが、殺す必要がなくなった、と続ける。 それは日本人が勝手に自滅してくれるからで、
 「あ~気持ちいい。 それでは、これから日本の復興を、ずっと見守りながら、楽しんでまいります。 一瞬に死んでください、日本人の皆さん」
 と語って動画は終了する。

 アジア系の顔をした男性で、金髪に染めている。 日本語はたどたどしく、紙に書かれた原稿を読んでいるような感じだ。 ネットでは、大震災の 「 3.11 」 を狙った投稿であるのは間違いなく、ここまで日本人の気持ちを逆なでする男性はいったい誰だと騒然となった。

 ネットでは、投稿したのは日本に住んでいたこともある韓国籍の若い男性だとし、新宿区歌舞伎町でホストをしていた、などいう情報も流れているが、本当かどうかは分かっていない。

 男性はネットで騒ぎが大きくなると、この動画を削除した。 しかし、録画されていて 「 ニコニコ動画 」 など複数の投稿動画サイトに次々に転載され、数十万人規模で閲覧されることになった。

 すると男性はこの日、別の動画をアップし先の動画は日本人を侮辱するためではなく、自分の日本語が通じるかを試すためだった、と釈明。
 「いま、必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています。 私の目に、は、あなたは理性的に考えることが出来ない、動物に見えます」
 と反論した。



 男性は、自分はもともと反日ではないとしたうえで、笑ってもらうためだったが、日本の人から理解してもらえないのは、韓国を否定しているからだという理屈を展開している。
 「お前らが、興奮し、私を個人攻撃したその瞬間から、あなた方と私の罪は同じだったろう。 私は反日、そしてあなた方は嫌韓だ」
 そして、死ぬまで反日を貫く、などとも発言した。 さらに、動画を転載するのは肖像権違反であり、自分への攻撃も告訴に値するため、もう少し考えて生きて欲しいなどと忠告している。

 ネットではこの男性に対する激しいバッシングが起こっていて、掲示板 「 2ちゃんねる 」 にはスレッドが数十も乱立する盛大な 「 祭り 」 になっている。 そしてこの動画の酷さを全世界の人に知ってもらおうと、英語、フランス語、スペイン語などの字幕を付け、動画投稿サイトに拡散させる呼びかけが起こっている。 また、アメリカ版 「 2ちゃんねる 」 として知られる 「 4chan 」 にも 「 All Japanese be killed in an earthquake 」 というタイトルでスレッドが立てられている。





( 2012.03.13 )

 


 東日本大震災から1年後の2012年3月11日、韓国人と思われる男性が、 「日本人は地震で一瞬に死んでください」 と発言した動画がユーチューブでアップされ、日本のネットで激しい反発が起こったが、これが韓国で報道されると、ネットの反応は逆だった。

 「 大統領にしたい 」 「 現代の安重根義士だ! 」といった賞賛の声があがり、 「 韓国は震災で援助したのに恩知らずな日本人 」 などと逆バッシングの様相を呈している。




 この動画で、問題の男性は、自分が人殺しをしたいと思うときにイメージするのは日本人だが、殺す必要はなくなったと、たどたどしい日本語で語り、殺す必要がなくなったのはまた大地震が起こるからで、 「 日本人は一瞬に死んでください 」 と発言。 バッシングが激しくなると、この動画を削除。 新たにアップした動画では、
 「必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています」
 と話し、自分がアップした動画を笑って見ることができないのは韓国を否定する姿勢だからであり、自分は今後ずっと反日を貫く、と語った。

 韓国の有力紙 「 国民日報 」 電子版は、2012年2月12日付けでこの話題を報じ、動画をアップしたのは21歳の韓国人男性で、この動画を見た日本のネチズンが怒っている。 韓国人の 「 蛮行 」 を知らせるため、この動画に各国語の字幕を付け、複数の動画投稿サイトにアップし始めた、と説明。 その動画には、 「 彼は特別ではなく、平凡な韓国人男性 」 「 韓国人が日本に対して言うことを信じないで 」 といった文字が入っている、と書いている。

 韓国人が今回の 「 事件 」 をどう捉えているのか。 この 「 国民日報 」 記事にはコメント欄があり、多数の書き込みがあるのだが、その大半が、アップした男性に対し 「 よくぞ言ってくれた! 」 「 現代の安重根義士だ! 」 などと称賛するものだった。




 例えば韓国で口蹄疫被害があったときに、日本人は掲示板 「 2ちゃんねる 」 で 「 おめでとうと言った 」。 女優のキム・テヒが来日しようとしたときに殺害予告が出たなどと、日本も同様に酷いことをしている、というのだ。 さらに
 「日本で過去の歴史に対する反省、清算しようとする動きはないし、自分たちはうまくやったと臆面もない様子を見ると、大地震に何度も見舞われればいいと思う」
 「震災では私たち国民、芸能人、大企業が多くの援助をしたが、日本人は、彼らが過去の犯した蛮行を覚えていないように、韓国の援助を覚えていない」
 「日本が我々に友好的であるとかあったのかな? 自分たちが不利と見れば頭を下げ、有利だと容赦なく、つけ込んでくる。 それが彼らの根性です」
 などと書き込まれている。

