English
英语
영어


身勝手なのは韓国人




 4月23日に続き、5月22日の読売新聞朝刊に、また ぞろぞろと 在日韓国人の軍人恩給の記事 が出ていました。 あなた方は、日本の敗戦当時、韓国政府、在日韓国人がなんと言っていたかをご存じですか? 1949年10月7日駐日韓国代表部大使はマッカーサー連合軍司令官に対し、在日韓国人の法的地位に関する見解 を伝えています。
 要旨を抜粋すると以下の通りです。

大韓民国人はその所在の如何を問わらず連合国民としての待遇を正当に受けるべき であり、日本の戦争目的で強制的に渡日させられた同胞たちが誰よりも先に連合国人の待遇を堂々と保有すべきだと見るものである」
「在日同胞に対して最初から定住するという自由意志により渡来してきたという見解から第一次世界大戦時のドイツの割譲地における国籍選択問題と同一視できると言うが、これは大韓民国を故意に謀略する日本人学者の悪毒な詭弁に過ぎない」
「絶対に初めから定住意志により渡日してきたのではない。従って 国籍選択権云々はやはり絶対に不当な見解であると論断せざるを得ない。 そして在日大韓国民の中に日本国籍の取得を希望するものが全くないとは言えず、万一いたならばそれは単純な“帰化”問題であり、国籍選択権と混同して錯覚してはならない。」
「1948年大韓民国政府の樹立と同時に当然の事ながら在日大韓国民は母国の国籍を創設的ではなく、宣言的に回復し、国連からの承認も国際公法上確認され、日本国籍は解放と同時に完全に離脱されたのである

 韓国政府だけでなく在日の朝鮮建国促進青年同盟( 民団系 )も 「朝鮮人が外国人であることは明白な事実である」 からそれを一部留保するような勅令は、朝鮮人を侮辱するものだとして削除を要求 しています。

 要するに当時の韓国人、朝鮮人で 「我々に国籍選択の自由を」 などと言っていた人は皆無だったのです。
 敗戦国日本の国籍を維持したいという人はいなかったのです。
 逆に在日韓国人、朝鮮人は日本国籍を有するという日本政府の見解に抗議する人がほとんどだったのです。
 以上のことは佐藤勝巳著 「在日韓国・朝鮮人に問う」( 亜紀書房 )、西岡力著 「コリア・タブーを解く」( 同 )に詳しく書かれていますので、未だお読みでなかったら読んでみて下さい。

 在日韓国人、朝鮮人は日本国籍を喪失して無権利状態どころか、占領期間中は、敗戦国民の日本人を後目に、第三国人の立場を利用して経済活動をしていたのです。
 彼らは日本人と平等に扱われることを拒否していました 当時を知る人が少なくなったからと言って、今になって日本人と平等に扱えとは虫が良すぎます
 彼らが今頃になってこういう主張をするのは、日本が自由で豊かな国になり、韓国、朝鮮と大きな差ができたからです。 日本国籍を持っていた方が得だったと考えるようになったからです。 韓国が日本より豊かな国になっていたら、彼らは決してこういう主張はしないでしょう。

 韓国が独立し、彼らが韓国人となり、日韓条約で請求権の問題で決着がついた以上、彼らには何の請求権もありません 恩給を請求したければ自国の政府に請求すべきです。
 けじめのない要求はいい加減にしてもらいたい!

“教科書が教えない戦後賠償”について 





( 2013.07.03 )

