在日韓国人の特異な民族性




 「 現代コリア 」 のホームページで「 在米退屈男通信 」 を読みました。 その中の「 米国での指紋押捺 」 (1997.10.16)の一番最後に書いてある 外国人として住んでいる国で、その国を国際常識を越えて批判し続けることが怖くないのだろうか?」 という点について、次のように考えます。

 在日韓国人、朝鮮人が日本国内で 「反日」 を続けていられるのは、日本人の怒りが何者かに押さえつけられていて決して国民感情として表面にでないからだと思います。 押さえつけているのはマスコミですそして、もう一つの理由は彼らのほとんどが日本人名を名乗っていて、日本人にとって怒りをぶつける具体的な個人としての、相手の姿が見えないからです。 唯一の例外は、チマ・チョゴリの朝鮮学校の女子学生です。 彼女らは怖いと思うことがあると思います。 しかし表面に出なくても多くの日本人は心の中で怒っています。 在日がいつまでも日本人名を名乗り、本名を名乗らないのは日本人の怒りを恐れているからだと思います。 それ以外に理由は考えられません。 在日が日本名を使うことを禁止すれば、彼らの表立った反日的言動はかなり減ると思います

 在日韓国人、朝鮮人は日本人の怒りを 「 差別 」 だと思いこんでいるようですが、差別ではありません。 差別とは正当な理由もなく人を嫌うことだと思いますが、日本人が在日を嫌う理由はいくらでもあります。 現在の在日の反日的言動はもちろん、敗戦後の占領期間中、在日朝鮮人が言ったこと、したことを日本人は忘れてはいません。 韓国政府が竹島を武力で占拠したこと、李承晩ラインを引いて日本漁船を拿捕したことも忘れてはいません。 決して少なくない日本人は、在日朝鮮人が現在も組織的に巨額の脱税をして、それによって得た金を本国に送金していると確信しています。 知らないふり、忘れたふりをしているのは日本のマスコミだけです

 “従軍慰安婦”の問題も経緯をたどれば、日本のマスコミが作った問題であることが分かります 当時の宮沢訪韓が成功することを阻止すべく、キャンペーンが張られたことは明かです。 彼らはなぜこのような反日の道を走るのでしょうか。 それは日韓が和解しては困るからなのです。 韓国人はいつまでも反日であってくれないと都合が悪いのです。 間違っても日本の植民地支配が見直されるようなことがあっては困るのです。 それは、あちこちでほころびの出てきた、戦後体制、占領体制の見直しにつながりかねないからです。 彼らは戦後体制、占領体制の維持に躍起となっているのです。

 現在のマスコミは占領期間中、占領軍の徹底した検閲の下に、反政府、反日を日本国民に浸透させる役割を担う 「 手先 」 として生きることを余儀なくされました。 その間は朝鮮人を含むいっさいの外国人に対する批判が禁止されていました( 詳しくは江藤淳著 『 戦後日本の言語空間 』 参照 )。 日本の植民地支配を全面的に否定して、日韓両国を反目させることもアメリカの重要な政策の一つでした。

 そして占領終了後も、新聞社は自分たちの権威が傷つくことを恐れてか、あるいは自身も洗脳されてか、占領期間中の国民に対する背信行為を告白せず、占領軍なきあとも占領軍に代わって、日本国民が洗脳から目覚めるのを妨げる役割を担い続けました。 それを可能にしたのは、一つには日本の新聞業界の競争制限的体質があります。 戦後体制の見直しや反省は彼ら自身の存立を危うくするだけでなく、彼らの戦後の反日行動が批判の矢面に立たされるおそれがあるのです。

 現在、在日韓国人が日本で様々な問題を引き起こす 原因の第一は、日本の反日ジャーナリズム、第二には、他のどこの外国人よりも同化しているくせに、面子( 韓国人は自尊心という言葉をよく使っています )が潰れると思ってか、それを認めようとしない 韓国人の特異な民族性 が挙げられると思います。




( 2015.05.15 )


 先にインドネシアで 「 バンドン会議60周年記念 」 の国際会議が開かれ安倍晋三首相が演説した。 バンドン会議は第二次世界大戦後に独立したアジア・アフリカ諸国が反植民地主義や民族自決、世界平和などを掲げ1955年に開催した。 インドネシアのスカルノ大統領、インドのネール首相、中国の周恩来首相、エジプトのナセル大統領が中心となり後の非同盟運動のきっかけになった。

 日本は60年前の会議にも招かれた縁があり今回、安倍首相が出席したが、韓国人にはこれが理解できなかったらしい。 「 日本は侵略国で韓国を支配した植民地主義の国だったはずなのに 」 というわけだ。

 知り合いの韓国マスコミのOBも首をかしげていたので 「 いや、東南アジアや中東、アフリカ諸国には、日本はアジアが欧州の植民地支配から解放されるきっかけを作ったと評価する声があるからだ 」 と説明したところ驚いた表情で 「 そんなはずはないだろう 」 という。

 「 日本はアジアを侵略、占領した 」 というので 「 いや日本による占領は数年間で、アジア諸国にとっては欧州諸国による長期の植民地支配から解放されたことの方がはるかに重要だったからだ 」 と重ねて説明したが最後まで認めようとしなかった。

 知識人に属する韓国人でもこの程度なので、多くの韓国人は 「 日本は今もアジアの国から恨まれている 」 と誤解し思い込んでいる。 韓

 いつもジコチュウで視野が狭いため、バンドン会議60周年会議で安倍首相の演説に過去の歴史に対し反省だけがあって謝罪が入っていないと批判したのは、参加もしていない韓国だけだった。

 先に日本の外務省が戦後日本の対外協力の実績を紹介した映像の広報資料を発表したときも、韓国だけがデタラメだといって非難している。 とくに韓国のことを取り上げたわけでもないのに映像の一部に韓国の製鉄所や地下鉄、ダムなどの写真が入っているのを見て韓国だけが反発した。

 さすがに政府は何も言わなかったが、マスコミは準国営のKBSテレビや最大手の朝鮮日報が先頭に立って 「 韓国の経済発展は日本のおかげとはとんでもない! 」 「 妄言だ! 」 と意地になって日本を非難した。

 

 韓国政府が日本との国交正常化( 1965年 )の際に、過去の支配に対する補償として受け取った対日請求権資金5億ドルだって、韓国の経済発展の基礎になったことは韓国政府発行の 『 請求権資金白書 』 ( 76年刊 )に詳述されている。 国交正常化50周年の今年、記念事業としてこの白書を日韓双方で復刻出版してはどうか。

 ことほど左様に韓国はアジアできわめて特異な国なのだ。 18日にはインドのモディ首相が韓国を訪問するが、朴槿恵パク・クネ大統領はモディ首相と歴史談議をしてみてはどうだろう。 インドは100年近く英国に植民地支配されたが 「 おたくの謝罪・反省・補償要求はどうなってますか? 」 と聞いてみればいい。 今、世界で韓国だけが歴史にこだわった外交をしていることが分かるだろう。