 もちろん中には、 「 日本人の友人がいていい人です 」 「 日本大陸は津波の防波堤だから大切にすべき 」 という意見もあるのだが、日本人を擁護しにくい雰囲気が漂っている。

 今回の動画問題とは直接関係がないが、13日の産経新聞によると、大震災への海外からの支援金は、台湾、米国に次いで韓国が3番目に多い。 だが、韓国内の世論調査では今もなお50%以上が 「 日本は嫌い 」 のまま。 韓流ブームもあって、韓国への親近感が50%を超える日本とは国民感情に落差があるという。



 反日教育の果てに、韓国人は何を見るのだろうか?
 こういう教育をされた子供が将来日本に対して、外交などや市民レベルでも、矛盾した無理難題を平気で押し付けて、昔日本が悪い事をしたからこれ位我慢しなさいというような 理不尽な事を言い出す のです。

 彼らが政権担当するようになったら、本気で日本に戦争をしかけてくる危険があります。




( 2012.02.28 )

 

 韓国で黒人をバカにし差別するバラエティー番組が放送されたとして世界中から非難を浴びている。 問題の番組を制作したテレビ局が動画投稿サイト 「 ユーチューブ 」 に動画をアップしたことで周知され、バッシングが拡大した。

 テレビ局は 「 ユーチューブ 」 からこの動画を削除したが、ネット上には番組に対する抗議や動画が次々と出回り、騒ぎは収まっていない。



 黒人差別では先ごろ、韓流アイドル 「 少女時代 」 にも楽曲を提供している韓国系米国人の女性ソングライターが、ツイッターで 「 暴言 」 を連発し騒動になったばかり。このソングライターは
 「黒人そのものも最悪ね。 無礼で凶暴、バカ…」
 「黒人がいない世の中になったら、世界は劇的に改善するはず」
 などと書き込んだ。 批判が高まると謝罪したが
 「発言内容自体は後悔していません。 ただ、越えてはいけない一線があるのだということに気付きました」
 などと付け加えたため、火に油を注ぐことになってしまった。

 韓国内で黒人を差別したとされる番組はMBCが2012年1月21日に放送した 「 セバクィ 」 で、女性の出演者2人が顔を黒く塗り、口元を強調するメイクで登場した。 アニメ 「 赤ちゃん恐竜ドゥーリー 」 のキャラクター 「 マイコル 」 のように見えるが、2人の掛け合い、表情、しぐさなどがオーバーアクションで、スタジオは大爆笑に包まれていた。



 韓国の有力紙 「 朝鮮日報 」 の12年2月28日付けの電子版によれば、MBCが17日に 「 ユーチューブ 」 にこの動画をアップしてから世界中で 「黒人に対する人種差別だ」 「言葉を失った」 「吐き気がする」 などと、強いバッシングに晒されることになった。 また、スタジオでこれを見ていた出演者は手を叩いて笑っているだけで、誰も制止しなかったことも非難の対象になったという。

 この動画のコメント欄には続々と批判のコメントが寄せられただけでなく、韓国の番組を非難する動画も次々とアップされた。 そして、先のソングライターの例や、韓国のアイドルグループ 「Block.B」 がタイで行われたインタビューで、タイの大洪水被害に関しバカにするような言動があった ことを例に出し
「韓国人たちは異文化に対する理解を持たなければならない」
 と主張する人もいたと同紙では紹介している。

 問題の動画は 「 ユーチューブ 」 から削除されたが、現在は 「 ニコニコ動画 」 に転載され見ることが出来る。 26日にアップされた動画は10万回以上閲覧されていて、その動画のコメント欄には、韓国語の訳が付いていないため何を言っているのか、何をやっているのかわからないが、スタジオ内のはしゃぎっぷりが異常だ、などという意味のコメントが多く付いている。





( 2012.08.23 )

  


 野田佳彦首相が韓国の李明博大統領宛てに送った親書を、韓国が送り返す方針だという。

 「 友好国の間では今まで聞いたことがない 」 ほど非礼で、日本を侮辱する行為に、怒りが爆発している。

 「 竹島でなくて独島を訪問したから、返答の必要なし 」

 韓国の通信社 「 聯合ニュース 」 は2012年8月22日、李大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言に遺憾の意を表明した野田首相の親書について、韓国の青瓦台( 大統領府 )が返送を有力な案として検討していると報じた。 青瓦台高官は取材に対し、 「 国際法と外交の専門家らの意見を総合した結果、大統領が野田首相の親書を受領して返答すること自体がふさわしくないとの意見が大多数だった 」 「 李大統領が竹島を訪問した事実はなく、韓国の領土である 『 独島 』 を訪問した。 事実が間違っているものに返答すること自体が矛盾だ 」 と答えたという。

