日本は韓国に対して何か「悪いこと」 をしたか




 韓国の金大中大統領の来日に合わせ、9月30日の 朝日新聞に 「日韓に真の新時代を」 と題する社説が掲載 されました。

 その中で金大統領は 「 日本も韓国も歴史をはっきり、勇気を持って見つめるべきです。 日本は韓国やアジアで犯した過ちがあったら、それをはっきり認めるべきです 」 と言っています。 「 過ち 」 とは曖昧な言葉です。 韓国人の金大統領が韓国語で何といったか分かりません。 しかも日本人に 「 過ち 」 があったとも言っていません。 しかし、そのあとで、 「 逆に私たちも、ただ侵略された、悪い悪いとばかり言わないで、なぜ我々が侵略されるような弱い国になったかを反省しなければいけないと思う 」 と言っています。 「 悪い悪い 」 の 「 悪い 」 は日本を指しているのだと考えられますので、結局 日本は悪いことをしたのだから、それをはっきり認めるべきだと言っているのだと思います。

 それでは日本は韓国に対してどんな悪いことをしたのでしょうか。 ここでまず重要なことは、 「善い」 とか 「悪い」 と言う善悪の基準は時代によって( 時には地域によって )異なる と言うことです。 日本が韓国を武力と威嚇によって併合したのは、今から88年前の1910年のことです。 当時はアジア、アフリカのほとんどが列強の植民地で、植民地支配は決して悪とは考えられていません でした。 そして、ヨーロッパ諸国の植民地支配下では、容赦ない徹底した弾圧、殺戮と過酷な収奪が行われ ていました。

 日韓併合は日露戦争後のそのような時代に行われたわけですが、当時の列強はいずれも日本の勝利に伴う当然の権利としてこれを認めました つまり、当時の国際世論の承認を得た国際法上合法的な行為 であったと言うことができます。 そして日本の植民地支配はヨーロッパ諸国の植民地支配に比べて遙かに人道的で、建設的な支配であった ことは間違いありません。 すなわち、日本は当時の善悪の基準に照らせば決して悪いことはしていない のです。 それを、なぜ今になって、現代の善悪の基準を当てはめて日本が謝罪をしなければならない のでしょうか。

 朝日新聞は 「 『どこまで謝罪すればいいのか』 と言い立てたり、国際的に通用しない歴史観をふりかざしたりすることは、日韓関係を損なうだけでなく、日本のためにもならない」 と言っていますが、誰の、どういう、歴史観が国際的に通用しないのか、何ら具体的な指摘がなく、きわめて非論理的な非難 になっています。

 一体、 「国際的に通用する歴史観」 とは、どのようなものを指すのでしょうか。 「 国際的 」 とはなんでしょう。 たとえば朝鮮戦争について国際的に通用する歴史観と言うものがあるのでしょうか。 ベトナム戦争についてはどうなのでしょうか。 歴史をさかのぼってヨーロッパ諸国のアジア、アフリカの植民地化について、あるいはキリスト教十字軍の 「 遠征 」 について、モンゴルのユーラシア大陸 「 制覇 」 について、国際的に通用する一つの歴史観があるのでしょうか。 私はそんなものはないと思います。 漠然と国際的に通用する歴史観と思われているものは、単にアングロサクソンの、あるいは白人キリスト教徒の歴史観に過ぎないのではないのでしょうか。 日本人が彼らの歴史観に拘束される理由はありません

 昨年10月、 イギリスのエリザベス女王が、かつての植民地インドを訪問したときも、3年前オランダのベアトリックス女王がインドネシアを訪問したときも、植民地支配に対して謝罪などしていません アングロサクソンの、あるいは白人キリスト教徒の歴史観を国際的に通用する歴史観というのなら、植民地支配を悪として断罪し、かつての宗主国が植民地に謝罪と償いをすべきという歴史観は決して 「国際的に通用する歴史観」ではありません。






  


 1945年、日本が敗戦。
 それまで 「 日本人 」 を名乗って捕虜や現地人に横暴を働いていた朝鮮人は、今度は 「 戦勝国民 」 を名乗って日本人に対して横暴を働き出した。


敗戦と共に態度を豹変させた朝鮮人たち。
「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社
 昭和20年8月15日、終戦の詔勅下る。 山奥での作業中に年輩の応召兵が 『 敗けた!』 と隊からの伝令を口にしたまま、呆然と立ちすくんでいた。 我々は何が起こったのかさっぱりつかめない。 無理もない、玉音放送があることすら知らされていなかったのである。 ただ中隊長の青ざめた表情は自体の深刻さを物語っていた。
 しばらくして、敗戦の事実が我々台湾出身生徒にも正式に伝達されたとき、悔しさと無念の気持でいっぱいになり、とめどなく込み上げる涙で頬を濡らしたことはいまでも鮮明に覚えている。 無性に悔しかった。 それは他の台湾出身生徒も同じ心境だった。
 他方、朝鮮出身の生徒達は、その日から食糧倉庫、被服倉庫を集団で強奪するなど、したい放題のありさまで、我々は複雑な心境でただそれを眺めていた。 日本人を殴って、 『 戦勝国になったんだ 』 と威張りちらす者もいれば、 『 独立だ! 』 と気勢を上げる輩もいる。 敗戦の報は、それまで一つだった “国民” を三つの国民に分けてしまったのである。