  使


 2007年の初夏のことだ。 まだ、慰安婦の像がなかったころの在ソウル日本大使館。 そこに押し掛けたのは、日本の調査捕鯨を非難する韓国人のデモ隊 だった。
 オーストラリアやニュージーランド、あるいは欧米の日本大使館にも 「捕鯨反対」 のデモ隊が押し掛ける。
 しかし、それらの国々と韓国とでは全く事情が違う。
 「犬を食べている国民が、鯨を食べる国民を非難した」 といったレベルではない。 実は、韓国自身が大量の鯨を捕っているのだ。
 では、韓国は国際捕鯨取締条約に加盟していないのか。
 いや、加盟している。 加盟していて、日本のような 「調査捕鯨」 も行わないことになっている。
 それなのに、頭数で見れば日本の2倍以上の鯨を捕っているのだ
 どういうことなのか。
 混獲こんかく」 という。 他の魚種を取るつもりで仕掛けた網に鯨の方が勝手に入ってきてしまったというのだ。
 日本の調査捕鯨は、このところ年間1000頭前後の捕獲数で推移している。
 これに対し韓国の 「混獲」 数は2012年の場合、2350頭に達したと韓国放送公社( KBS )が報じていた( 13年1月5日 )。
 「混獲」 の中心港は蔚山ウルサン仁川インチョン。 どちらの港の周辺にも 「名物・鯨料理専門」 の店がいくつもある。 韓国全土の鯨料理専門店は100を超えると推計されている。
 「捕鯨目的の混獲」 であることは公然の秘密、欺瞞も極まる
 それにしても、日本大使館に押し寄せたデモ隊の参加者たちは、こんな国内事情も本当に知らなかったのだろうか。
 いや、もっと不可解なことがある。
 あの反捕鯨団体 「シー・シェパード」 がなぜ、韓国の 「公然たる混獲」 には対しては事実上、目をつぶったままなのかという闇だ。 オーストラリアからの報道では、シー・シェパードは、ようやく12年夏になって 「韓国船攻撃宣言」 を発したというが実行されていない。
 韓国が “不法捕鯨大国” であることは、もはや国際捕鯨の関係者の間では知らない者はいない
 そうした情勢を見て取ったのだろう。 韓国政府は12年の国際捕鯨委員会( IWC )の年次総会で 「調査捕鯨を開始する計画」 を表明した。
 お得意の 「闇の公然化作戦」 だ。
 ところが、オーストラリアやニュージーランドが批判の声を上げるや、3日ほど後には 「なかったことにする」 と方針転換した。
 もとより、国内で事実上容認してきた 「捕鯨目的の混獲」 も禁止するというのではない。
 それでも 韓国は、第三国に対して 「調査捕鯨も行っていない国」 の立場で、 「日本の捕鯨批判」 を展開するのだろう。





( 2015.07.06 )

    

 国際反捕鯨団体シー・シェパード( SS )による日本の調査捕鯨妨害が問題化して久しいが、SSがほとんどヤリ玉に挙げていない “捕鯨大国” がある。 お隣の韓国だ。 何と、日本の調査捕鯨による捕獲頭数の4倍以上のクジラが “漁獲” されているという。 同国メディアの衝撃報道とは ──。
「網にたまたまクジラが入ってきてしまった、という論理だが、とても 『たまたま』 で納得できる数じゃないよねぇ …」
 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は、こうあきれる。

 室谷氏の解説は後述するとして、衝撃のデータは、ハンギョレ( 日本語電子版 )が6月29日に報じた。 他の魚類を捕るための網にかかって死んだクジラを獲ることを 「混獲こんかく」 と呼ぶ。 同紙によると、韓国の混獲は2014年は1849頭、13年は1997頭、12年は2751頭に及ぶというのだ。 ちなみに、日本の年間混獲頭数( 13年、水産庁集計 )はわずか116頭。 調査捕鯨にしても、年475頭( 13年度、同 )だ。

 高知県の定置網漁関係者は 「誤って網にかかったクジラは、まず逃すことを試み、それがかなわず死んでしまった場合にのみ引き揚げる。 こうしたケースは、県内で年に数回から十数回程度しか起こり得ない」 と話す。

 前出のハンギョレは 「【 現地ルポ 】混獲を口実に続けられる捕鯨」 との見出しが掲げられ、釜山に近い韓国南東部・蔚山ウルサンが、混獲で “復興” をとげた様子がリポートされている。

 かつて捕鯨基地として栄えた蔚山市の長生浦港は一時、 「3、4店の鯨肉屋だけが、捕鯨の村の命脈をかろうじて保つ」 状態に陥ったが、現在は 「専門店が20店を超え、他のメニューと一緒に鯨肉を売る食堂まで含めば70店」 というほどの活況を呈しているという。

 記事は、混獲が実際は不法捕獲である可能性も示唆し、 「網にかかったクジラを死ぬまで放っておいてから申告すれば大金を得ることができる現実がある」 との専門家の談話を紹介している。

 前出の室谷氏は 「韓国での混獲は 『捕鯨』 とみて間違いないのではないか。 韓国では、日本の調査捕鯨を非難するデモも起きているが、自国の公然たる 『捕鯨』 には目をつぶっている。 実に、かの国らしい話だ」 と解説する。