 8月23日付の読売新聞朝刊は、政府が 「 あり得ない非礼な対応だ 」 と受け止めていると報じている。 また、外務省幹部の一人が 「 韓国が異例の対応をするのは、日本の抗議に対し、動揺している証拠ではないか 」 と話したという。

 同じ日の産経新聞朝刊では、外務省幹部の 「 友好国の間では今まで聞いたことがない 」、政府高官の 「 韓国国内はそういう雰囲気なんだろう 」 という声を紹介している。




 前代未聞の非礼な態度に対し、インターネット上では怒りの声が噴出している。

 ライブドアの 「 BLOGOS 」 では、元外交官の佐藤優氏が 「 首相の親書を送り返してくるということが外交的に持つ意味は、日本国家と日本国民に対する侮辱以外の何ものでもない 」 と憤りを露わにしている。 国会が竹島返還運動を全国的に展開すべきなどとする 「 竹島返還に関する国会決議 」 の採択をし、韓国大統領、国会議長に決議文の韓国語訳を渡すべきだと提案した上で、 と述べた。

 コンサルティング会社代表の山口巌氏は、 「何処までも愚劣極まりない韓国大統領」 と非難し、武藤正敏駐韓国大使が22日夜にソウルに帰任させたことを 「日本外交の大失態」 と激しく批判。 そして 日韓通貨スワップ協定の破棄、韓国国債新規引き受けの停止と保有する韓国国債売却 などを提案した。

 ツイッターでは、早稲田大学名誉教授の吉村作治氏が 「こんなことって外交上あり得ません。 もう国交断絶状態と言っても良いでしょう。 まず在韓日本大使を召還してほしいですし、在日韓国大使に国外へ出てもらうべきです。 テレビ局も韓流ドラマを全てやめ、在韓日本人は帰国すべしです」 と強い口調で訴えている。





( 2013.06.25 )

  


 韓国旅行業協会によると、今年3月19日から4月15日までに加盟上位19社が受け入れた日本人観光客は8万8122人で、前年同期比33.4%減となった。

 時事通信社時代にソウル駐在経験のある評論家の室谷克実氏は、観光客激減の要因は、円安や李明博前大統領の反日行動だけではないと見る。

 「日本人に限らず、韓国旅行を経験した外国人には 『韓国はもううんざり』 と言う人がかなりいる。 そこで必ず聞くのが、土産物屋で偽ブランド品や粗悪な高麗人参を高値で掴まされたり、観光客向けの飲食店でボッタクリに遭ったという話です。
 つまり、良いイメージがない。 韓国にはこれと言って目新しい観光スポットもありませんし、これでは 『いくら安くてもわざわざカネを出して行く価値がない』 と言われても仕方ありません」

 日本人観光客の減少は負のスパイラルを生んでいる。 ソウル在住ライターはこう話す。

 「もともとどの業種でも、日本人客をカモにしたボッタクリは後を絶ちません。 そして日本人客が減ってからは、 『取れる奴から取っておこう』 という風潮が強くなっています。
 政府が公認する 『模範タクシー』 の運転手ですら、不慣れな観光客と見るや遠回りして距離を稼ごうとします」

 サービスの劣化は日本人だけでなく世界中で有名になり、韓国離れを加速させている。

 5月22日付の 『 中央日報 』 社説は 「 観光韓国、韓流にふさわしいレベルにしよう 」 との見出しで、観光業界に自省を促した。 だが、時すでに遅しである。





OINK Only in Korea

が 

 国家の貧しさは経済指標だけで示されるものではない。 先進国の仲間入りを果たしたと喧伝する韓国が、実際は世界から “ヘンな国” と呆れられている証拠が 「 OINK 」 ( オンリー・イン・コリア = Only in Korea )という言葉の存在だ。 「 韓国でしか起こらない、普通ならあり得ないこと 」 といった意味で使われる。

 2007年12月、韓国西岸の泰安地区で大規模な原油流出事故が起きた。 前日から停泊していた香港船籍の原油タンカー・ヘーベイスピリット号にクレーン船が衝突。 1万t以上の重油が流出した。

 クレーン船はサムスン重工業所有の3隻のタグボートが曳航していたもの。 強風に煽られ、通過禁止区域を航行してワイヤーが破断したことで起きた大事故だった。

 ここからがOINKだ。 なぜかサムスン側だけでなく停まっていたタンカー側の海運企業とインド人の船長、一等航海士も起訴され、罰金刑が科された( 海洋汚染防止法違反 )。 普通に考えれば被害者である側への理不尽な判決にインドの船員組合などが抗議、韓国行きの船への乗務拒否を表明した。 インド国内では韓国製品不買運動まで起きた。

 一方の韓国政府はというと、海岸に押し寄せた原油の清掃に100万人以上がボランティアで参加したことを自賛し、 「 ノーベル賞ボランティア部門を創設すべきだ。 彼らをその候補として推薦したい 」 と発表。 インド側の感情を逆撫でした。