中国大陸と朝鮮半島から引揚げる日本人を襲ったのは、仲間であったはずの韓国人だった。
正論 2005年11月号 引揚民間人を襲った略奪・暴行・殺戮の嵐
 満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で、今も念頭を去らないいくつかのエピソードがある。
 北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。
 そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、ついで 韓国人の保安隊に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、虐殺されている 光景であった。  ( 中略 )
 吉州や端川の海岸線にでた人たちに対するソ連兵や 朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた
 夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17になる娘を父親からひったくるように連行。
 娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
 みなソ連兵を韓国人が案内した のだった。
 部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが取り上げられた。
 靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。
 一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。
 城津での惨状は言語に絶した。
 ( 中略 )
 韓国人の男女が数十人の団体でおしかけ、干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、あげくは婦人の “提供” を要求されたという

 博多港から車で40分ほどの二日市温泉郷につくられたのが、 「 二日市保養所 」 である。
 強姦によって妊娠させられた女性たちには、堕胎手術が施された。
 また、性病に感染した女性たちにについても、匿って回復するまで治療が行われた。
 昭和21年の春、堕胎のための専門病院設立のきっかけになる出来事があった。
 医療救護に従事していた医師・田中正四は、港で引揚船から降りてきた教え子と再会した。
 ( 中略 )
 京城女子師範を卒業して朝鮮北部の田舎の学校に赴任していた彼女は、進駐してきたソ連兵に暴行されたのだ。
 しかも一度では済まず、相手も変わった。
 兵隊同士が情報交換をしていて、部隊の移動のたびに新しい兵隊に襲われたのである。
 救療部の関係者は悩んだあげく堕胎手術に踏み切った。
 医療設備や技術の不備、そして何よりも、当時は堕胎を禁ずる法律があったからである。
 しかし手術は失敗し、娘は命を落としたのである。
 「 二日市保養所 」 の産婦人科部長だった橋爪医師の証言が、 『 水子の譜 』 に収録されている。
 同医師が昭和21年6月10日付で救療部に提出した報告書によれば、強姦の加害者は韓国人が最も多く、次いでソ連人、中国人、アメリカ人、そして台湾人、フィリピン人も登場する。
 ( 中略 )
 中絶された胎児は、黄色人種もあれば、白人の子もいた。
 ( 後略 )


恩を仇で返された和夫一家殺害事件
『親日派のための弁明』( 日本語版 ) 扶桑社 2004年 ( 未翻訳部分 )
 日帝時代、朝鮮に移り住んだ日本人の中には、明らかに立派な人々も多かった。 ところが、和夫一家殺害事件のように、韓国人は自分たちの間違いを、日本がやったから俺たちもやったんだというふうに弁明し、事件を矮小化、隠蔽しようと躍起になっている。 和夫の亡骸は、釜山に大切に移葬され、毎年、日本人の墓参りが絶えない。 以下は、和夫夫婦が死んだ日、ふだん彼から深い恩を受けていた金ソンス君が見聞きしたことを記録した証言だ。 事件当時、金ソンス君も加害者だったが、殺害行為には同調しなかったそうだ。

 和夫氏は、日帝時代によく見られた、慶尚道地方の日本人地主だった。
 ( 中略 )
 和夫は近くに行き場のない孤児がいると、連れ帰って面倒を見ていたが、その数は、一人、二人と増え、四、五年たつといつのまにか私設孤児院規模にまで増えてしまった。 けれども、和夫夫婦はこれら孤児たちを家族のように愛し、自ら喜んで彼らの父、母を称した。 和夫の家族は、ふだん、このように朝鮮人を愛し、日本軍国主義の簒奪に憤慨するような人々だった。 しかし、彼らは、日本の天皇が降伏宣言をした1945年8月15日、自分たちが育てた朝鮮人孤児たちにより、凄惨に殺害されたのだ。
 ( 中略 )
 彼がわが子のように育て、東京帝国大学に留学までさせたAの主導下に、彼の家で教育を受け、育ち、成人した青年たちが、斧と鍬、スコップを手に、和夫のもとに押しかけた。 そのとき現場にいた金ソンス君は、次のように証言している。
和夫: ( 穏やかな目で )なんでこんなことを、子どもたちよ。
A: チョッパリ! 日本へ失せろ、失せちまえ。
和夫: ( 怒ったような声で )私が、お前たちにどんな間違いをしたというんだ。 お前たち、みなが私の息子だ。 私はこの家の家長であり、お前たちの親だ。 お前たちの祖国が解放されたことは、私もふだんから待ち望んできたことだ。 踊りでも踊りたい気分の日に、なんだって凶器をもって私の所に詰めかけたりするんだ。 私は決してお前たちをそんなふうに教育したおぼえはない。 ( 涙を流しながら )ほんとうに悲しいことだ。 朝鮮の息子たちよ。 私が愛を傾け、育ててきた結果は、つまるところ日本人と朝鮮人は融和できないということなのか。 お前たちが望むなら、帰ってやるわ。
A: 意味深長な目配せをBに送る( 財産をすっかり処分して帰ったら、おれたちはどうやって食っていくんだ? )
B: 死ね、チョッパリ、シッパルノマ。
 間髪入れず鍬が、和夫の後頭部に振り下ろされたのと同時に、数多くのスコップと斧が彼の体をずたずたに引き裂きはじめた。 このとき、和夫の妻が我慢できずに飛び出してきた。 それまで黙っていたCは、和夫の妻を見て、彼女の長い髪をつかみ、庭の奥まったところに引きずっていった。 そしてなんと13人がかりで、ほんの一週間前までお母さんとして恭しく仕えていた彼女を、強姦しはじめた。 ( 金ソンス君は、この期に及んで自分が止めに入ったら、自分も殺されただろうと言った )。 強姦に耐えられなかった彼女は、行為の途中で死亡し、Dは、ふだんお母さんと呼んでいた彼女の全身を滅多刺しにするだけでは足りず、内臓をひきずり出して、まき散らした。