 それにしても、韓国の混獲にSSが矛先を向けないのはなぜなのか。
( 室谷氏 )
 韓国も韓国なら、SSもSSだ。





( 2013.09.27 )

 

 日本政府は、再来年の世界文化遺産への登録を目指し、 「明治日本の産業革命遺産」 をユネスコに推薦することを決めたが、やっぱり韓国がみついてきた。 「朝鮮人が徴用された施設が含まれている」 と韓国政府が抗議したのだ。 なんでも 「反日」 の国だから驚きはないが、むしろ、驚くような興味深い記事が9月19日付の朝鮮日報( 電子版 )に掲載された。 「かっとなる韓国人」 と題した記事では、専門家がこう指摘している。 「常に自分が正しく、自分を威嚇する相手を敵と見なして直ちに懲らしめようとする極端な利己主義がはびこっている …」。



 「隣国の痛みが残る施設は、世界文化遺産の趣旨に合わない」

 聯合ニュースが報じたところによると、日本政府が 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」 を世界文化遺産の推薦候補に選ぶ前に、韓国外務省の文化外交局長が日本大使館の高官を庁舎に呼び、そうした考えを伝えたとされる。

 決定した地域に、第二次大戦中に徴用された朝鮮人が働いた炭坑がある長崎県の端島( 通称・軍艦島 )などが含まれていることを指しているとみられる。

 どんな事象でも、結論だけがいつも 「反日」 になる韓国のことだから、驚きはない。 ただ、文化外交局長が伝達した論理だと、日本はあらゆることをしてはいけない、ということになりはしないか。

 そんな中で、 朝鮮日報が掲載した記事は実に興味を引く記事になった。 そこには、 なぜ韓国人がすぐカッとなるのかが丁寧に分析され、 相手を思いやる心を社会が失っている様子が克明に伝えられているのだ。




 「かっとなる韓国人」 と題した記事では、韓国社会が忍耐力を失い、衝動的な社会となったとの指摘を踏まえ、かっとして犯罪に至るケースを紹介している。

 旧正月中に、帰省した息子が、自身を叱った母親を殺害した事例や、未婚の男性会社員( 37 )が 「音を立てながら食べる」 などと指摘した母親の首を絞めて殺した。 このほか、マンションに住む男( 27 )が、同じマンション内の女性( 23 )に 「ブサイク」 と言われたことに激怒し、殺害に至った。

 また、関連記事では、さまざまな場面で 「かっとなる韓国人」 たちを紹介している。

 例えば、インターネット上の書き込みでけんかに発展するケースでは、友人がツイッターに書き込んだアイドルグループの悪口をめぐり、17歳の女子高生2人が警察沙汰となった。 31歳と38歳の男性がオンラインゲームで悪口を言い合ううちに、実際にケンカに発展。 31歳の男性は、38歳の男性の名前や住所などを調べ、自宅に押しかけ犯行に至った。

 飲食店では 「料理の出し方が遅い」 「欲しいパンがない」 などと腹を立て乱暴を働く客がいた。

 韓国警察当局の犯罪統計では、瞬間的なストレスによる 「衝動的殺人」 は増加傾向にあり、2010年は465件で、00年( 306件 )の1.5倍に。 衝動的防火も同様に約1.7倍にまで増えたという。




 

 大阪・天王寺署は9月20日、自宅に放火し、同居の夫( 48 )を殺害しようとしたとして殺人未遂と現住建造物等放火の容疑で大阪市天王寺区の自営業の妻( 48 )を逮捕したと発表した。 妻は殺意を否認しているが、以前から夫婦仲が悪く、事件前夜からけんかをしていたとされる。

 大阪府高槻市の自宅で昨年2月に妻 =当時( 38 )= を殺害したとして、裁判員裁判で懲役15年を言い渡された無職の夫( 33 )は、借金をなじられたことに逆ギレしての犯行だった。 また、神奈川県警厚木署は今年7月、ノートパソコンで夫( 42 )を何度もたたくなどしたとして傷害の疑いで同県厚木市泉町の妻( 38 )を現行犯逮捕したが、妻が犯行に至った理由は 「頼んだ清涼飲料水を買ってこなかった」 からだという。

 ただ、韓国の場合、すぐにかっとなる事例と、自制心をなくし、あらゆる局面で 「反日」 論理を振り回している国家、社会のありようとがどうも重なってみえて仕方がない。

 今年8月15日には、来日した韓国の野党・民主党の議員らが、靖国神社を訪れ、日本の右傾化と軍国主義復活の動きを糾弾する声明を発表しようとした。 同日は日本の朝鮮半島統治からの解放を祝う日だが、ソウル市内では、デモが行われ、安倍晋三首相や麻生太郎財務相とドイツ・ナチスのヒトラーとを並べた写真を掲げ、旭日旗などを燃やした。

 前述の韓国の記事で、専門家は、利己主義がはびこっていることを指摘しつつ、 「急激な経済的変化や社会的葛藤の中で、相手への思いやりや対話という文化が衰退している」 と分析。 また、別の有識者は 「すぐに結果を出そうという韓国人特有のパルリパルリ( 急げ急げ )文化によって、我慢し妥協するプロセスが持てなくなっている」 と嘆いている。





( 2014.07.11 )

 

 仏教の聖地のひとつとされるインドのブッダガヤのマハーボーディー寺院で、韓国のキリスト教信者が賛美歌を歌ったり神に祈りを捧げる映像が8日、公開され、韓国で物議を醸している。 インターネット上には 「非常識な宣教活動だ」、 「国の恥」 などと信者を批判する声が殺到した。

 複数の韓国メディアによると、現地時間4日午後5時ごろ、韓国人と見られる男性2人と女性1人のキリスト教信者が寺院の入り口の階段に座り、ギターを弾きながら賛美歌を歌い、宣教した。

 当時、寺院にはタイ、スリランカ、チベット、日本などから訪れた僧侶や仏教徒で混み合っていた。 韓国語による賛美歌は多くの人が理解できず、ただ好奇心を寄せるだけだった。 しかし偶然現地にいた韓国人僧侶がこれに気づき 「仏教の聖地でどうしてこのような行動をするのか」 と注意。

 しかし3人は 「神様だけが救いだ。 救いのない彼らが哀れだから神様に伝えている」 などと反発し、寺院での宣教活動を正当化した。

 韓国人僧侶が 「ブッダガヤでの行為を韓国に報告する」 と述べると、ようやく3人はその場を離れたという。 韓国人僧侶は韓国メディアに 「寺院に向かう途中で韓国語の歌が聞こえたので興味を持ったが、その実態が賛美歌だったので驚愕した」、 「他宗教の聖地に対する基本的な礼儀や常識はおろか、止める人にむしろけんか腰な彼らの姿勢は宗教間の摩擦を扇いでいるようだった」 と説明した。

 映像は寺院を管理する僧侶が携帯カメラで撮影したもので、1分ほどの映像には3人が 「父よ偉大な愛を与えてください」 などと大声で祈りを捧げたり、賛美歌を歌う姿が納められていた。

 韓国では一部の熱心なキリスト教信者が、他宗教のエリアで宣教活動を行うことがある。 過剰な宣教活動は国内に留まらず、ミャンマーやチベットなど海外でも繰り広げられており、韓国で問題視されている。

 インドでの宣教活動が報じられると、韓国のネット上には非難の声が殺到。 特に、マハーボーディー寺院は世界遺産に登録されていることから 「宗教間の争いだけでなく、外交問題にまで飛び火する可能性もある」、 「国際的な恥さらしになるのでは」 と懸念する声も上がった。





( 2015.05.15 )




 大地震で甚大な被害を受けたネパールを支援しようと、現地を訪れた韓国のNGO団体が、宣教活動を行っていたことが分かった。 現地メディアの報道により明らかになったもので、同団体は謝罪文を発表したが国内外からは批判の声が上がっている。

 問題になっているのは、韓国のNGO団体 「グッドピープル」 のネパール緊急救護医療チーム。 5月9日から11日まで現地の病院で緊急医療支援活動を行ったが、この際に地元住民に対して宣教活動を行っていた。

 現地メディアのonline khabar.comは9日の記事で、 「救護活動を行うため韓国から来た 『グッドピープル』 という団体が、ネパールの被災者にビタミン剤の代わりに聖書を渡している。 彼らは 『今回の地震はヒンズー教を信じるから起きたもので、イエスを信じなければならない』 と話したという」 と報じた。

 この記事のコメント欄には 「やつらは本当のキリスト教徒じゃない。 間違った事を宣教している」、 「なぜ辛い時に宗教を強要するんだ。 偽の支援は必要ない。 彼らの助けは嫌だ」 などと非難の声が多く寄せられた。