 和夫には、一人の幼い娘がいた。 ふだん模範的でいい子だったヒミコさんは、放課後、家に帰ってきて、両親の身に起こった惨状を見、気が触れてしまった。
 ヒミコが何日間も慟哭する声に、近隣住民たちは眠れなかったそうだ。 その後、孤児になったヒミコは、食べ物を乞おうと、その付近をさまよったが、朝鮮人は誰一人彼女に目もくれず、知らないふりをした。 結局、彼女は9日後、村の橋の下でやせ衰えた死体となって発見された。 当時、ヒミコは小学校6年生の幼子だった。 和夫の財産は、勇猛で愛国心に燃えたつ朝鮮の青年たちの手にそっくり渡り、この事件は村人たちの沈黙の中、しだいに忘れられて行った。
 ( 中略 )
 振り返って考えてみれば、日本の敗戦後朝鮮半島では、このような殺害劇がたくさん発生しただろうと思われる。 日本の無条件降伏以後、北韓地域にはソ連軍がすばやく進駐し、軍政を敷いたが、南韓に米軍が上陸したのは9月中旬だった。 したがって、約1カ月程度、南韓地域には無政府状態が続いた期間があった。 韓半島には、さまざまな理由で日本人とそれに加担した者たちに恨みを抱く朝鮮人たちが多かったろうし、彼らは日本人を殺し、財産を強奪し、日本女性を強姦しただろうと思われる。

 そして、朝鮮人たちが8月15日、日本の降伏を喜んだいちばん大きな理由は、おそらく、日本の一部として敗戦国の暗澹たる未来をともにするのが嫌だったためではなかろうか。 日本統治の最後の期間、特に大東亜戦争が始まった、最後の4年間は、日本人はもちろん、日本の統治を受けていた地域の住民たちも、大きな苦痛に見舞われた時期だ。 それゆえ、朝鮮人たちにとって8月15日は、忌まわしい戦争の苦痛から脱することのできたという点で、また日本人たちを殺し、財産を奪える機会が与えられたという点で、とても喜ばしいことだっただろう。

 問題は、韓国社会において、朝鮮人によってほしいままにされたこのような虐殺と残酷な行為はまったく知られておらず、また調査されたこともなく、われわれが受けた被害だけは、繰り返し強調されているという点だ。 そして日帝統治の期間に受けたとされる被害なるものも、事実よりずっと膨らまされているだろうことは、容易に想像がつく。

 朝鮮は日本の統治を受け、未開な農業社会から短期間に資本主義工業国へ発展し、高い生活水準を享受してきた。 しかし、日本が戦争に負けるやいなや、素知らぬ顔で、まるで自分たちが戦勝国にでもなったかのごとく、日本を呪詛し、彼らの財産を奪い、虐殺した行為は、明らかに人倫に悖る犯罪行為にほかならない。 このようにして日本人をすべて追放したあと、南韓国と北韓国の政府は、強奪した日本人の土地と工場を 「敵産」 と呼び、堂々と山分けした。

 もし日本が戦争で勝利したり、少なくとも領土を保全され、休戦にでもなったなら、はたして朝鮮人たちはこのように振る舞えただろうか。 おそらく、前よりもっと自発的に日本人であることを主張しつつ、忠誠を尽くしただろう。 ところが、戦争に負け、くっついていても別にいいことがないと判断した瞬間、彼らは態度を急変させ、日本に仇として接し始めたのだ。


金 完燮
韓国人評論家・作家。 光州広域市生まれ。 サレジオ高校-ソウル大学卒。
本書の 「 日韓併合 」 を全面肯定した 「 親日派のための弁明 」 は、韓国では 「 青少年有害図書 」 に指定され、著者は 「 名誉毀損 」 と 「 外患扇動の罪 」 で逮捕された。
日本では発刊から4 ヶ月あまりで類書では異例の35万部を売り上げ、ベストセラーとなった。
現在、国賊として中傷と迫害を受け続けている。