 騒動を受けて、グッドピープルは13日、公式サイトに公式見解を掲載。 宣教活動は 「一部の医療スタッフによる個人的な突発的行為」 とし釈明しながらも、グッドピープルの救護活動現場で発生した事案だとして謝罪した。

 だが、批判の声は収まらず、波紋は韓国の国内外へと広まっている。 韓国メディアは 「日本の嫌韓サイトまで波紋、国際的な恥さらし」 との見出しで、日本のネットユーザーの反応を紹介。 日本の複数のサイトがグッドピープルの騒動を取り上げ、 「極端なキリスト教徒しかいない韓国」 「世界のどこに行っても恨まれるのは理由がある」 などと韓国を批判するコメントが集まっていることを伝えた。

 なお、グッドピープルは、韓国の宗教団体 「純福音教会」 の牧師、チョ・ヨンギ氏が総裁を務める。





( 2015.05.16 )

  

    

 コリアデイリーによると、12日に米フィラデルフィア近郊で起きた長距離列車アムトラックの脱線事故で救助された韓国系女性が、救助後にツイッターに書き込んだ文書のためにひんしゅくを買っている。

 記事によると、韓国系バイオリニストのジェニファー・キムさんは事故の直後、自らのツイッターに 「自分が乗っていた列車が脱線するなんて、本当に感慨深い。 ところで、2号車に閉じ込められている私のバイオリンを取り出すことはできない?」 という文章に 「@Amtrak」 というハッシュタグをつけて投稿した。

 このツイートは、一瞬のうちにネット上で拡散、 「多くの人が列車内に閉じ込められて生死をさまよっている瞬間に、バイオリンを取り出してほしいと甘え交じりの不満をアップするなんて信じられない」 といった非難が殺到したという。

 この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

バイオリンを取り出してほしいとの発言も問題だが、 “感慨深い” とのツイートがもっとひどい。
名前を見れば韓国系って分かるのに、何であんなことを書き込んだ?
これが韓国人の性質。 本当に恥ずかしい。
もっと叩かれたほうがいい。
不注意というか、年をとっても子供、世間知らず。
いくら何でも犠牲者の多い事故に対して適切ではない書込みだった。
事故直後にツイートした理由が分からない。 それもあの表現は軽すぎる。
まさか韓国人だとは知らなかった。 在米韓国人の女性によくある名前。
非難が殺到しているがよく考えてみれば、音楽家として当然。
音楽家にとって楽器は命のようなもの。
自分にとって大切なものを探そうとしていただけなのに。
あの人にはあのバイオリンが家族のようなものだったと思う。 数億はしただろうに、彼女もかわいそう。
彼女の行動を肯定する輩は、典型的な身勝手な韓国人!







 全斗換大統領(当時)の安保経済協力についてです。
 当時の韓国は経済的に貧窮し、先の見通しが起たなくなり、行き詰まったために日本に多大な経済援助を求めてきたのですが、その時に韓国側は
「韓国は北鮮と対峙して国防に多大な負担がかかっている。 日本の平和、豊かさが保たれているのは第一前線で北鮮の共産主義勢力を防いでいる我々韓国のお陰である。 従って韓国に対して経済支援、協力をするのは当然な事である。 我々は日本への要求額の100億ドルは絶対に譲れない」
 などと言って結局90億ドルの援助をせしめていった。 しかしこの韓国側の主張は真っ赤な嘘だったのである。

 「日本の平和、豊かさが保たれているのは第一前線で北鮮の共産主義勢力を防いでいる我々韓国のお陰である」 とありますが彼らは何様のつもりなのでしょうか?

 

 在日米軍の存在がなしに在韓米軍は展開し得ません。
 在日米軍が存在し、我々日本の官民が物資の供給、その他の提供をしなければ米軍の韓国防衛は非常に困難なものになることはいうまでもないことです。
 在日米軍が無ければ在韓米軍は引き上げをするかもしれませんし、それを踏みとどまらせる為には韓国( 民 )はとてつもなく重い経済的負担を迫られることになるかもしれません。
 在日米軍のために日本国民は広大な基地の提供をはじめ直接的な費用( 思いやり予算 )の負担を含め、多大な負担をしています。
 韓国が日本の安全保障に寄与していてその対価が100億ドルの経済援助なら、日本が韓国の安全保障に寄与している対価はその数倍にもなると思います。